無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ

« 90年代を思い出してしまいました | トップページ | 名も無きリレーの話し »

2017年8月 8日 (火)

バルケッタ オーバーヒートの原因探しのたび(長編)

今日は例のバルケッタを連れ立ってお昼ご飯に行きます

Img_1863

美しいクルマに見とれる人が多数です
目指すは行政通り沿いの「ステーキのどん」

Img_1865

お昼から豪華。でもね、この手の店のランチは意外に安かったりするんですよ
とはいえいくら500円とはいえ、鶏のから揚げ&ジャンボ焼きそばはちょっと・・・

Img_1867

そこで頼んだのはチーズハンバーグ定食880円

Img_1871

これでもかと言わんばかりにソースがグツグツ言ってます
ソースのオーバーヒートやぁ(彦麻呂風)

Img_1873

こんなカロリーのもの昼間から喰ってたら太るぞ。
「このデブぅ~annoy 違うだろ 違うだろpunchpunch 喰うもんが!」

Mig121

いやいや、お嫁さんから1回食いに行ってくれといわれて渡されたのがこれ。
ははん、最初は僕に食わして、自分らは15%か30%でなにか食べる魂胆だな

Img_1870

食べ物は良いのですが、こちらに必要なのはオーバーヒートの再現です。

Img_1874

診断機を接続したら、お客さんが来て水温が下がってしまいました。

Img_1876

でもメーターこの位置で91℃です。思っていたほど高くないなあ。
エンジンECUは全てこの情報を使っていますから、アッパーホースやロアホースでの温度の違いは関係ありません。

Img_1884_2
Img_1881

ちなみにこのクルマの電動ファンの可動条件は↓の通り。見えるかな?

Photo_2


ということで、再び温度を上げるために渋滞探し

Img_1890

いい感じに上がって来ました。

Img_1901

112℃! ひと目盛り20℃読みなのかな上のほうはそうでもないだろうけど

Img_1900

かわいそ、かわいそ、なんでそーなるの

113

この事象の面白い所は一度上がってしまうと、走っても温度が下がらないところです。
かといって一線は越えていません。手を繋いだだけ・・・・ もういいか。
つまり、赤いところにはいかず、ゆっくり下がるのです。つまり電動ファンで水温を管理しているというより、サーモスタッドの性能だけでどうにか温度をコントロールしている感じです。

ちなみにEくんが先に新品のサーモを換えておいてくれました。

Img_0208

Img_0213

そこで、動作をテストすると1速では問題なく動きますが

Img_1908

やはり2速は動きません・・・
ヒューズ関係を見ても異常なし

デカい60Aヒューズ!

Img_1907

ちなみにリレーは3つ外して左から高速回転用96B、低速回転用96Aリレー。それにA/Cのクラッチリレーです。ちなみにカラフルなヒューズを挟んで見えるリレーはタイミングバリエーターのアクチュエーターみたいです。

Img_1909

この配線図見れますかね? 絵の左端真ん中、96Aと96Bの電動ファンリレーがあります。

低速は問題なく動きますから置いといて、高速用の96Bですよ。
Photo

96Bのリレーは4極でメイン電源の87番は上の60Aのヒューズからバッテリー直で来て、85-86番に通電を持って30番に87番の電源を繋げてやる。
すると2つのファンが一緒に全開になる。85番は96Aのリレーと同じ+電源なので、低速ファンが回る限り、96Bの高速用ファンにも来ているはず。
と言うことは96Bの30番に12Vを入れて全開になれば、信号が来ていないということになります。

まずはリレーを各種点検します。

Img_1855

リレーの点検方法は以前にも書きましたね。5極が入っていますが、実際には4極で使っています。85-86番に通電して、30-87番間の抵抗値が0になれば問題なしです

Img_1856

リレーはどれも問題なし。30番に小さい-ドライバーを使ってダイレクトに12Vを入れると、それはそれは元気に回るわけですよ

そこで先ほどの

Photo_4


96Bの86番を見て、その行き先を調べると、全くなにも挟まず、一直線にエンジンECUに行っています。

うーん・・・ これはやばい

でも今日はここまで
もう暑くて難しい事考えられないのよ~

Img_1905


でも、ECUの負担を考えてか、マイナス制御なんですねえ。

« 90年代を思い出してしまいました | トップページ | 名も無きリレーの話し »

フィアット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593247/65640743

この記事へのトラックバック一覧です: バルケッタ オーバーヒートの原因探しのたび(長編):

« 90年代を思い出してしまいました | トップページ | 名も無きリレーの話し »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31