« メカ殺し油地獄 前編 | トップページ | 一週間の始まり、でも今週は短いの »

2017年9月18日 (月)

メカ殺し油地獄 後編

さて、BMWの古くは6シリーズなども同じような仕組みを持っていますが、このアルナージも例に漏れずパワステポンプがデュアルポンプ化しており、サスペンションの油圧は、このパワステポンプ(タンデムポンプ)が受け持ちます

Img_2590

ですから、ポンプ後ろ側にタンクからフルードを送られるデカいバンジョーボルトが来ます。
そして、横側にはステアリングギアボックスに送られるポートと、リアレベリングに送られるポートと2つあります

Img_2624_2

しかしこの部品点数! ごっちゃごちゃです。まさにキングオブケイオス
H・Rギーガーの絵画みたいです。

エアコンガスを抜き、パワステポンプまで掘り下げていきます

Img_2581

配線、配管だらけ。

Img_2588

そしてポンプにチェックメイト

Img_2593

これがフルードの配管です。手前がレベリング用、奥がパワステ用、その隣のぶっといのがタンクからのデリバリパイプです。ちなみに右の穴はターボのブローオフバルブからのリターン。どのホース類も激しい熱さの中にあるにも関わらず、ゴムがしっかり弾力を持っているのは、さすがとしか言えません。

Img_2595

新しいポンプを付けて、元に戻します。

Img_2597

大変ですが、ひとつひとつ元に戻します。

Img_2609

ファンベルトがヒビだらけだったので、ファンベルトも交換。すさまじい長さです。
小さい子なら縄跳びができたりして・・・
ベルトの交換も大変です。Eくんと二人で一生懸命作業します。

Img_2614

組みあがったら、早速フルードのリアへの流れを確認します。

Img_2616

すさまじい勢いでブリーダーから噴射してきます。やはりコレぐらいの圧力なのですね。

Img_2617

車高調整を何もせず、外したりしているとこのようにホットロッドに

Img_2625

しかしあまりに部品点数が多く、下から見ても全くポンプを見ることができず、もれているのか、いないのか見えません。

とりあえず、エアコンガスを入れていきます。巨大なシステムなので、真空引きも長い時間行います。

Img_2643

エアコンガスをどんどん飲み込んでいきます。940g+20gなんて書いてるので、ほとんど5本を注入します。

Img_2647

車高も調整していよいよオーナーの元に返す時が迫って来ました。

Img_2641

レベリングのシステムは完全にオーバーホールできました。しかし、乗り心地のほうはあまり改善できませんでした。
やはり、ショックアブソーバーのオリフィスコントローラが悪いのか?コントロールユニットが悪いのか?

海外のフォーラムでは乗り心地の改善はガススプリングの交換とたくさんありましたが、どうなんだろう?

http://www.fixya.com/cars/t23934463-99_bentley_arnarge_shocks_not_working

さらにサスペンションの宿題は残るようかもしれません


« メカ殺し油地獄 前編 | トップページ | 一週間の始まり、でも今週は短いの »

イギリスのクルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メカ殺し油地獄 後編:

« メカ殺し油地獄 前編 | トップページ | 一週間の始まり、でも今週は短いの »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ