« 旧車天国2017のスピンオフ | トップページ | 困った人手不足 »

2017年12月 2日 (土)

グランデプントの全塗装 細々部品編

さて、作業も終盤のファットグランデプント。

塗装作業というのは手を抜こうと思えばいくらでも抜けますし、丁寧にやろうと思えばなかなかつじつまの合わない棘の道が待っています。

Img_4344

せっかく車体がキレイになったのに、その他の部品がそのままと言うわけには行きません
他にも退色した部品を修理します。

Img_4328

一般的にはこういった部品の分解、塗装は嫌がる傾向が強いですが、ひとうtひとつ分解清掃、塗装することで、仕上がりの良さに差が出ます

Img_4330

キーシンダやガスケット、スプリングを外して

Img_4332

あとはハンドルを泣き別れにするだけ

Img_4333

ドアミラーも同じです。板ガラスを外して、中からカバーのツメを押します。

Img_4338

ただ、板ガラスよりミラーカバーのほうが安い場合がありますので、値段によってはカバーを壊して取り外して、新品のカバーに塗装するほうがリスクが低い場合があります。
板ガラスを外すのは簡単にヒビが入るリスクがあります。

Img_4339

このように3分割にすると良いでしょう

Img_4343

そして研磨の後、塗装となります

Img_4347

完全に素地近くまで研磨します

Img_4348

なんだか一瞬わかりませんね

Img_4349

この毒キノコはなんでしょう? ミラーカバーなんですね。

Img_4350

キノッピーの色違いではありません。念のため

1111

部品はどれもプラスチックなので、プラスチック系密着材のプラスチックサフェーサーを塗布します。

Img_4357

プライマーの一種なので、塗装膜はこんなもんで

Img_4354

塗装されるとこの通り

Img_4359

抜群の鮮明性です。

Img_4360

発色が良いですね。毒キノコではなくなりました。いや、ある意味もっと毒キノコ風か

Img_4361

で、塗ったら元に戻していきます

Img_5075

忘れてしまうので、部品はなるべく小分けにしていたほうがスムーズです

Img_5078

続いてサッシュテープ。ご覧のようにまずは位置決め。マスキングテープを駆使して位置を予め決めておきます

Img_5058

その後めくってスプレーで水をかけて表面上のゴミをなくします。
その後キレイに拭きとって

Img_5059

台紙をぺろりと剥がして

Img_5060

上から下へ貼り付けます。さらに型紙の上からしっかり押さえます

Img_5061

キレイに貼れました。

Img_5062

もう今は寒いので、IRで少しあぶります

Img_5065

温度はこんなもんで十分。

Img_5067

その後手の指の腹の部分で端っこをドアサッシュの内側に丸めて行きます

Img_5069

さて完成も近くなってきましたよ。

Img_5079

マニュアルのホットハッチ。ヨーロッパのクルマらしいですね。
もちろん商品なので、興味のある方、お問い合わせください

« 旧車天国2017のスピンオフ | トップページ | 困った人手不足 »

フィアット」カテゴリの記事

コメント

美しい~素晴らし~。車通勤とかしていたら、迷わず購入なんですが・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グランデプントの全塗装 細々部品編:

« 旧車天国2017のスピンオフ | トップページ | 困った人手不足 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ