« 自動車の登録 | トップページ | 訃報 マルコムヤング AC/DC »

2017年11月17日 (金)

マセラティクアトロポルテのライトバルブ交換

かつて、自動車のライトバルブ交換はサンデーメカニックには打って付けの整備メニューだったのですが、いわゆる81マークⅡや130系のクラウンの登場あたりからライトユニットやテールランプユニットの取り外しが大変になり、サンデーメカニックから作業を取り上げてしまいました。

時は流れて・・・ 今日

マセラティQPのライトバルブの交換。これがまた面倒だったりします。
マークⅡと比べちゃあいけませんが(笑)

Img_4466

フード内からは何もできません。タイヤを外してライナーを外します。

Img_4470

そこはマセラティ、簡単にライナーを外すなどできません、全部ボルトやクリップを外します。

Img_4471

ライナーがフリーになるにはたくさんのボルト/クリップを外すのですが、一見簡単なのですが、意外に硬い

Img_4484

ポジション球は5Wのウエッジ球。当初、切れて点灯しないと訴えがありましたが、その後点灯していました。

Img_4476

欧州車には、この手のソケットで接点がうまく作動しないトラブルが多いのですが、今回はどうやらバルブが悪いようですな。わずかに黒く焼けているのが見えます。

Img_4479

小さいマイナスドライバーでスプリングを詰めて、電極の接点を強く当てるようにします。

Img_4477

上が調整前、下が調整後。ギャップが狭いのがわかります。嵌めるバルブを押さえる電極を触ってギャッブを調整します

Img_4481

ちなみに、僕の166も同じくいろんな物を外さないと交換できません。、

イタリアのクルマはどれも一筋縄でいかず大変です。



« 自動車の登録 | トップページ | 訃報 マルコムヤング AC/DC »

マセラティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マセラティクアトロポルテのライトバルブ交換:

« 自動車の登録 | トップページ | 訃報 マルコムヤング AC/DC »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ