« 166の整備その2 サスペンション | トップページ | 混んでいる真っ只中に »

2017年8月13日 (日)

チャージランプ点灯 と言う事は?

昨日はなかなか波乱万丈でした。

世田谷のお客さんの所で、エアコンの不調の救助要請があって、一通りの工具を持って出かけます

Img_1970

家を出た時は晴れ間が見えていたのに青梅街道を南東に向かう内に雨が降ってきました。

Img_1972

今年は過ごしやすいもので、この時間(午前10時ころ)で

Img_1973

外気温22℃。街全体にエアコンがかかっているようです。

画像が無いのが残念ですが、現地でエアコンガスを入れたり、応急処置をして1件目のお客さんの元を後にしました。

せっかく世田谷まで来たので、少し足を延ばしてもう一軒。もうこの頃になると空は晴れて、気温も急上昇。でも先日書いた通り、電動ファンまわり一色を交換したので、渋滞しても快適そのものです。

Img_1975

もう一軒予定をこなしたら、工場に戻ります。午後4時半頃からお客さんと工場で会う約束があります。
環状7号線から甲州街道、首都高新宿線の永福入口

Img_1976

首都高からは中央高速、圏央道と通っていけば45分-60分で入間に到着します。既に渋滞はなく、楽に行けそうな予感です

Img_1977

と、思った直後。ICSになにかメッセージが。 バッテリーの電圧不足の為にファンスピードがどうのこうの書いてありましたが、よく見る前に誤ってOKボタンを押して消してしまいました。

そして、メーター内に目をやると

Img_1979

ひょえー! チャージランプがついちょる!!

Img_1980

瞬間的にいろいろ判断せねばなりません。永福で高速に乗ったのは良いけど、どこまで高速で行くべきか。午後4時半のお客さんとの約束をどうするか?(この時午後3時19分) どこに向かうべきか?(この場所からだと言えの方が近い)
取りあえず、エアコンなど真っ先にOFFにします。

どこまで走れるか見当ががつかず、中央道の八王子入口までは道幅も狭い2車線なので、止まってしまうと危険が伴います。

そこで僕は急きょ高井戸で降りる選択肢を取りました。

しかし、首都圏を御存知の方ならわかると思いますが、高井戸から荻窪までは大変道が混みます。
案の定、高井戸ランプから、環状八号線を曲がるのに3信号を費やしました。
おまけに曲がっても大渋滞で、その先の井の頭通りと五日市街道を越えるオーバーパスには恐ろしくてちょっと乗れません

エアコンを止めても水温が高ければ例の17アンペアの冷却ファンが、こちらの思惑など無関係に、無慈悲に回ってしまいます。

166にはデカいバッテリーが載っていますから、ある程度は走れるとは思っていましたが、到底家や工場までは乗って帰れないのは明白で、信号で止まった時に、あいおいのロードサービスの電話番号を調べます。

さてオーバーパスに乗らず、五日市街道を左折して吉祥寺を抜けるルートを選択し、四軒寺まではどうにか 走りもかなり悪くなってきました。
トランスミッションまでガサツに変速します。

吉祥寺の渋滞内の信号待ちで停まっているとナビが突然、再起動し始めます。
ついに来たかと、次の信号で止まって、Nにして、アクセルを3000回転で止めるとすぐにナビは回復しますが、間もなく走っていてもナビが再起動するようになってきました。

吉祥寺の住宅街、緑町を青梅街道方向に走り始めるころには、頻繁にナビが再起動するようになり、やがて沈黙しました。
残された時間はあとわずかです。

コインパーキングを探しながら走らせます。

もうここが限界でした。これを見送ったら危ないと思い、積載車が入り易い所にクルマを入れます。

Img_1981

レッカー車に載せる余力を残す為に窓も締めません。

さあ、ここからが問題。ここの時点で午後3時47分、急いでロードサービスに電話すると、レッカー業者を決めるから待機して欲しいと。
53分に電話が来て、4時20分から40分の間にレッカー車が到着すると。
救援に来るレッカー業者は知っている業者さんなので、道の状況から30分で来れるかと読んで、4時20分から載せて4時30分にここを出れば、1時間で工場に到着できると踏んで
お客さんにメールで時間を5時半に変えてもらいます。

ほぼ読み通りレッカー屋さん到着

Img_1982

この時点で4時35分。一路工場を目指します。

Img_1983

積載車には自力で乗りました。全部そろばんづくです。

Img_1984

こうまで、がんばって工場に帰りたい理由は・・・・? 
後日、ブログで書きますね

ところで
今日はノリスケ氏から勝駒を送って頂きました。
これがサイコーです

Img_1988

この166が壊れる20分ほど前、電話で166の話をしたばっかりだったのです。

« 166の整備その2 サスペンション | トップページ | 混んでいる真っ只中に »

アルファロメオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593247/65659958

この記事へのトラックバック一覧です: チャージランプ点灯 と言う事は?:

« 166の整備その2 サスペンション | トップページ | 混んでいる真っ只中に »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ