« バルケッタのHID化 | トップページ | ベントレーアルナージのリアレベライザー修理 »

2017年8月28日 (月)

全力整備

なかなか強烈なパンチをもらってしまった456M GTA。 オーバーヒートが直りません
針が振り切ったりはしないのですが、じわじわと上がり続けて高止まり。

Img_2286

オーバーヒートと言えば????
1.サーモスタッドの不良
2.電動ファンの不良
3.ラジエターの詰まり
4.液漏れによるLLC不足
5.ウオーターポンプの不良
6.ヘッドガスケット抜け

これが主なオーバーヒートの原因です。
よーくよく考えてみて
1.は前回の車検に交換している
2.は元気に2つが全開で回転している。レジスターが無い12V直結の特急仕様
3.これも数年前に交換しています
4.特に漏れは見つからず
5.こちらも前回O/Hしています。
6.こうなったら大変ですが、オイルフィラーに水が回った形跡がありません

困ってしまいます。思い当たるフシがない。

Img_2344

当初、電動ファンを疑いましたが、どう見ても全開で回っています。サービスマニュアルを見ると、バッテリーからヒューズを挟んで直結です。レジスターつきの2速なんて、あまっちょろいクルマではありません。

C9xsrdhvwaauygg

男は黙って 直結!
40949973ed849b09c3082ffa1508eefd

ラジエターやホースからの漏れもありません。ウオーターポンプやガスケット抜けなどは高止まる事無く、レッドゾーンを突き抜けていきますし。
消去法から考えると、サーモ?
これも前回交換しているんだけどなあ・・・・
http://messiah208.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/456m-gta-674d.html

Img_2336

と言うことで、交換してみます。
値段もそれほど高額ではありませんからね

Img_2337

どんどん進めます

Img_2338

ホースもくっつけて、エア抜きしたら

Img_2343

なんとオーバーヒートが直りましたとさ!

マニュアルにサーモの温度別のスキマ寸法書いてあるから、ナベで茹でてみようかな

と言うことで

積み上げたものぶっとばすのですよ

« バルケッタのHID化 | トップページ | ベントレーアルナージのリアレベライザー修理 »

フェラーリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全力整備:

« バルケッタのHID化 | トップページ | ベントレーアルナージのリアレベライザー修理 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ