« 名も無きリレーの話し | トップページ | 166の整備その2 サスペンション »

2017年8月11日 (金)

ガススプリング

先日、作業したアルナージですが

Img_1304

部品は日本にぜんぜん無くて。尤も部品商経由ですからコーンズに無く?
イギリスから今になってきました

Img_1944

でかいパイナップル、いや手りゅう弾、いやアキムレーター

時間かかって申し訳ないことしました。

Img_1945

毎度おなじみの部品で、毎度おなじみな壊れ方をします。

Img_1284

日本車ではまず見ないこの部品。果たして今まで何回見てきたことでしょう?

Img_1946

時にはセレスピード

Dsc00354

フェラーリのリアサスにトゥインゴのイージーマチック。
シトロエンのハイドロサスには、悪の代名詞みたく扱われています。

総合的な部品名はガススプリングと呼ばれますが、その名の通り、様々な油圧部分の緩衝材的な使われ方をしています。
それゆえ中身のガスが抜けると、今度はノーサス状態になって不快になります。

結局定期的な交換が望ましいのですけどね。
この部品見たことがある、って言う方でぜんぜん交換したことが無い人。
ご心配な人、是非ご相談ください。


« 名も無きリレーの話し | トップページ | 166の整備その2 サスペンション »

イギリスのクルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593247/65652357

この記事へのトラックバック一覧です: ガススプリング:

« 名も無きリレーの話し | トップページ | 166の整備その2 サスペンション »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ