« 熱海ヒストリカ その1 | トップページ | Atamai Historica その3 »

2017年9月25日 (月)

熱海ヒストリカ その2

世界で最も美しいクーペなどと6シリーズが言われた時代がありましたが、この3.0CSもその座がふさわしいクルマだと思います

Img_2860

コンディションも抜群です。

Img_2861

リアガラスにBlessのステッカーがありましたので、加藤社長さんちのお客さんでしょうか

Img_2863

オートマチックのオーナメントが良いですね

Img_2866

アウディクアトロ これもさりげなくおいてありますが、グループBの立役者ですし、ホモロゲーションモデルは何と言ってもかっこいいです

Img_2868

あらまあ

Img_2869

おなじみのメルセデスの方ですね。後日書きますが、思わぬところで見かけるのですよ

Img_2870

これR310っていうんでしたっけ。昔見に行ったことがあります。商談の為に

Img_2874

S800クーペ これも珍しいモデルですねえ

Img_2875

ペパーミントグリーンの2CV

Img_2876

おや?

Img_2879

いったい何があったのでしょう?しかもキズは新しい感じです。
でも。この部分は叩き易い場所ですし、当時の鋼板は作業し易いので、十分修理可能です

Img_2881

MG-TC。すごいなあ。あの雨の中持ってきたのでしょうか?しかも登録車なので、ひょっとしたら自走?ミッレミリアのように動態での保存だけでも難しいものでレースしたりしちゃうもんなあ

Img_2883

MG-A これもとんでもなく気合の入った仕上がりでした

Img_2884_2

フェンダーの間のラバーシールも新品の香り

Img_2885

面だしも完璧です。願わくばもっと塗装の肌を落として完全に鏡面にしてしまったほうがラッカー感が出てよかったのでは? なんて贅沢なこと思ったりして

Img_2888

タイヤがスニーカーなのは実際に行動を走る事を考えてのチョイスなのでしょうか?

Img_2890

本国の証明書が飾ってあります

Img_2893

ホンモノなんですねえ・・・・

Img_2892

さてスーパーカーを連続してパンテーラGTS

Img_2894

カウンタックアニバー

Img_2788

これもアニバー?

Img_2789_2

これホンモノみたいですね。

Img_2902

ホイールがセンターロックではありませんが

Img_2896

特に防護するアクリルなどはありません

Img_2897

ツインのラジエターファン。放熱効果抜群そう。でも大雨だったら排水が大変そう

Img_2900

ライトは殺してあるのでしょうか

Img_2901

1人乗りみたいですね。やっぱり競技車両ですね

Img_2895

もひとつ、競技車両。ディアブロですね

Img_2904

すっげー!

Img_2905

こんあクルマが見られるのも、こういった集まりならではですね。

Img_2906

さらにありがたいことに中身も見せてもらいました。

Img_2907

おおーっつ! 見切り。

Img_2908

ぞんざいであります。レースカーに見切りは大した問題ではないのです。こりゃ3Mソフトテープを使いましたね?

Img_2909

ああ、ピンボケすいません

Img_2910

超スパルタンな車内

Img_2911

これはキョーレツ

Img_2912

ドアはどうやらワンオフみたい

Img_2913

なにしろカーボン柄ではないでしょう。ドライカーボンのドアなのでしょ

Img_2914

記念にもう一枚

Img_2915

Jotaの文字が泣かせます

Img_2916

いやこれはすばらしい。

Img_2917

個人的には尤も美しいと思う頃のカウンタックQVかな

Img_2795

雰囲気がすごい

Img_2796

そして低い

Img_2919

アカイボディにゴールドのホイールは定番です。

Img_2920

うーん美しい

Img_2924

低い・・・

Img_2925

アンサのマフラーとテールランプが撮りたくて

Img_2927

そしてタイヤとカンパニョーロ製リボルバーホイール
345/35R15って、当時あったのかな>?

Img_2928

こちらもホンモノなどまず見たことないブガッティEB110

Img_2930

しかもありがたいことにドアが開いています

Img_2932

ストライカー部分。シールがビスで止まっています。

Img_2933

KAROのマットでしょうか?時代を感じさせます。

Img_2934

やはり高級量産車だけあってウッドパネルが随所に光ります。

Img_2936

エンジン・・・・ どこかで見たことになるシリンダヘッドなんだよなあ

Img_2938

ニコル物なんですね。

Img_2940

当然ですが程度抜群ですね。

Img_2943

まだ画像がいっぱいあるので、その3に続きます。

« 熱海ヒストリカ その1 | トップページ | Atamai Historica その3 »

いろいろなクルマ」カテゴリの記事

コメント

会場でお会いできなくて残念でした。まぁ連絡もせず急遽行ったのだから仕方ないですが。アニバーサリーでない赤のカウンタックはLP400SまたはLP500Sだと思いますよ。QVはキャブがダウンドラフトになったためエンジンフードがフラットじゃないのとテールランプがアニバーサリーと同じタイプだったと思います。私もカウンタックといえばこの形ですね。ディアブロイオタのエンジン音すごかったです。

当日は会うことができず残念でした。意外に天気もよく良かったですね
帰りはどのルートで帰りましたか? 僕は基本的に海沿いを通るのは混んでいないときだけなので、沼津周りで帰りました。僕が帰る時に湯河原~石橋間が混んでいるという情報がありましたが、東名を走った限りではガせだったのかなあ?とも

結局あの日は夕方5時過ぎごろまで会場にいました。子供たちが海で遊んだり会場に併設されてる遊具で遊んでてなかなか帰ろうとしないものですから。お陰でゆっくりと車を見れたし、ランボルギーニ等の勇ましいエンジン音や退場シーンも見れましたよ。その後さらに南下し、伊豆高原の鮪やに行って夕飯を食べ、日帰り温泉高原の湯に行きまして、23時近くまでくつろいでました。もう帰るのもかったるかったけど頑張って帰りました。午前様でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熱海ヒストリカ その2:

« 熱海ヒストリカ その1 | トップページ | Atamai Historica その3 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ