« 旧車天国2017に行って来ました その3 | トップページ | フェラーリ288GTO »

2017年11月24日 (金)

続・満足度の高いクルマ

ここ最近、お客さんの166を乗り回していました。

Img_4502

日本に並行輸入でやってきた166の3.2ディスティンクティブ 左ハンドルの6速マニュアルです。

オーナーがステアリングラックからの異音を訴えるも僕では確認できず、異音が出るまで走り回ったと言うわけです

Img_4499

海外から来る荷物って何故か黒いビニールでグルグル巻きって言うのが多いです。

Img_4506

並行輸入車ですから、左ハンドル用のステアリングラックなど国内に在庫がなく、イタリアから取り寄せておきました。

果たして何キロ運転したでしょうか?いや何百キロでしょうか?
これが実にすばらしい

Img_4899

結局、異音が出ることはなく一度オーナーにお返しすることになったのですが、あまりに長く乗ってしまい、完全に情が移ってしまい別れ辛いキモチになってしまいました。

Img_4901

なにしろ足が良いのですよ足が。
多くの方々が、アルファは壊れるとか、166はデカ過ぎるなんて言いますが
実はこのクルマ、結構洗練された足回りを持ったクルマなんです。

写真はリアのマルチリンクです

Img_4395

ちょっとした峠道なら実に楽しく走れます。
そしてデザインも本当に長く楽しめます。


それゆえ、乗り換えられないという困った悩みも共存するのです

156や147にお乗りの方、多くの方が嘆いていますが、乗り換えるクルマが無いと
やっぱり159やブレラのV6では満足できない。
ジュリエッタやミトのデザインは到底好きになれない
ジュリアは出たばっかりで海千山千。

さて皆さんなら何に乗りますか?

そうそう、このブログをご覧になった方から147のECUのご注文をいただきまして
再び2個目のECUが届きました

Img_4894

Img_4896

部品番号が一緒のようなので無理もないかと思いますが、147でもECUは無いのですね
やはりかなりお困りのようでした

みなさん本当に好きでお乗りの様子ですなあ

あ、僕もそのうちの一人なんですけどね

Img_2627


おっと、またラジエターからLLCがもれてきたわ・・・・



« 旧車天国2017に行って来ました その3 | トップページ | フェラーリ288GTO »

アルファロメオ」カテゴリの記事

コメント

昨日、ジュリアQV試乗しましたよ。大人しく乗れば普通のセダンなのにちょっと強めにスロットルを開けると恐ろしいほどに加速しておったまげます。一般道ではとても全開にはできませんね。エンジンとZF8ATのレスポンスが素晴らしく、無駄にパドルシフトを操作したくなります。あの加速感は病みつきになりそうで怖いですね。でも帰りに自分のQPで高速でちょっと回してみましたが、自然吸気だけあって音はQPの方が断然良いですね。ドッカンターボのパンチはありませんが。ジュリアQV、旧来のアルファ乗りの方はどう評価するんでしょうかね。

こんばんわ。ジュリアQVは従来のアルファに乗るような人をターゲットにはしてないでしょう。
価格もさることながら、それほど強大な出力よりもこじんまり纏まって、楽しく乗れるセダンがノルド系が好きな方たちだから、旧来のアルファ乗りの方々も興味はほとんど無いと思いますが・・・

むしろマセラティ乗っているような方がターゲットなのでは? 
ドイツ車に乗る人には到底ムリなクルマでしょうし、レクサスなどまじめな国産車からの乗換えを考えてるチョイ悪オヤジを狙ったりして。
いずれにせよ、天才セルジオさんの考えはわかりませんよ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

初めてまして。
実は2年前位に大磯の「ランチアランチ」でBカラーテージスに乗っていて、ちょっとお話したかと思います。最近このブログを発見しちょいちょい拝見しておりました。

今回、166 3.2 6MTの話題が上がっていたので思わずコメントしちゃいました。
私も166を結構乗り継いでいて、前期のオーロラ166,後期のネロ166Ti 3.2 6MT ,ネイビー166 3.2 6MTと…やっぱり166はMTで乗るべきなんです。特に左Hで、足も意外と良いし後期はボディ剛性が8%向上していることもあり?ボディがワナワナしないんですよ。それに後期はメンテナンス性がよくてフロント廻りのランプ交換なんか簡単に出来ますし(笑)。。今でもネロ166Ti を手放してしまったのが心残りです。またちょいちょいブログ拝見しますのでよろしくお願い致します。失礼致しました。

mixさま
ディーゼルのホワイトボディの方でらっしゃいますか?その節はいきなりいろいろお話を伺ってしまい失礼いたしました。

そうですか、166を乗り倒したのですね。仰るとおり後期のシャシのほうがかなり出来上がっていますね。前期は確かにボディ剛性不足な感が否めません。しかし前期でもテーマを乗っていた時からすると格段に強くなった印象です。
左Hのブレーキはどれだけダイレクト感があるのかと思いきや、右Hとそれほど極端な差はないのかな?とも思いました。
尤もかつて、ちゃんとした値段がついていたあの時代に、このあたりはさんざん議論された内容なので、いまさらですが、初期のものなら約18年、最後期でも10年経過しているので何を言わんかやですね。
第3次ユーザー、4次ユーザーが乗られるようになってすさまじい故障の嵐です
良い思い出の時期に手放したのでは?
よければまた遊びに来てくださいね。

こんばんは。
そーです!ホワイト(アイスホワイト:296)/ガンメタ(マセラティグレー:617)のツートン ディーゼルテージス乗りの者です。

先日、テージスで「さいたまイタフラ」に参加していましたが昼頃には引き上げてしまったので入れ違いのようでしたね。最近はちょっとバージョンアップしてボンネットのツートンを一部バンパーだけ、ガンメタでラッピング(自作)しています。ちょっとガンメタ(マセラティグレー)とラッピングのガンメタシート色合いが若干合わないので、塗装もありかなぁって思っております。*他の方がインスタなどにアップもされています。

テージスも166以上に故障の嵐のようです。まぁ何時まで乗れるかなぁ

mixさん
166 3.2TIか売りに出された時に横浜の中山(?)近くのショップに現車を見に行きました。
その時はまだ166の前期に乗っていて、妻がせっかくATになったのに、またMTにもどるの!と抵抗して泣く泣く諦めたものでした。オーナーはテージスに乗換えられたと伺いました。
その後、なにかの縁で今の3.2MTに出会い、またご縁で、こちらのショップにお世話になっている次第です。
166は雰囲気は断然前期、でも走りは3.2に極まります。
妻は今では私より166を平気で運転していますが、車は一台主義なので、大学に入った娘にいきなり

途中送信失礼しました。
いきなり左HのMTはきついかなー、と考える今日この頃でした。

rockyさん
初めまして。
そーなんですか!あのネロ166Tiを見に行っていたとは。。やっぱり166乗りの方はまた166に乗るん
ですよね。まぁデザインは別として車体的には前期と後期は別ものですし、ATとMTも乗り味が違うので乗ってて面白かったです。それにしても娘さんが左HのMTより、まずMTの免許を取ったことがスゴイですね(笑)
そー言えば、TIホイール履かせるんですね。ブログ見たとき一瞬自分の元愛機かと思ってしまいました。。

mixさん、rockyさんのご両人、こんばんわ
この手のクルマが好きな人って好みが延長線上にあるのでしょうか?
こんな小さなコミュニティで、全く「ねじれの位置」にある人同士がニアミスかと思われるような話です。
日本には1億人以上いるのにですよ。

今は男の子でも殆どの子がAT免許だったりしますもんね、しかもあわよくば初めてのクルマが左Hマニュアルの166になるかもとは・・・


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続・満足度の高いクルマ:

« 旧車天国2017に行って来ました その3 | トップページ | フェラーリ288GTO »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ