« 難易度の高いアルファロメオ166の修理その3 | トップページ | グランデプント進行中 »

2017年10月20日 (金)

また新たな取締りが始まるようです

今日はフィアットバルケッタのエアバッグランプを消去するために、調布のロッソコルサの吉富さんが、わざわざMPIまでいらしていただきました。フィアット系3ピンはどこも苦労しているようです。

初めてお会いする方でしたが、いやあ、アツい。情熱の一言に尽きますね。
また機会があればご一緒したいですね。ありがとうございました。

ところで、先日Juの機関紙にこんな記事が載っていました

Houdou

見えますかねえ?
ああ、上半分は関係ないです。
国土交通省、からの記事です。

見難い人にはこちらをどうぞ
http://www.sankei.com/affairs/news/170915/afr1709150018-n1.html

要は無車検車をとりしまる画期的な道具を持って取り締まれると言うこと。

車検を取ってない人なんていないよ と言う方もいるかもしれませんが、僕も数回遭遇したことがあります。

だいたい僕の工場に入庫する国産車は事故がらみの方がほとんどですから、車検証を見ないといけないわけです。ところがどう言う訳だか車検証を見せたがらない。

警察の事故担当者は僕らにも車検証の提示を求めてくるのですが、本人がガメちゃっていると先に進みません。そこで、思い切ってユーザーに「検査切れているでしょ?」と根拠をちらつかせて聞くと「実は・・・」なんて言い出すのです。

それでも以前は警察も結構うやむうやにしてくれるケースが多かったのですが、今はそうはいかないようですね。
確かに無車検のクルマは、たいがい同時に自賠責保険も失効しているのが殆どなので、事故を起こすと犯罪同然の状態になります。

でも、面白いなんて言っちゃあいけませんが、今まで遭遇していた車検切れで乗っていた方、皆さん何故か任意保険だけはかかっているのですよ。不思議と・・・

日本の保険の代理店システムって素晴らしいんだなって思いました。
ちなみに、自賠責が切れた状態で事故を起こして、任意保険だけ入っている場合は
相手の損害は保険から払われますが、自賠責保険分は差っぴかれて払われます。

つまり、ケガの場合は120万円を引いた金額から残りが払われます。
死亡した場合には3000万円ですね。

しかし、対物については全額払われます。車両保険についても同じでしょう。

ちなみに車検はあるが任意保険には入っていないときはどうなりますでしょうか?
相手側に車両保険があれば、等級は変わる事無く車両保険で賄って、保険会社から訴えられ財産を差し押さえられるか、話し合いが成立すれば分割で保険会社に払っていくようなのです。
対人については上の例の反対で、ケガには120万円まで、死亡の場合は3000万円まで支払われる以外は、何もありません。

被害者の方には自車の人身傷害保険や無保険車障害特約なる自動付帯の特約があるので、そちらで面倒を見てもらうなどですね。

まあとにかく言えるのは保険には入っていてください。ということでした。

« 難易度の高いアルファロメオ166の修理その3 | トップページ | グランデプント進行中 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: また新たな取締りが始まるようです:

« 難易度の高いアルファロメオ166の修理その3 | トップページ | グランデプント進行中 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ