« ボルボV70のヘッドライトウオッシャー補修 | トップページ | ニセモノのはなし »

2017年9月 4日 (月)

マツダデミオのエアコンが冷えない

先日、となり町のゲートボール大好きおじいちゃんのデミオの車検をご用命いただきました

Img_0357

エンジンオイル、オイルフィルター、ブレーキフルード、ワイパーリフィールの交換と
いたってベーシックな内容ですが、ユーザーから、他のクルマに比べて冷えるのが悪いようだという話をされました

Img_0358

さっそくマニホールドゲージを取り付けてみると、ガス圧は正常です。
エアコンのクラッチが入ると、しっかり低圧が下がり、高圧が上がっていきます。
また、その際には電動ファンが元気良く回り、エアコンのシステムには以上がないように感じます

車内で吹き出し口に手をかざすと、冷気が僅かに感じられます。

完全にエアコンフィルターの詰まりです

Img_0368

先日、アルファの159も同じような症状で、エアコンフィルターを交換しましたが、グローブボックスの奥にあるのが一般的です。でも、中にはすごい所から交換するクルマもあります。アルファの166やニュービートルなどです。

Img_0370

たいがいは空気の取り入れ口、エバポレーター、ヒーターコアの前にフィルターがあります。

Img_0371

すっごいヨゴレ方です。これじゃ空気も出んわ

Img_0373

到底、同じ部品に見えませんが、これを取り替えて一件落着。

冷たい空気がいっぱい出るようになりました。
このフィルターは、もちろん入ってくる空気のゴミや花粉を除去するだけでなく、詰まるとその先にエアコンブロアファンのレジスターがあるクルマが多いので、定期的な交換が必要です。決して甘く見ていけません。
レジスターはエアコンのファンを抵抗で、回転数を変える部品で、電圧(電流)つまりエネルギーを通さないようにする門みたいなもので、通す量を減らすために、強力な熱が発生します。いつも全開でエアコンを回していたら痛みませんが、それじゃあ寒くなってしまいます。
そこで熱を取るためにヒートシンクを取り付けて、エアコンの風でレジスターを冷やすのです。でも十分な量の風が入らなければ、レジスターは高温になりすぎて壊れてしまいます。

長らく換えてない方は、ぜひ交換してみてください。

あ、でも車種によっては最初から無いクルマもあります。特にちょっと古いクルマ。
そんな時はエバポレーターそのものの洗浄が必要になります。


« ボルボV70のヘッドライトウオッシャー補修 | トップページ | ニセモノのはなし »

国産車」カテゴリの記事

コメント

今日は、いつも拝見させて頂いて居てます。私のも内気循環の風量が外気にするとかなり減ります。これが原因でしょうか。ちなみにエアコンは昼間は聞きませんね。

166に限らずエアコンフィルターは内気外気に関係なく空気の通り道にありますので、内気が風量が多くて、外気が少ないというのは基本的にありえないです・・・
おそらく、内気はそれなりに低い温度で、外気は温度が高いから出ていないように感じるとか? いかんせん今の日本でエアコンが機能しないとキツくありませんか?

お答えありがとうございます。まだ、166二年生です。救世主様のブログで勉強させて頂いてますがなかなかの手強さですね。今日はライトがつきません。コツコツ初期化していますが風化に追い越されます。

ああ、やられていますね。
オイルフィルターの交換でびっくり、ライトバルブの交換でびっくり、いろんなウオーニングが点灯してびっくり、タイミングベルトでびっくり、エアコンのOHでびっくり。このあたりで解脱できます。先人の歩んだ道でございます。。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マツダデミオのエアコンが冷えない:

« ボルボV70のヘッドライトウオッシャー補修 | トップページ | ニセモノのはなし »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ