無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ

« バルケッタ オーバーヒートの原因探しのたび(長編) | トップページ | ガススプリング »

2017年8月10日 (木)

名も無きリレーの話し

集中審議中のバルケッタ。思わぬカタチで幕引きとなります

Img_0644

先日の記事で、モーター、リレー、ヒューズと点検し、問題が無かったところから、信号が来ない→エンジンECUの故障と言う風に考えたわけです。

で、今回は裏づけるために車体側を点検します。

Img_1914

Img_1911

30番に+電源は来ています。リレーが働いて87番に銅通が橋渡しできれば、電動ファンはレジスターを通る事無く全開で回るのも確認しています。
また信号の一部であるリレー電源にも+が来ていることが確認できました

Img_1912

そこで、動作テストを行って、エンジンECUが電動ファンの信号を出しているか確認します

Img_1916

-制御なので、抵抗値で考えます。
テスターの片側はバッテリーの-につなぎ、もう片方のリード線をリレーに入れて
導通がでればECUには問題が無いとなります。 では参ります

Img_1917

なんといくらか抵抗値が出ました! となるとECUは信号を出していることになります。
リレーが悪いことになります。

Img_1918

先日の単体試験では元気にカチカチ言っていたのですが、車両に付けると沈黙してしまいます。

Img_1919

工場にある別のリレーを入れて、再度テスターで強制的動かします

Img_1920

「ブオ~ン」
計器良く回って赤いゲージのホースの白い注意書きがひらひらなびきます。

Img_1921

はい、何もかもがコンプリートでした。

Img_1922

さまざまなシチュエーションで乗ってみましたが、もうオーバーヒートはしませんでした。

Img_1931

リレーは、電圧が少し低くなると作動しなくなるのが原因で、電動ファンの高速側が動かなかったようです。
まあ、なんと様々な故障のあること。

リレーやヒューズは縁の下の力持ちで、どちらもいくらでもない部品ですが、壊れるとすぐ
不動の原因になります。将棋で言うところの「歩」かもしれません。

« バルケッタ オーバーヒートの原因探しのたび(長編) | トップページ | ガススプリング »

フィアット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593247/65648678

この記事へのトラックバック一覧です: 名も無きリレーの話し:

« バルケッタ オーバーヒートの原因探しのたび(長編) | トップページ | ガススプリング »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31