« 今年も水害車 | トップページ | マツダデミオのエアコンが冷えない »

2017年9月 3日 (日)

ボルボV70のヘッドライトウオッシャー補修

時が経つのは早いものであっという間に9月が到来
8月の半ばにご契約いただいたボルボの納車がむちゃくちゃ遅れています。

それは、お盆休みが重なったとはいえ、何よりバンパーの補修にありました。
ボルボにはネオンコントロールと呼ばれるコーナーポールが付いているクルマが多く、それを外すのが販売条件でしたが、蓋を開けてみるとフォグランプも壊れていました。

Img_2186

買う際にはバンパーの中身が壊れているところまでは予見できませんから、中古車の販売は大変です。国内には純正品しか流通しておらず、値段も税込み4万円越えとそれはもう悲しい値段。

そこでヨーロッパで社外品を見つけて、なにも見ないで注文入れたら、支払い後に10 working days available と書いてあるじゃありませんか・・・・ 
ああ、もっとよく見ればよかった。しかし頼んでしまったものはしょうがない。

と、やっとやってきたフォグランプ

Img_2389

社外品ですが、それほどクオリティは低くないです

Img_2391

よかった中国製じゃなくて

Img_2393

早速、バンパーを組んで取り付けようとしたら、ヘッドライトウオッシャのホースが切れてウオッシャーフルードがじゃじゃ漏れです・・・ 一難去ってまた一難。
中古車の道は棘の道

しかし予算がないんじゃ、予算が

Img_2394

しょうがないので修理します。


Img_2395

多くのクルマはウオッシャーホースはゴムのホースで簡単に補修できるのですが、最近の欧州車にはこのコルゲートタイプのホースがよく使われています。
コルゲートチューブだからプラスチックで出来ています。軟化プラスチックとはいえゴムではないので伸び縮みはあまり期待できません

Img_2396

しかし補修方法は同じです。おもむろに以前に何かの為に買ったパイプを適当に切って

Img_2397

ヒートガンで熱々にあぶって

Img_2398

突き刺します。液体が通りますから太さもきつ過ぎるくらいの方が良いです。

Img_2399

しっかり刺さったら、ホース側。よーくよく温めてうまーく入れないと穴を開けたり、切れたりします。慎重さが求められます

Img_2400

うまく入ったら先に通しておいた配線用熱伸縮カバーを熱して出来上がり

Img_2401

これだけやっておけば心配あるまい
しっかし僕らはどうにかできるけど、一般的な販売店なら、こういう時にどうするんでしょうね?? ま、自動車関連は儲かりませんよ

Img_2402

やっとカタチになりました。早いところ登録から納車ですね

Img_2405

« 今年も水害車 | トップページ | マツダデミオのエアコンが冷えない »

ボルボ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボルボV70のヘッドライトウオッシャー補修:

« 今年も水害車 | トップページ | マツダデミオのエアコンが冷えない »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ