« フェラーリ288GTO | トップページ | トヨタシエンタのアウターハンドル取り付け方法 »

2017年11月26日 (日)

たまにはタイヤを見てみませんか?

先週は国産車ウイークで、ラフェスタのブレーキパッドを交換したり、軽トラックの車検だったり、はたまたスタッドレスタイヤの履き替え大会も始まりました

Img_4880

そんなこんなで、タイヤに触ることが覆いこの時期、
フォレスターのパンク修理をしました。

Img_4906

ものの見事にビスが刺さっていました。刺さったままで、スローパンクチャー症状で入庫しました

Img_4907

この位置であれば補修が可能ですが、サイドウオールや肩(タイヤのはしっこ)は修理できません。なぜ? 

Img_4908

タイヤは専用の工具と材料で修理するわけですが、穴を少し大きめにして広げておいて、、ボンドをつけて穴にゴムの棒を差し込むのです。工具を引き抜くとゴムの棒だけタイヤに残り、タイヤに接着します。しばらく放置して接着剤が乾いたら、規定の空気圧を入れます。ゴムですから空気圧によって膨張し、ゴムの棒を通した穴は小さくなり、ゴムの棒は完全に締上げられ抜けなくなる仕組みです

しかし、端っこやサイドウオールは車両旋回時にたわむことが大きいのです。
特にスピードを出して旋回中など走行方向とは別に慣性が働き自動車はロールしたり車体の荷重が旋回方向とは逆にかかり、その際、運悪く補修した部分が引っ張られたりすると、タイヤが避けたり、補修した部分から補修用のゴムが取れてしまう可能性が大きくなります。

下図は借りてきたものですが、その時の状態を良くあらわしています。

5b




タイヤは命を乗せて走る大事な部品ですから、こだわりを持つべき部分だと思います。
黒いゴムが巻きついていればいい、とか、安ければ安いほど良いなどと思わず、格メーカーのカタログなどを参考に、ご自身のクルマにはどのようなタイヤが一番合うか、考えてみるのもよいと思います。

また適正なロードインデックスを守り、ヒビや偏磨耗がないか日頃よりよく点検してください。

タイヤの寿命は一般的な使い方で、だいたい4年ぐらいではないかと思います。
サイズによっては溝が最初から浅いタイヤもありますし、安さに吊られて買ったら、4年以上前に生産されたタイヤだったなどなど。

MPIではブリジストンのタイヤを中心に各メーカーのタイヤの取り扱いがあります。
是非、ご利用くださいね

« フェラーリ288GTO | トップページ | トヨタシエンタのアウターハンドル取り付け方法 »

タイヤ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たまにはタイヤを見てみませんか?:

« フェラーリ288GTO | トップページ | トヨタシエンタのアウターハンドル取り付け方法 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ