« Atamai Historica その3 | トップページ | お昼ごはんにいかが? »

2017年9月28日 (木)

VW系はキライなんじゃあ

フォルクスワーゲンは何といいましょうか、性根がひん曲がっているというか

何事も一筋縄では行きません。
苦労その1
先日、ドアロック不良で入庫したニュービートル。ドアロックを組んでいる最中。どうしてもうまくドア開閉がアウターハンドルでのみできない・・・

Img_3451

来ている部品を見たとき、ドアロックと一緒にアウターハンドル側のリリースケーブルが別途、注文していないのに来ていました。聞けば同時交換部品とのこと。
しかし同じ部品が新品のロックASSYにくっついているので、「まったく部品販売店も、よく見て発注してくださいな」と思いながら使わず作業していました

しかし、ドアロックやアウターハンドルを組み付けていると、どうしても開閉がうまくいかない。アウターハンドルは、ドイツ車らしく普通にボルトでとまるのではなく、箱根細工のようにあちこち絡んでいて、ロックシリンダーにあたる部品を入れた後に、横側のビスを締めることで、リンクがずれて、シリンダーが外れなくなるという、文面では説明しづらい凝った仕組みで、一生懸命そちらを疑ったりしていました。

Img_3466_2

いろいろ考えたり作業すること1時間強。ふっと、余りの部品を思い出し見てみると。

Img_3468

そっくりな部品なのに、ワイヤーの長さが短いんじゃあ~
えーい紛らわしい。
これに取り替えた途端に、すべて解決しましたとさ。新品なんだから最初から組んでおけっちゅう話じゃ!

苦労その2
車検で預かっていたトアレグ。バッテリー交換ですが、これがまた変わっています。
助手席をどかんと上げた所にあるのですが・・・

意外に作業が大変。取説にも専門の技術を持った工場で行ってください。という表記のみ

Img_3454

こんな作業出張じゃあできませんぜ

Img_3456

バッテリーのカバーを外して、後席用のヒーター吹き出し口を外して

Img_3458

やっとアクセス。このバッテリー25kgくらいありますからね。交換と言っても大変ですよ
この100Ahのバッテリーは他の車種にも広く使われていますが、ワイパーのあるカウルトップベンチレーターの中とか、よく言えば重量配分を考えていますが、悪く言えばメカニックのことなど全く考えていないです

Img_3460

そういうところがVW系は僕はキライなんですよね・・・
腰を言わしてしまうやんけ!

くっつければ、あとは来た道を戻るだけ

Img_3462

この10mmのトリプルスクエアが必要です。

Img_3464

どんだけ~

« Atamai Historica その3 | トップページ | お昼ごはんにいかが? »

フォルクスワーゲン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VW系はキライなんじゃあ:

« Atamai Historica その3 | トップページ | お昼ごはんにいかが? »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ