« 秋の味覚と言えば | トップページ | 難易度の高いアルファロメオ166の修理その2 »

2017年10月16日 (月)

難易度の高いアルファロメオ166の修理その1

先日、オルタネーター修理を行った166ですが、最後に書いたとおり、恐ろしい結末が待っていました。

Img_3668

ある一定の条件を加えると、エンジンがストールするのです。ある一定の条件とはなんと・・・、運転席か助手席のパワーウインドウのスイッチを押すと・・・

Img_3682

突然水温計が上に猛ダッシュ、同時にクルーズコントロールの表示が点灯し

Img_3677

水温が一番上まで行って

Img_3678

帰る頃にストールします。何回やっても同じ結果になります。その他にはヘッドライトをつけたり消したりしても同じようにストールします。ストール後は何も無かったようにクルーズコントロールのマークは消灯し水温も元に戻ります。
ちなみにリアウインドウやパワーシートを動かしてもストールしません。

Img_3679

こんなトラブル見たことも聞いたこともありません。出来ることなら誰かに丸投げしたいような内容。とにかく、ヒューズや配線をチェックします。スローブローヒューズなるものまで存在するようですし。

Img_3667

やはりくさいのはリレーです。まずはインジェクション系のヒューズとリレーを確認。

Img_3671

言うところのN40やJ15リレーです。

Img_3831_3

困った事に特に問題は見当たらないのです。
この時点で、長期戦になるのは覚悟しました。
幸い、エンジンは普通にかかり自動車を動かすことは問題なくできます。
しかし、たまにエンジンがかからなかったり、パワーウインドウのボタンを押してもなにも起こらないこともありました。いかにも電気系のトラブルです。

Img_3754

もはや、配線図を追い続ける日々となってまいりました。

続いてアースを点検、輸入車に多い、アースの不良です。これは年式新しい、古い関係なく起こるトラブルで、同時に見破るのが難しいところです

Img_3829_2

アースはたくさんあります。よほど関係が無い限りひとつひとつボルトを緩めて違うところからアースさせたりします。途方も無い仕事量です。
しかしこちらの苦労も乏しく全て該当がありません。

Img_3830

このアイコンのようにドア関係が引かれるアースは特に念入りに行います。

しかし一向にトラブルが鎮まる気配は無く、容赦なくトラブルが襲いかかります
さすがにいくら普通に走るとはいえ、ライトを点けたらエンジンが止まるクルマには乗せる訳にはいきません
いよいよメインECUかと思い、新品のオファーをかけてみると227,000円で生産中止、国内在庫無しという絶望的な回答。
アルファロメオディーラーの話では新品なら何のコーディングもせず、コネクトしたその時から普通に使えるそうで・・・ 在庫は無いですが

ちなみに、ECUは繋げた瞬間にクルマのフレームナンバーを覚え、イモビと通信して信号を覚えるそうです。

Img_3685

これがエンジンECUです。モトロニックME7 3.1、マニュアルにはME3.1と書いてあります。

Img_3835_2

手に入らないとなると、さすがに分解して見て見るのも恐ろしく、何よりイモビライザー付きなのでこのECUを壊したら2度とエンジンがかからないかもしれません。
そもそもあまりの小ささに最初はECUだと思いませんでした。

Img_3687

でもなんとなく電子マニュアルを見ていてふとこんなイラストを見ました。

Img_3839_2

このイラストを見る限り、キーのイモビチップとイモビユニットが通信して暗証番号(?)が合致すればユニットはエンジンかけていいよ信号を出すのではないかと

つまり今回悪いのはECUなので、ECUだけ交換する分にはエンジンかけてもいいよ信号がやってきてエンジンはかかるのではないかと、勝手に都合よく考えて、ヤフオクにひとつだけあったECUを購入しました。

翌日やってきた中古ECU。取り付けてエンジンをかけてみます。

Img_3769_3

CODEマークが点灯し、エンジンはかかりません。当然、診断機をつないでもアルファコードの信号異常が出ます。やはり、イモビユニットとはなにかしらの通信をしているのです。
さて、新品もダメ、中古もダメ。完全に八方ふさがりになりました。
かくなるはECUの修理を専門に行う業者さんがありますので、そちらに相談することにしました。

この続きはその2へ続きます。

« 秋の味覚と言えば | トップページ | 難易度の高いアルファロメオ166の修理その2 »

アルファロメオ」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
私の166もパワーウインドウの運転席側とライトのスイッチをONしたときに同じ様な症状になりました。新品のECUは供給がなく、車屋さんの部品取り車のECUに替えてもらって復活しました。スペアのキーはイモビの設定ができてなく使えません。車屋さんの話では、前期の166は車内にECUがあったものが、中期以降はエンジンの上に設置してあり、熱か湿気のせいで、ちょこちょここのトラブルがあるそうです。
原因の解明に期待しています。
その後エアコンは快調です。166なかなか降りれません。

Tさま
お世話になっております。お車快調とのこと何よりでございます。

残念ながら今回の故障の原因までは特定できません。ユーザーさんはオルタネーターが壊れる前からエンジンがかからない日があったとの申告もありますし、レッカー業者の使ったジャンプスターターのサージ電流の可能性も全く無いとも言い切れません。ただ、後述しますがやはり自然というか経年で壊れたという線が強いです。

おっしゃるとおりECUはなんでこんな所にあるんだろうというくらい高温になるところにあります。
日本のように極端な気温の上にストップアンドゴーが多く、渋滞だらけの過酷な状況は、メーカーには想像できないのかもしれませんね。

ただこれも後述しますが、手持ちのカギのまま直せる(交換できる?)スキームが出てきました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 難易度の高いアルファロメオ166の修理その1:

« 秋の味覚と言えば | トップページ | 難易度の高いアルファロメオ166の修理その2 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ