« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月の26件の投稿

2017年8月31日 (木)

保険会社対抗ロードサービス比べ

昨日は2台、レッカーで運ばれてきたクルマがありました。
保険会社のロードサービス便利でいいですね。輸入車に乗る人には本当に助かります。

先日、166がぶっ壊れてレッカーされてしまったのも記憶に新しいですが
最近はランチアでもロードサービスのお世話になってしまいました。

166はあいおい、ランチアは損保ジャパン、保険会社によってロードサービスの違いはあるのでしょうか?

ヤホーで調べてみると

損保ジャパン    約180km 15万円までレッカー代を支払うことが可能

あいおいニッセイ    500km 30万円までレッカー代を支払うことが可能(特約付保時)

東京海上日動   距離は指定せず 15万までレッカー代支払いが可能

つまり東京海上は損保ジャパンに準じると考えるべきでしょう
この中であいおいのロードサービスは脅威的に条件が良いですね。

実は8年以上昔、当時はW210のメルセデスに乗っていまして、出かけた先の軽井沢で、クランク角センサーが壊れて不動になって、ロードサービスのお世話になったことがあります。

そのときは軽井沢の保険会社の指定工場に修理を頼んで、レンタカーを借りて帰ってきて、もちろんレンタカーは帰った翌日に返しましたが、修理したメルセデスは軽井沢から積載車に載せて納車に来てくれて、修理代金以外はタダという厚遇ぶりでした

ちなみに各社、故障のために宿泊したり、電車で帰ってきたりするとその費用を支払ってくれる内容にはなっています。

いわゆるプロ(専業)代理店で契約していると、自動付帯でなくても知らぬ間(説明があるかもしれませんが僕でもわからぬうちに)付帯している場合が多く
あいおいの契約でも運搬搬送費用特約なるもの(自動付帯)があって500kmを可能にします。

その逆に ダイレクト系はおしなべて貧弱

ソニー損保   50km 2017年7月契約より150km

三井ダイレクト 50km 

まあ安いんだから・・・
やむなしか? でも大手損保は
実際に事故があったときの対応はさびしい、かなり修理は無理な値引きを要求されますし、ウソをついてまで安くしようとしますから。
まあ、ある意味通販系も同じなのですが、何が一番契約すると良いのかわかりませんね

数年前は間違いなく損保ジャパンが良かったです、等級プロテクトは他の損保が早くから捨てていたのに、最後まで利用できたのは損保ジャパンでした。でも日本興亜と組んでから痛くサービスが悪くなり、今や日本の自動車保険は悪の3強です

ダイレクト(通販)系もケチぶりは大した物ですが、先の3社に比べるといくらかマシかな?
でも、大手損保は代理店販売な為、逆を言えば代理店をうまく巻き込めば、案外どうにかなる場合もありますが、ダイレクト系は、その伝家の宝刀が無いもんですから、保険会社のやりたい放題。

グレーな内容の案件は黒にはなりますが、まずシロにはなりません。
自動車保険でグレーの場合なんてあるの?

となりそうですが、結構あるんですよ

ずいぶん前の話ですが
ファミリーバイク特約のある契約者が、仕事の昼休み時間に勤め先のバイクで、隣町に買い物に行く途中で、事故に遭いました。

仕事先の保険はあらかじめ決められたルート(地域)内でしか保険が機能しない契約になっているようで、ルートから大幅に外れた場所は保険適用外となってしまいました。

ファミリーバイクでは、他人のバイクや法人契約のバイクで事故を起こしても保障の対象になりますが、仕事中の事故だけは免責と決まっています

でも、休み時間中の事故だから、安心と思いきや、ダイレクト系の損保は仕事中と判断して免責を決め込みました
これ、代理店販売のものだったらどうなったかなあ?と今でも思っています

他にも通勤使用かレジャー使用の差は皆さんご存知ですか? 1ヶ月に16日以上通勤に使うと通勤使用となり、15日までならレジャーなんですよ。

でもですよ。通勤中に事故に遭い、通勤使用の日数を示す書類を出してくださいとなった場合、何も無く、おまけにタイムカードには電車で通勤した日も入って25日押されていたら、保険会社はきっと調査に入りますよ。
怪しいものには払わない、と言うのが彼らのスタンスですから。

と言うことで、一長一短な自動車保険ですが、僕のお勧めがあります。

共済です。安いし、払いはザルだし。サイコーです。
農協も悪くありません。ざるっぷりが良いです。
つまるところ如何に払いが太っ腹かが最も大切な要素になります。
レッカー? 30km付いてますよ~

みなさんもいかがですか~
保険の相談もやってま-す。メールでもコメントからでもドーゾ

2017年8月30日 (水)

ビルシュタイン

このところ、連続して、サスペンションをビルシュタインに交換する作業がありました

Img_1754

166

Img_18151


Dscn5009

159

Img_0965_2

バルケッタ

どれも押しなべてすばらしい乗り味です

166のはエナペタルでオーバーホールしたもの
新品とそれほど変わらない金額が何とももどかしい

でも出来は僕の新品の頃より良かったように思います

バルケッタのB4は、いわゆる純正交換タイプのようですが、復筒の為、オーバーホールができないものなので、いかがなものかと思っていましたが、これまたすばらしい

159はショックとアイバッハのセットで、ビルバッハなんて呼ばれたりしています

Img_3477


結構低くなります。

ところが、これがまた良くできています。

ガチガチにならず、程よい硬さ、サスペンションストロークも長く運転がうまくなったような錯覚に陥ります。ローダウンスプリングといえば、何ともいえない乗り心地の悪さが気になったり、しまいには底突きや車体にタイヤが当たるような不快感が結構あるものです

一連の作業で、改めてそのポテンシャルを垣間見た気がします
悩み中の方、是非MPIで作業してみませんか?

2017年8月29日 (火)

ベントレーアルナージのリアレベライザー修理

先日ガススプリング交換作業中にフルードが来ていないことに気が付いたアルナージR

Img_2324

オイルがぜんぜん減らない。減らないからエアも抜けない。
こちらもマニュアルには最終的にはパイプやシステム内のエアはこのタンクに戻って行くとあるが、所定のエア抜きのステップは踏まなければなりません。

Img_2325

このクルマの仕組みも独特で、パワーステアリングポンプはデュアルポンプになっていて、ひとつはパワステに、もうひとつはリアサスペンションのレベリングに寄与する仕組みになっています。

111

わかりにくいけど
1.タンク
2.パワステ/レベリングポンプ
3.パワステレギュレーター
4.パワステのアキムレーター
5.6.ブレーキのシリンダー
7.ステアリングラック
8.フルードクーラー
9.ハイトコントローラー

上の絵の通り2本並列してパイプが入っているのが見えます1本下へ伸びるのは

Img_1300

この9番の下にまたバルブが付いていましてね
ここで2手に分けられて、それぞれのガススプリングに行くのですよ

Img_1301

で、急な路面変化というかサスペンションへのさまざまな荷重に対応するためにつけられているガススプリングを交換したのですが、肝心のオイルがタンクから来ない。

Img_1945

なんでだろう・・・・ なんでがなんでだろう
マニュアルには上の図の通り、デュアルポンプのレベリング側はポンプからレベリングバルブに直行している様子。で、エア抜きでは車高調整用のアーム(リンク)を外してから行うとあります

Img_2326

しかし・・・ で、で、出ないんだな

201607282105574bf

右のホースはポンプから来ている側
左のメッシュホースはタンクへ帰るリターン側

Img_2327

で、いろいろやってみる

Img_2331

で、で、出ないんだな

なんだかゴンタくんに喰われているみたい

Img_2335

Mig

で、しょうがないから、ポンプから来るホースを緩めるとポタポタ景気良く垂れてきます。
しかもキレイなフルードですからポンプからきているのは間違いない。

しかし、このバルブのブリーダーをひねっても全く出てくる気配なし

Img_2333

ってことは、このバルブが悪いのでは?

よーし交換じゃあ!と思って調べてみたら
なんと32万円でした。

う~ん、よくよく考えてから交換しよう・・・

2017年8月28日 (月)

全力整備

なかなか強烈なパンチをもらってしまった456M GTA。 オーバーヒートが直りません
針が振り切ったりはしないのですが、じわじわと上がり続けて高止まり。

Img_2286

オーバーヒートと言えば????
1.サーモスタッドの不良
2.電動ファンの不良
3.ラジエターの詰まり
4.液漏れによるLLC不足
5.ウオーターポンプの不良
6.ヘッドガスケット抜け

これが主なオーバーヒートの原因です。
よーくよく考えてみて
1.は前回の車検に交換している
2.は元気に2つが全開で回転している。レジスターが無い12V直結の特急仕様
3.これも数年前に交換しています
4.特に漏れは見つからず
5.こちらも前回O/Hしています。
6.こうなったら大変ですが、オイルフィラーに水が回った形跡がありません

困ってしまいます。思い当たるフシがない。

Img_2344

当初、電動ファンを疑いましたが、どう見ても全開で回っています。サービスマニュアルを見ると、バッテリーからヒューズを挟んで直結です。レジスターつきの2速なんて、あまっちょろいクルマではありません。

C9xsrdhvwaauygg

男は黙って 直結!
40949973ed849b09c3082ffa1508eefd

ラジエターやホースからの漏れもありません。ウオーターポンプやガスケット抜けなどは高止まる事無く、レッドゾーンを突き抜けていきますし。
消去法から考えると、サーモ?
これも前回交換しているんだけどなあ・・・・
http://messiah208.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/456m-gta-674d.html

Img_2336

と言うことで、交換してみます。
値段もそれほど高額ではありませんからね

Img_2337

どんどん進めます

Img_2338

ホースもくっつけて、エア抜きしたら

Img_2343

なんとオーバーヒートが直りましたとさ!

マニュアルにサーモの温度別のスキマ寸法書いてあるから、ナベで茹でてみようかな

と言うことで

積み上げたものぶっとばすのですよ

2017年8月27日 (日)

バルケッタのHID化

バルケッタにHIDを入れる注意点ですが
そのままだとH1のバルブがうまく入りません

Img_2233

ですので、その際は加工しろと取り扱い説明書に書いてあります。
ずっと正しく優しく扱ってね と西野カナも唱えております

Img_2292

優しさなど微塵も無いエアソーにヤスリを付けたもので無慈悲に削ります。

Img_2295

切子がライト内に入りますから、ライトを分解して行います。レンズは軽く拭いておきます

Img_2296

ライトバルブのカバーはVALEOの文字などを削り落としておきます。

Img_2291

穴を開けてバルブを通す際に水分が入るのを最小限にします。

Img_2300

ライトバルブとカバーの穴は一直線になるのが望ましいですね。HIDのバルブは後ろ側が長いので、車種によってはぶつかります。

Img_2299

押さえのスプリングは後から入れます。スプリング鋼なので多少無理しても平気です

Img_2302

出来上がり。

Img_2303

平成10年10月までのクルマなら車検は最初からハイビームなので、ロービームは完全に作り変えても平気です。

Img_2265

でもライトウオーニングはいけませんが・・・

Img_2321

すごく長く預かったバルケッタも納車の時が近づきました。

Img_2322

こういった恵まれたオーナーの元にあるクルマは良いですね。
長く愛されることになるでしょう

2017年8月26日 (土)

Pickup garbage.

今月は更新に穴をあけることが多かったですね

なんだか忙しかったり、あとはお酒を飲んでいる日はほとんど更新できません。以前はへべれけでもどうにか更新したもんですが、いまや椅子に座りながらPCの前で爆眠していることがほとんどです

さて月末も近いというのに昨日は散々でした。
まず朝は

ちょっとした衝突の修理のシビックTypeR
フロントバンパーのスポイラーの交換でしたが、来たもんが全く形状が違い
おまけに、今までついていたスポイラーは製造廃止。つまり手に入らず。

それならスポイラー来るの待たなくて済んだのに・・・・ 3日も損しちゃった

Img_2304

この前の日も夜なべしてヘッドライトのHID化に努力したバルケッタ
こちらは最後の作業です。午後3時前にはご覧の通り出来上がりました。

Img_2280

午後3時からは飯能のEくんのところでベントレーとフェラーリの作業

フェラーリはブレーキの作業とエンジンオイル交換の作業は終わりましたが

Img_2282

オーバーヒートが止まず、納車は見送り。電動ファンも問題なく動いているし、冷却水の漏れも無い。サーモが原因かなあ?? 割と最近交換したけど・・・

Img_2286

ベントレーはアキムレーターを交換しましたが

Img_0344

なぜかハイトコントロールバルブにオイルが来ません。
来ませんからエア抜きができません。こちらも納期が延びてしまいました。

Img_0352

午後7時過ぎに工場に戻り、バルケッタのライトを最終確認すると

なんと左側ロービームが時々不点灯になります。

ロービームでライトを点灯させると普通に点きます。ところが、それからハイビームにすると左のロービームだけ消えてしまうのです。

ライトの手元、12Vオッケー。リレーの手前12Vオッケー、バラストからイグナイターもOK
しょうがないので、反対側も外して、入れ替えてテストすると、バルブの不良でした。

単体でテストすると普通に点灯するのですが、ライトに付けて点灯させて、すぐ横のハイビームを点灯させると消灯してしまうのです。

うわあ、バルブの初期不良じゃん・・・・

Img_2218_2


結局、この日の朝と同じ状態に戻りました。1日大量の汗をかいていっぱい仕事して、1台も満足に終わらないでやんの。

2017年8月24日 (木)

似て非なるもの

オルタネーターが壊れてしまった僕の166

Img_2056

工場の片隅にあったオルタネーターなどを組み合わせてどうにかならないかと思って作業しましたが、どうにもなりませんでした。その片隅にあったオルタネーターを元に、安い中古を探してくっつけようと画策しました

Img_2202

左が取り寄せた中古、右は166から外したダメなオルタ

012351048なる番号は156にも使っているようでした。
で、何気なく外した方の部品を見ると、
012354095と書いてあるではないですか!

げっ!番号が違う。

思えば工場の片隅に落ちていたオルタネーターが必ずしも166とは限らず、多分以前に外した156のオルタを勝手に166用と思いこんでいただけでした。

ただ、取り付けも寸法も何もかも全くおんなじ。むしろ以前リビルトに交換したオルタネーターの方がはるかに違っていました。

で、ボッシュジャパンに電話して聞いてみますと
「あー、だいぶ古い品番ですね、もうリビルトも対応していませんし、多分補修部品もないと思います。ディーラーに電話で何か情報が無いか聞いてみてください。

048と095の互換ですか?全くありません。へたをするとチャージランプが点灯したりするかもしれません」

確かに60-120Aと70-120Aじゃあ、最低出力が違いますからね・・・

Img_2216

でもですよ、156の方のはプーリーの大きさが明らかに違います。
166の方が小さいのです!

Img_2208

小さいと言うことは多く回転するわけですから、それなりに出力も増えるのでは??

Img_2210


Img_2214

見づらいですがおおよそ直径が57mmと52mm
約1割小さいです。60Aは70Aの15%マイナスですから、完全に補えなくても殆ど同じようなもんじゃん?

Img_2203

どうにもできないので、ボッシュの電話の内容を無視してとりあえずくっつけます。

Img_2205

で、エンジンをかけるとチャージランプも点きません!
166に156のオルタネーター互換アリか

Img_2207

結果はsign02sign02 

Maxresdefault1

じゃかじゃんsign03

Img_2225_2

B_jet_zusae_fds

あー残念。sweat02 発電量が足りません

さらには

Img_2227

Cwfcrccu4ae6ceo

レクチファイアもICレギュレーターも壊れていないので、チャージランプは点きません。
しかし、必ずしもオルタネーターの発電出力のカーブが、回転数に正比例するとは、誰も言ってませんからね。通勤ぐらいはできますが、遠乗りはいけません。危険です。

Img_2229_2

互換はありません。キッパリ

2017年8月22日 (火)

365歩のマーチ

なかなか先に進まない155、とにかく部品に苦労します

Img_2027

これでも今日に至るまでに色々な国から輸入したりしました
ブローバイ系は痛みやすいので、ぜひともここで頑張りたいところ。

ヒーターホース系は入り口と出口の径が違う特殊なホースだったりするので、純正を諦めてサムコの青ホースにしました。サーモ下の変わった形のホースもサムコで行くつもりです

Img_2028

下の画像で水色/白の矢印は既に新品に交換したブローバイやオイルセパレーター用のラバーホース。
これらはこの日のブログで手に入れています。
http://messiah208.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/155-aed2.html
黄色/白のホースはこれから交換するホース
この部分は、この日のブログで行ったコンセプトをもとに部品を集めました
http://messiah208.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/post-74c6.html
赤いのは手に入らなかったホースです。これはアイドリングのエアをバイパスさせるステッピングモーターに行くホースです。

Img_20281

また下の画像の赤い矢印も目下、大捜索中のヒーターホースです
ヒーター用のセンドアンドリターンで、エンジンと車内のヒーターコアにLLCを通して冬の寒いときに温風を出す元になりますが、これが手に入らない。
ヨーロッパはサマーバケーション中なのですが、あと少しで終わるので、誰かが持っているといいのですが・・・・

Img_20291

再びポーランドのマーチンさんに打電しました

Hello Yukio,
Nice to write to you again :)
I'm feeling good, thanks .
The weather in Poland is pretty good this summer. We also have girls in bikini on the beach ;-)
I'm on holiday now and I'm going to come back in a week.
I'll try to help you then .....:-)

あー夏休み。



こういった細々とした部品に度々作業が止められるのです。
すっかりホコリっぽくなってしまいましたが、これが解決すればいよいよエンジン取り付けです

Img_2030

2017年8月21日 (月)

トヨタプリウス ZVW50系

期せずして今年の外出のアシになった最新型のプリウス。強面がいかにも最近のトヨタらしいデザイン

Img_2084

普段、新しいクルマには無縁なMPIで、最新のクルマに乗って出かける事とはこれいかに。
平成28年登録で19000km。申し分の無い内容です。
面白いのが、このクルマ、Sグレードでニッケル水素電池車なんです。レンタに使う目的なので、リチウムイオン車より安いのが理由みたいです。

圏央道から関越の渋滞に入る時でも

Img_2074

レーダークルーズ付きで停止状態でもクルーズコントロールが機能します。
しかし、このクルマのメインブレーキは回生ブレーキなので、基本的に止まる時にキャリパーを動かすのですが、やはりかっくんブレーキになります。
実際に運転していてもブレーキペダルを踏んで回生ブレーキで減速し始めますが、少し慣れないとキャリパーに変わった瞬間少し強めに効きすぎてしまいます。

Img_2075

それでもエンジンのかかる音やタイミング、かなり30系より進化を感じます
街中でのドライブの際のバカ静かな走りは、正直なところクルマってコレで良いのか?って思っちゃいますね


大人3人乗車でも申し分ない走りですが、サスペンションのつくり安っぽさには、ほとほとため息が出ます。どうしてこんな乗り味になってしまうのか?
明らかなサスペンションドライブの要領不足で、搭乗者には全く思いやりのない乗り味で、なんともひょこひょこした細かい揺れは、クルマに酔う子供さんには良くないんではなかろうかと思います。その割りに段差の入力には弱く、脊髄に突き抜ける硬いサスペンションの組み合わせは、サスペンションと言うより、ゴムブッシュの乗り味と言うほかありません。
Img_2086

しかし特筆すべきは自然渋滞でのレーダークルーズの走りです。高速道路の自然渋滞は完全に止まるより、とまりそうになってまた少し走り出したり、ダラダラ不安定な速度で走ります。

Img_2167

その際は前が走れば、自然な加速で走り出し、前のクルマに追随します。止まりさえしなければ、前に書いたようなかっくんブレーキもありませんし、車間距離も3段階から選べます。

あくまで完全に止まらなければです。だるまさんがころんだ状態になるとさすがに同乗者から文句がでそうです

ただ、車線逸脱防止システム(LDW)は完全にオマケです。到底役に立ちません。車線から外れる時にピーと警告するだけで、ハンドル支援など雰囲気だけです。

Img_2076

さて、2ZRエンジン。面白みも何も無いエンジンです。ただついているだけ。
でも、必要にして十分。人間や荷物を目的地まで運ぶには十分です

起動用バッテリーがエンジンルーム内に来たのは良いですね

Img_2170


Img_2171

そして、このクルマの中で最も失望するのがシートをはじめとする内装です。
グレードにより違うのかな? ヴィッツの内装を感じさせる超プラスチッキーなドアトリム。商用のバンにも劣る質感の悪さです。

また、どんな体をした人が喜ぶのであろうかと言う感じのシート。ちゃちでお尻も腰も痛くなります。

Img_2175

また軽バンのリアシートなみに居心地が悪いリアシート。ペラペラで硬質なシートで、全くリクライニングが無い上に、ヘンに突き出たヘッドレストが、搭乗者から生気を奪います。

これは犬も嫌がるレベルのシートかもしれません。
総じて日本車のシートは出来が悪く、乗るたびにがっかりするわけですが、もう少し良いイスにできないものなんですかねえ?

Img_2177

まあ、それもこれも、車体重を減らして燃費をよくするためなのですが、驚異的な燃費です

Img_2180

316.4km走って12.91L! すげー!24.50km/Lです。20Lで京都に行けてしまいます。
すごい燃費。ニッケル水素なのに。でもニッケル電池は実績がありますからねえ

Img_2178

でも僕こんなクルマ、いらな~い

2017年8月20日 (日)

関越道の旅

せがれが、部活の合宿に行っている間に、ちょっとお出かけです。
盆休み明けの土曜日ですが、大渋滞。まだまだ世の中は夏休み中です

Img_2074

先のブログの通り、166がぶっ壊れてしまったので、トヨタレンタリース埼玉で、プリウスを借りて出かけます。トヨレンさん毎度いろいろありがとうございます

Img_2084

まずは藤岡を目指します

Img_2090

土曜日の藤岡と言えばUSS群馬です。が、家族連れなので、当然オークションなど目もくれず、第一目的地へ

Img_2091

その目的地は、於菊稲荷神社なる高崎市の名刹

Img_2099

僕はあまり詳しくないのですが、なんか有名みたいです。

Img_2102

本殿はつい最近完成した模様で、キレイです。千社札は一つもありません。

Img_2103_3

奥に立派な社務所もあって、おみくじや絵馬を売っています
はやりの御朱印も、大変かわいい仕様になっています

Img_2108

神社もそこそこに移動いたします。高崎は玉村ICそばの道の駅で昼食をはさんで

Img_2110

関越に乗りまして、赤城に向かいます

Img_2111

ICから5分ほどでJAの直売が現れます。ここに来るのは10数年ぶりでしょうか
前回は、ここでフェラーリデイトナで来ている人を見かけました。

Img_2113

ここはなにしろ安いです

Img_2115

物価がずれています

Img_2116

特にタマネギ。100円/kg つまり↓の画像は
9kg900円でした

Img_2120

新鮮野菜を買ったら再び関越道に乗って

Img_2125

渋川伊香保で降ります。ご覧の通り曇天で、この後雨が降り出します

Img_2127_2

伊香保温泉外に到着する頃には雨はやみましたが、この後、首都圏では大変な大雨になるのですね

Img_2132

伊香保と言えば階段街です。

Img_2135

CMでもおなじみ。ただ、一番下から登りますますから結構きつい

Img_2137

このようにプレートが付いています。

Img_2138

頑張って上がってきました

Img_2139

ほとんど一番上にまで上ると目的地が見えてきます。佃煮屋さんの増田屋です。もうずいぶん前からここを一つの到達点として伊香保に来ています

Img_2141

創業は80年以上前とか

Img_2146

この佃煮詰め合わせ1200円。これが最大の目的です

Img_2144

もちろん他にもサイズなどがあります

Img_2145

しいたけやふきなど単体でも買うことができます
昔ながらに、かなりしょっぱいのでヘルシーとは無縁かもしれません。
しかし、ここの佃煮は禁断の味です

Img_2147

しかし、この辺のおうちの構造ははたしてどうなっているのでしょうか?
一度、中を見せて頂きたい。ぱっと見るだけで4層ですよ
Img_2153

何とも風情のある場所です

Img_2155

グンマちゃんと

Img_2159

この後、近くの日帰り温泉に浸かって帰ります。ながーい渋滞と一緒に・・・

Img_2167

レジャーとは散財、過労、忍耐、役務
ゆきお、心の俳句

2017年8月19日 (土)

一寸先は?

先日、オルタネーター故障でレッカーされてしまった僕の166

Img_1983

土曜日に急遽、夏休みカムバックデーと言う事になり、使うことになりました

いろいろ考えた末にオルタネーターは中古を使う事にしました。ぼちぼち大変な交換作業なのでリビルトを使いたかったのですが、あまりに高価なのでやめました。レクチファイアが超高額なんですよね・・・

で、早速部品取りから外します

願わくば、どこかでリビル品が載ってますように

Img_2052

取り外しましたが、残念ながらかなり古そうなやつが出てきました

Img_2055

こんどは僕の166

Img_2056

ちなみに今は?

Img_2011
Img_2012
Img_2013

完全に壊れています。負荷をかけてもかけなくても7.98Vって(笑)
同じ作業を繰り返しますので、早い早い。そもそもオルタ交換何回目だろ?

Img_2058_2

こわれたオルタもすでに中古と言うリアル!

Img_2059

で、新しいオルタネーターをくっつける前にカラーを拡げないとくっつきません
そこで、聖なる油圧ラム5tで押し広げます

Img_2063

おっぴろげ~!

Img_2064

調子こいてぐいぐいやっていたら な、なんと
ケースを割ってしまいました・・・
時間が無い中、無理に作業するのはいけませんなあ

やむなく、工場中のオルタネーターをかき集めてビルドアップします

Img_2070

でも・・・やはり残酷な結果になってしまいました(笑)
それでなくても時間が無いのに、レクチファイアをハンダはがしたりくっつけたりできません。

と、いうことで

土曜日はレンタカーで出かける事になってしまいました。なんてマヌケな・・・
なんちゅーことやねん

314

ちんちろりーんの どっちらけ~

2017年8月17日 (木)

さすがと言うより他がない 壊れ方

夏休み後半にブレーキの不良を訴えて、レッカーで緊急入庫のフェラーリ456MGTA

Img_2038

出かけた先で激しい渋滞に遭い、とんでもない温度の中で、だんだんブレーキが聞かなくなって、最後にはサイドブレーキでクルマを止めたと言う、恐ろしい話しをしていただきました。

僕は、長い時間、高温に晒してフェードしたか、ベーパーロックしたのだろうと思っていたのですが、一方で渋滞の中にあってそんなことなるかなあ?とEくんのもっともな一言。

百聞は一見にしかず、まずは保険会社のレッカーサービスを使って自宅から運んでもらいました

フタを開けると、特に大変な事になっている気配は無く。しかし、エンジンをかけてペダルをダブっても全く当たりがありません。

Img_2039

完全にペダルが床まで行ってしまいます。

Img_2041

リザーバーにブレーキフルードがほとんど入っていないことに気が付いて。
キャリパー周りなどブレーキフルードのもれている所を探しますが、特に見当たりません。

Img_2042

そんな時にEくんが、突然「なんだこれは!」と言いました

そ、そんなばかな!!

O0480036011006172913

マスターシリンダーのパイプがどえりゃあことになっとる

Img_2044

原型が全くわかりません。

Img_2045

前後共、溶けています

Img_2047

溶けた下には、神田川エキゾーストマニホールド。どんだけ温度上がったのでしょう??

Img_2048

ホンモノは赤マルで囲んだ絵のカタチしているのです。考えられないでしょ?
456

元々、普段使いを考えられていないクルマとはいえ、どんんだけ変わってしまうことやら

これってある意味フェラーリらしい?

113

でも、どうやら常識的な値段で国内在庫あったみたいよ

11hqdefault

うれしいなぁ

2017年8月16日 (水)

エンジンオイルのはなし

先日、新車販売したヴェルファイア。メーカーは当然のように0W-20を指定しているので、それを入れます。

Img_0256

トヨタだけど日産の0W-20。意外に高値です。最近の省エネ車は全てと言っていいほどこれですね。当然しゃぶしゃぶです。燃費優先、エンジンパフォーマンス優先ですね

Img_0264

ところで、エンジンオイルは実に奥が深く、人により捉え方や考え方が違いますので、一概にはいえません。化合部tや添加剤などの含有量こそメーカー独自のノウハウです。
今回は僕の主観で今まで良かったエンジンオイルを振り返ります。

これはポルシェカイエンに使った画像。輸入車でも最近は0W-20を指定してくるクルマも多いです。リキモリでも0W-30を出していますが、これは最近の0W-20のエンジン向きではないと言われ、近いのはトップテック4100の5W-40か4200の5W-30がそれにあたるそう。

Img_3195

一時期、エンジンオイルのメーカー認証が流行り、ロングライフエンジンオイルなるものが登場し当時一斉を風靡しましたが、要は減ったら継ぎ足してね的な状況で、特に日本では品質維持にムリがあったように思います。

僕の所に入ってくるクルマの多くは最初から5W-40がほとんど
世の中はほとんど省エネのクルマに向かっているので、当然メーカーもその方向に乗っかった商品群になります

Img_2048

もっともユーティリティーが高くスタンダードなHC7はちょっと前のマセラティやフェラーリにもOK もしくは↑のロングドライブハイテックかな?

Img_3259_2

一方で旧車向けのラインナップも。このモリゲン15W-50はテスタロッサに使いました。
中身もこの容器と同じような色で、出すとぎょっとします。
さらにクラシックなクルマには20W-50なんてものが存在しますが、入れるようなクルマが来ません(笑)

Img_0940

一連のアルファV6、ファイア、ランプレディにはこれがベストかと。Mos2です
同じシリーズで15W-40も5W-40もあります。

Img_3098

面白いのが5W-40合成油なのですが、10W-40と15W-40は部分合成油なのです。
合成油がよくて部分合成油が良くないわけではありませんよ。
適材適所で、うまく使えばこれほど良いものはありません。

MPIでは僕が気に入ったもの以外使いません。リキモリも電撃的な出会いで使うようになって約2年近く。やはり好きだったウインズの商品に別れを告げて、今に至ります。

塗料も、材料も、工具も、タイヤも、部品も基本的に同じで気に入ったものを使います。でもそれって結構大事な事だったりしませんか?

リキモリ商品について詳しくは
http://lm-trading.co.jp/index.html

本国リキモリは
https://products.liqui-moly.com/

2017年8月15日 (火)

成約御礼 ボルボV70

これが、アルファが壊れようとも一生懸命工場に商談の為に戻った理由なんですねえ
なかなか時間が取れないなかで、お願いした時間でしたから、どうして見て頂きたかったのです。

Img_1963

この仕事難の8月にお買い上げいただいて、本当にうれしい限りです

Img_1964

このクルマはCAN通信の搭載車で、いろいろ電気仕掛けで動きます。
キーレスキーを差し込んで、プッシュスタート。パーキングブレーキも電動です

Img_1965

オーディオやエアコンもシンプルですが、高性能。
ボルボのエアコンの分かりやすさも先代譲り

Img_1966

バックゲートもボタンで上げ下げ。
Img_1968

実用性も高くいいクルマです。

Img_1969

お買い上げありがとうございました。

V70といえば長さん、宣教師さん懐かしいでしょ サンドベージュの960はよく直しましたね

2017年8月14日 (月)

混んでいる真っ只中に

世の中が夏休みに入るか入らないかの8月10日、昨年からできた休日「山の日」の前日

自動車を引き取りにUSS東京に向かいました。
ところが、世の中ではこの10日は、既に夏休みだったんですね

圏央道が激しく混んでいるために、下道で鶴ヶ島を目指しました。
工場から16号線に出て、圏央道の入り口を坂戸にするか鶴ヶ島にするか迷い、結局鶴ヶ島に向かいました。ところが、下道もかなり渋滞が多く、結局、1時間かかって圏央道にのりました

Img_1947

やっぱり最初から圏央道乗ったほうが早かったかな
下道でもこんな感じだったし

Img_1950

関越と分岐する頃には渋滞はなくなって

Img_1951_2

菖蒲PAでちょいと休憩。高速はご覧の通り真っ赤です。コレ見ると入間から乗るのも何だかなあ?となるわけで。

Img_1953

ここから先はスムーズ。五霞で降りて17kmぐらいありますが、そこはスムーズ
USS東京に到着

Img_1954

相変わらずそれっぽいクルマがあります。ただ、あまりに高額なクルマは触れなくなってしまいましたが・・・

Img_1955

休み前の開催で台数は多くありませんが、いかんせん規模がでかい

Img_1956

目当てのクルマを出したら、途中、道の駅庄和によります
http://michinoeki-showa.or.jp/

この中の施設で遅いめのお昼ご飯。
佐野ラーメン。おいしいが、しょっぱい!

Img_1959

せっかく道の駅に来たんだから農作物買わないと

Img_1960

Img_1961

物によりますがすげえ安いのもありますねえ。

Img_1962

そしてやっと帰ってきました。11日から16日まではMPIは夏休みでーす。
ってどんだけ遅い告知なんだよ

がんばって持ってきたクルマとは?

2017年8月13日 (日)

チャージランプ点灯 と言う事は?

昨日はなかなか波乱万丈でした。

世田谷のお客さんの所で、エアコンの不調の救助要請があって、一通りの工具を持って出かけます

Img_1970

家を出た時は晴れ間が見えていたのに青梅街道を南東に向かう内に雨が降ってきました。

Img_1972

今年は過ごしやすいもので、この時間(午前10時ころ)で

Img_1973

外気温22℃。街全体にエアコンがかかっているようです。

画像が無いのが残念ですが、現地でエアコンガスを入れたり、応急処置をして1件目のお客さんの元を後にしました。

せっかく世田谷まで来たので、少し足を延ばしてもう一軒。もうこの頃になると空は晴れて、気温も急上昇。でも先日書いた通り、電動ファンまわり一色を交換したので、渋滞しても快適そのものです。

Img_1975

もう一軒予定をこなしたら、工場に戻ります。午後4時半頃からお客さんと工場で会う約束があります。
環状7号線から甲州街道、首都高新宿線の永福入口

Img_1976

首都高からは中央高速、圏央道と通っていけば45分-60分で入間に到着します。既に渋滞はなく、楽に行けそうな予感です

Img_1977

と、思った直後。ICSになにかメッセージが。 バッテリーの電圧不足の為にファンスピードがどうのこうの書いてありましたが、よく見る前に誤ってOKボタンを押して消してしまいました。

そして、メーター内に目をやると

Img_1979

ひょえー! チャージランプがついちょる!!

Img_1980

瞬間的にいろいろ判断せねばなりません。永福で高速に乗ったのは良いけど、どこまで高速で行くべきか。午後4時半のお客さんとの約束をどうするか?(この時午後3時19分) どこに向かうべきか?(この場所からだと言えの方が近い)
取りあえず、エアコンなど真っ先にOFFにします。

どこまで走れるか見当ががつかず、中央道の八王子入口までは道幅も狭い2車線なので、止まってしまうと危険が伴います。

そこで僕は急きょ高井戸で降りる選択肢を取りました。

しかし、首都圏を御存知の方ならわかると思いますが、高井戸から荻窪までは大変道が混みます。
案の定、高井戸ランプから、環状八号線を曲がるのに3信号を費やしました。
おまけに曲がっても大渋滞で、その先の井の頭通りと五日市街道を越えるオーバーパスには恐ろしくてちょっと乗れません

エアコンを止めても水温が高ければ例の17アンペアの冷却ファンが、こちらの思惑など無関係に、無慈悲に回ってしまいます。

166にはデカいバッテリーが載っていますから、ある程度は走れるとは思っていましたが、到底家や工場までは乗って帰れないのは明白で、信号で止まった時に、あいおいのロードサービスの電話番号を調べます。

さてオーバーパスに乗らず、五日市街道を左折して吉祥寺を抜けるルートを選択し、四軒寺まではどうにか 走りもかなり悪くなってきました。
トランスミッションまでガサツに変速します。

吉祥寺の渋滞内の信号待ちで停まっているとナビが突然、再起動し始めます。
ついに来たかと、次の信号で止まって、Nにして、アクセルを3000回転で止めるとすぐにナビは回復しますが、間もなく走っていてもナビが再起動するようになってきました。

吉祥寺の住宅街、緑町を青梅街道方向に走り始めるころには、頻繁にナビが再起動するようになり、やがて沈黙しました。
残された時間はあとわずかです。

コインパーキングを探しながら走らせます。

もうここが限界でした。これを見送ったら危ないと思い、積載車が入り易い所にクルマを入れます。

Img_1981

レッカー車に載せる余力を残す為に窓も締めません。

さあ、ここからが問題。ここの時点で午後3時47分、急いでロードサービスに電話すると、レッカー業者を決めるから待機して欲しいと。
53分に電話が来て、4時20分から40分の間にレッカー車が到着すると。
救援に来るレッカー業者は知っている業者さんなので、道の状況から30分で来れるかと読んで、4時20分から載せて4時30分にここを出れば、1時間で工場に到着できると踏んで
お客さんにメールで時間を5時半に変えてもらいます。

ほぼ読み通りレッカー屋さん到着

Img_1982

この時点で4時35分。一路工場を目指します。

Img_1983

積載車には自力で乗りました。全部そろばんづくです。

Img_1984

こうまで、がんばって工場に帰りたい理由は・・・・? 
後日、ブログで書きますね

ところで
今日はノリスケ氏から勝駒を送って頂きました。
これがサイコーです

Img_1988

この166が壊れる20分ほど前、電話で166の話をしたばっかりだったのです。

2017年8月12日 (土)

166の整備その2 サスペンション

作業していた166。もう既に納車されているのですが、備忘録も兼ねておさらい

Img_1752_2

166のリアショック交換の最大のキモはリアアクスルをそっくり外すことです
当然、サイドブレーキワイヤーは縁切りします

Img_1753

寒々しく置かれたサスペンション部品

Img_1749_2

今回のショックアブソーバーはエナペタルに送って、オーバーホールをしてもらいました。
やがて後述しますが、このショックの出来が良いの何のって!
もっともほとんど僕からが新品を買う値段にかなり近かったですが・・・

Img_1755

Img_1756

トップのアッパーベアリングからストラットのお皿まで前の位置の通りに戻します。

Img_1758_2

前後4本分を組み替えます。

Img_1760

リアのスタビリンクも交換します。

Img_0239

これも交換するとずいぶん感じが変わります。しゃきっとするというか。そして足回りからの異音の原因のトップです

Img_0242

リアのアクスルを取り付けます。片手でショックを持ちながらミッションジャッキを上げていきます

Img_1762

Img_1763_2

納まりました。リアアクスルマウントのボルトをどんどん締めてとりあえずOK

Img_1765

フロントも組み付けます

Img_1750

ロアアーム。ロアアームそのものは事故が無い限り変形しませんが、ブッシュやボールジョイントは傷みます

Img_1766

166はナックルにロアアームのボールジョイントが上から入ります。

Img_1769

同じくアッパーアームも交換します。

Img_0248

こちらもナックルにあるウイッシュボーンとボールジョイントで止まります。
166のあの、ちょっと切り込んだだけで、超フロントヘビーなクルマの鼻先が
すっと入り込んでくるところは結構手の込んだ前後サスペンションによるものなのでしょう
よく、車体のデザインをしたデシルバの話が出ますが、シャシを設計した人はだれなのでしょうね?

Img_1772

フロントも長く使ったアブソーバーにアディオス

Img_0226

新しいビルシュタインにオラ

Img_0227

スプリングはやっぱりノーマル

Img_0229

こんな感じになります

Img_0253

Img_0254

キャスターの流れも分かりやすい構図となりました。

Img_1797

そしてエンジンオイル。リキモリMos2ライトドライビング10W-40

Img_1794

廃油のように見えますが違います。

Img_1795


Img_1804

登録前夜の図です。長かったなあ。

Img_1810

166は決して整備しやすい車ではありませんが、一生懸命整備すると愛着がわきます。
アルファロメオっていうのはこんな大型セダンにも、「面白さ」を載せちゃうんですね。

2017年8月11日 (金)

ガススプリング

先日、作業したアルナージですが

Img_1304

部品は日本にぜんぜん無くて。尤も部品商経由ですからコーンズに無く?
イギリスから今になってきました

Img_1944

でかいパイナップル、いや手りゅう弾、いやアキムレーター

時間かかって申し訳ないことしました。

Img_1945

毎度おなじみの部品で、毎度おなじみな壊れ方をします。

Img_1284

日本車ではまず見ないこの部品。果たして今まで何回見てきたことでしょう?

Img_1946

時にはセレスピード

Dsc00354

フェラーリのリアサスにトゥインゴのイージーマチック。
シトロエンのハイドロサスには、悪の代名詞みたく扱われています。

総合的な部品名はガススプリングと呼ばれますが、その名の通り、様々な油圧部分の緩衝材的な使われ方をしています。
それゆえ中身のガスが抜けると、今度はノーサス状態になって不快になります。

結局定期的な交換が望ましいのですけどね。
この部品見たことがある、って言う方でぜんぜん交換したことが無い人。
ご心配な人、是非ご相談ください。


2017年8月10日 (木)

名も無きリレーの話し

集中審議中のバルケッタ。思わぬカタチで幕引きとなります

Img_0644

先日の記事で、モーター、リレー、ヒューズと点検し、問題が無かったところから、信号が来ない→エンジンECUの故障と言う風に考えたわけです。

で、今回は裏づけるために車体側を点検します。

Img_1914

Img_1911

30番に+電源は来ています。リレーが働いて87番に銅通が橋渡しできれば、電動ファンはレジスターを通る事無く全開で回るのも確認しています。
また信号の一部であるリレー電源にも+が来ていることが確認できました

Img_1912

そこで、動作テストを行って、エンジンECUが電動ファンの信号を出しているか確認します

Img_1916

-制御なので、抵抗値で考えます。
テスターの片側はバッテリーの-につなぎ、もう片方のリード線をリレーに入れて
導通がでればECUには問題が無いとなります。 では参ります

Img_1917

なんといくらか抵抗値が出ました! となるとECUは信号を出していることになります。
リレーが悪いことになります。

Img_1918

先日の単体試験では元気にカチカチ言っていたのですが、車両に付けると沈黙してしまいます。

Img_1919

工場にある別のリレーを入れて、再度テスターで強制的動かします

Img_1920

「ブオ~ン」
計器良く回って赤いゲージのホースの白い注意書きがひらひらなびきます。

Img_1921

はい、何もかもがコンプリートでした。

Img_1922

さまざまなシチュエーションで乗ってみましたが、もうオーバーヒートはしませんでした。

Img_1931

リレーは、電圧が少し低くなると作動しなくなるのが原因で、電動ファンの高速側が動かなかったようです。
まあ、なんと様々な故障のあること。

リレーやヒューズは縁の下の力持ちで、どちらもいくらでもない部品ですが、壊れるとすぐ
不動の原因になります。将棋で言うところの「歩」かもしれません。

2017年8月 8日 (火)

バルケッタ オーバーヒートの原因探しのたび(長編)

今日は例のバルケッタを連れ立ってお昼ご飯に行きます

Img_1863

美しいクルマに見とれる人が多数です
目指すは行政通り沿いの「ステーキのどん」

Img_1865

お昼から豪華。でもね、この手の店のランチは意外に安かったりするんですよ
とはいえいくら500円とはいえ、鶏のから揚げ&ジャンボ焼きそばはちょっと・・・

Img_1867

そこで頼んだのはチーズハンバーグ定食880円

Img_1871

これでもかと言わんばかりにソースがグツグツ言ってます
ソースのオーバーヒートやぁ(彦麻呂風)

Img_1873

こんなカロリーのもの昼間から喰ってたら太るぞ。
「このデブぅ~annoy 違うだろ 違うだろpunchpunch 喰うもんが!」

Mig121

いやいや、お嫁さんから1回食いに行ってくれといわれて渡されたのがこれ。
ははん、最初は僕に食わして、自分らは15%か30%でなにか食べる魂胆だな

Img_1870

食べ物は良いのですが、こちらに必要なのはオーバーヒートの再現です。

Img_1874

診断機を接続したら、お客さんが来て水温が下がってしまいました。

Img_1876

でもメーターこの位置で91℃です。思っていたほど高くないなあ。
エンジンECUは全てこの情報を使っていますから、アッパーホースやロアホースでの温度の違いは関係ありません。

Img_1884_2
Img_1881

ちなみにこのクルマの電動ファンの可動条件は↓の通り。見えるかな?

Photo_2


ということで、再び温度を上げるために渋滞探し

Img_1890

いい感じに上がって来ました。

Img_1901

112℃! ひと目盛り20℃読みなのかな上のほうはそうでもないだろうけど

Img_1900

かわいそ、かわいそ、なんでそーなるの

113

この事象の面白い所は一度上がってしまうと、走っても温度が下がらないところです。
かといって一線は越えていません。手を繋いだだけ・・・・ もういいか。
つまり、赤いところにはいかず、ゆっくり下がるのです。つまり電動ファンで水温を管理しているというより、サーモスタッドの性能だけでどうにか温度をコントロールしている感じです。

ちなみにEくんが先に新品のサーモを換えておいてくれました。

Img_0208

Img_0213

そこで、動作をテストすると1速では問題なく動きますが

Img_1908

やはり2速は動きません・・・
ヒューズ関係を見ても異常なし

デカい60Aヒューズ!

Img_1907

ちなみにリレーは3つ外して左から高速回転用96B、低速回転用96Aリレー。それにA/Cのクラッチリレーです。ちなみにカラフルなヒューズを挟んで見えるリレーはタイミングバリエーターのアクチュエーターみたいです。

Img_1909

この配線図見れますかね? 絵の左端真ん中、96Aと96Bの電動ファンリレーがあります。

低速は問題なく動きますから置いといて、高速用の96Bですよ。
Photo

96Bのリレーは4極でメイン電源の87番は上の60Aのヒューズからバッテリー直で来て、85-86番に通電を持って30番に87番の電源を繋げてやる。
すると2つのファンが一緒に全開になる。85番は96Aのリレーと同じ+電源なので、低速ファンが回る限り、96Bの高速用ファンにも来ているはず。
と言うことは96Bの30番に12Vを入れて全開になれば、信号が来ていないということになります。

まずはリレーを各種点検します。

Img_1855

リレーの点検方法は以前にも書きましたね。5極が入っていますが、実際には4極で使っています。85-86番に通電して、30-87番間の抵抗値が0になれば問題なしです

Img_1856

リレーはどれも問題なし。30番に小さい-ドライバーを使ってダイレクトに12Vを入れると、それはそれは元気に回るわけですよ

そこで先ほどの

Photo_4


96Bの86番を見て、その行き先を調べると、全くなにも挟まず、一直線にエンジンECUに行っています。

うーん・・・ これはやばい

でも今日はここまで
もう暑くて難しい事考えられないのよ~

Img_1905


でも、ECUの負担を考えてか、マイナス制御なんですねえ。

2017年8月 7日 (月)

90年代を思い出してしまいました

ちょっと塗装の手が空いたので、かねてより懸案だった商品として持っている166の前後バンパーを修理します。

Img_1840

166は意外にバンパー外すのが大変。
思えば昔、まだユハ・カンクネンがランチアデルタを乗っている頃。初めてランチアデルタを修理した事があって
バンパーの取り付けの簡単なことに驚かされていました。へたすりゃ世界で一番簡単かもなんて。だからイタリア車のバンパーは外すのが大変なんて思っても見なかった。

ところが、当時カルロス・サインツが運転するトヨタセリカは真反対で、一生懸命作業してやっと外れる感じで、ラリーの大変なさなかに、こんな取り付けが大変だと、メカの人たちも大変だろうと、あほじゃなかろか?と思ったもんです。

ちなみに当時よく作業したボルボの240、940どちらも、フェンダー内部にこってりサビ止めが塗ってあって、板金工具が汚れるのがいやだったり、バンパーのボルトが鬼の仇のように強く締めてあったり。E34やW124の乗り味に感動したり。
懐かしいなあ、90年代初め。

その90年代の終わりに作られた166です。

リアバンパーはこれまた意地悪で、いろいろ外さないと脱着できません。
左側はナビやバッテリーを

Img_1842

右はヒューズボックスを外さないとできません

Img_1845

左側のアンプを外すとなにやらテープ止めが?
コードカード?

Img_1846

なんか、オーディオのシリアルカードが出てきました。

Img_1850

テープの文字がいかにもなので、新車で組んだ時期に貼られたのでしょう。
今までこういうのは見たことありませんが。

Img_1847

これらをぜーんぶどかしてやっとバンパーの取り付けボルトが見えてきます。

Img_1851

あの90年代。僕は20代前半から30代前半の10年。皆さんは何してましたか?
僕は時にはいすゞのピアッツアを。時にはランチアテーマを、96年終わりからはMPIを作ったり。感慨深いですねえ。
今、この時代のクルマを持っていると、重加算税が取られます。
でも、自動車も音楽も雑誌も文化もこの90年代のほうが今より面白かったように思います。

このブログをご覧の方で、古い輸入車乗りたい人、応援します。

2017年8月 6日 (日)

エアコンの洗浄。

最近4畳半の部屋のエアコンがどうも冷えない感じだとお嫁さんが訴えています

確かに夜中に暑くて目が覚めて、エアコンのスイッチを入れると、どうもひえが悪い。
他の部屋の温度と同じ設定にすると、とんでもなく暑いのです。

ついに買い替えかあ、と思い電気店に行くと最低でも5万5千円くらいかかりそう。
本体以外に取り付け工事費も必要ですからね。リサイクル費用は違う形で処分するのでかかりませんが。

しかし6万近い出費は痛すぎる。そこで、どこが悪いのか今一度確認することにしました。

1.つい最近フィルターは掃除している。
2.弱いながらもエアコンは効いている。
3.室外機の低圧管はかなり冷たくなっている。
4.明らかに出てくる風の量が少ない。

以上の事から、メインの冷やす部分には異常が無いことを確信し、まず清掃することにしました。幸い今日の日曜日はたいした用事もないので、早速作業します

Img_1818

エアコンは三菱製で、新築祝いにお客さんから頂いたもので、かれこれ12年くらいは経っているものです。

フロントパネルを外してフラップを外します。

Img_1819

メクラ蓋を外すと+ビスがありますので2つ外すとメインのカバーがごっそりハズれます。
フィルターがまだキレイなのが見えます

Img_1821

一方エバポレーターが丸出しになりました。何回かはフィルターを外した時にエアコン洗浄スプレーを使ってホコリを取っていましたが、もうほこりはこびり付いてスプレーごときでは、落ちにくくなっていました

Img_1822

ドレントフラップモーターユニットがひとつになった部品も外します。
エバポレーターの上側にはサーミスタも見えます。
冷たい冷媒はこの銅管だけを流れます。で、冷媒の管に触れるアルミのフィンの隙間を空気が通って冷たい空気に変わるのです。しかしこれだけ汚いと、フィンのスキマを通る風が少なくなり、エアコンが効かなくなると。

Img_1823

フラップの配線は操作しやすいように基盤が自由に出し入れできるようになっています。

Img_1826

ドレンを外す時に引っ掛かりがあるので壊さぬよう注意が必要です
上側にシロッコファンが写っていますが、すさまじいホコリの権化です。
これならアレルギーにもなるわな。
このシロッコファンが部屋の空気を上面から取り入れてフィンを通して冷たくなり、下側から冷気を出す仕組みなので、このファンの役割は相当大きいはずです。
でも完全に目詰まりしているので、部屋が冷えない主原因はこれでしょう

Img_1828

エバポレーターが完全にあらわになりました。フィンにそってタワシやブラシでホコリを取ります。しかし暑いです。エアコンの洗浄業の方の苦労が分かります

Img_1831_2

フィンは結露し、濡れていますので、それそうなりの対策を施して挑まないと、部屋が汚れます。
ちなみにフィンをキレイにするタワシはこんなものを使いました。

Img_1834

シロッコファンはここまでキレイになりました。画像がありませんが、エバポレーターはある程度外れてフリーになりますが、当然後ろ側は配管があるので外れません。
でもシロッコファンはほとんど外れたのですが、モーター側がどうしても外れず、完全に取り外して洗浄することは諦めました。

Img_1832

あとは外した部品を組み上げて、元通りにしていきます。

Img_1833

途中、ドレンを組んだら、漏れのテストを兼ねて、洗浄スプレーでフィンをキレイにしてみます。

Img_1836

結果は上々で、再び寒いほどの冷気を出すことができました。
エアコンの風は、ただ冷たいだけでは部屋を冷やすことができず
一定量の風量があることが重要になることを再認識しました。

2017年8月 5日 (土)

166の整備その1

外見は恐ろしくきれいですが、下回りはもうひとつ残念な状態です。
まずはマフラーから。

Img_0541

北のほうにあったクルマなのでしょうか、結構サビがひどいです。
特にテールパイプには大穴があいています

Img_0170

ですので交換しますが、工場の部品取りから外します

Img_0171

166になると基本はフランジ結合ですね

Img_0173

それを取り替えます

Img_0233

交換はたまたま工場の部品取りについていたヒートマジックのチタンマフラー(!)になりました。ネットのラインナップに166が無かったので、きっとワンオフで作ったのでしょう。軽い軽い!

Img_0230

続いて、足回りのブーツ切れ

Img_0177

FF車には宿命のドライブシャフトブーツ切れ。アルファはまず、車上でアウター側のブーツ交換に成功したためしは無く、ドライブシャフトを外して作業します。
今回は足回りの交換もありますので、気兼ねなくどんどん外していきます

Img_0193

アブソーバーも

Img_0195

ハブやスタビリンクもぜーんぶ

Img_0196

最後にドライブシャフト。簡単においてありますが、10mmのヘキサゴンでガチガチに止まっています。どれも難儀な作業ばかり。

Img_0198

ああ、あとこれ。ステアリングラックブーツ

Img_0217

タイロッドには異常がないようなので、ブーツを交換します。

Img_0219

Img_0220

ハイッ!

C1czztouuaa6pbn

キレイになりました。

Img_0221

シャフトブーツは後ろから交換。

Img_0224

はい!

C1czztouuaa6pbn_2

キレイになりました。

Img_0236

念力で自動車整備が出来たら楽なのになあ・・・

2017年8月 4日 (金)

自動車エアコンの修理 原因打破!

僕の166、長く抱えたエアコンのトラブルを一掃するべく改造に着手しました。

Img_1740

僕のは汎用の2つの電動ファンが回るタイプに換えたのですが、止まっているときのコンデンサーの冷却力はいまひとつで、日なたに停めて置いて車内を冷やすのにも、もうひとつひえが悪い状態でした。

エアコンで、夜間や外気温が低い時には冷たい空気が出て、外気温が極度に高いときに冷やせないと言う症状は、明らかにコンデンサーを冷やせていないのが原因のケースが殆どです。あとは冷媒の入れすぎで、高温で圧力が上がりすぎてエアコンの冷媒のサイクルが止まってしまうなどもありますが・・・

Img_1730

で、アメリカから輸入したツインファンは20Aを消費し、燃費や自動車の基本性能に影響を及ぼします。でも涼しければいいかと でも羽の枚数とか形状とかでずいぶん違うみたい。それなりの風車がそれなりのスピードで回れば大丈夫なものかと思っていました。

Img_1733

でもこのファンはどう取り付けても小さすぎで、やがて良い物を手に入れようと思っていたところに。166の後期用の純正ラジエターファンを手に入れました。
後期は前期の反省からか、大きなシュラドになっています。前期はスケルトン状で冷やし力に不安が残ります。

Img_1741

こんなに大きさが違います。しかし、ラジエターと同じサイズのコンデンサーがついて意いる訳でもなく、オイルクーラーが縦と横にそれぞれ付きますので、コンデンサーの大きさはほぼツインファンぐらいかと思います。

Img_1732

中古なので念のためにブラシは点検しておきます。
大丈夫なようです


Img_1736

ああ、ピンボケですいません

Img_1739

ところがこの電動ファンすんなりは付いてくれないのですねえ。166のラジエターは何箇所かビスを入れる部分があるのですが、どれにも合いません。結局ステーを作ったりしてどうにかくっつけました。

Img_1747

効果の程は、苦労を補って余りある寒さです。
低圧管の汗のかき方、触った冷たさで分かります。

Img_1784

エバポレーターから見る見る水が落ちてきます。うれしいですねえ

Img_1790

しかし・・・ 一方で残念なことも
電動ファンは2速でして、一段目はドロッピングレジスターで回転を制御しています。
1速でもうこの電流。そして水温も上がって全開になると?

Img_1786

Img_1788

起動時33A、平時30A・・・ 以前のツインファンより電力を消費しています。
しかも10Aも(涙)

Img_1789

これだと確実に燃費が落ちます。得るものあれば失うものもあります。
easy come easy go です。

しかし、みんなこんなに消費電力大きいの??








2017年8月 3日 (木)

アルファロメオ166の車検整備

久しぶりに登場の166.
1ヶ月ぶりに新しいオーナーに渡すために
車検とその付随する作業を行います。

まずは整備の内容決め

Img_0165

笑っちゃうくらいビリビリに破れたステアリングラックブーツ

Img_0168

これまたわらっちゃうくらい穴の開いたリアマフラー

Img_0171

ドライブシャフトブーツアウターの破れ

Img_0176

しかもご丁寧に反対側も

Img_0177

パーキングブレーキの片効きも調整します。

Img_0182

もちろんエンジンオイル、ブレーキフルード、ファンベルトなどの交換や点検も行います。
ここまでが、車検整備

あとはその他整備。
なぜか取り付けができないライトレベライザーのアクチュエーター

Img_0169

ショックアブソーバーやサスペンションアーム類、スタビリンクの交換

Img_0227


納車のスケジュールを優先するためにタイミングベルトの交換は夏休み明けとしました。
詳しい整備の模様はまた次回。









ウソのようなホントのハナシ

先日、8月2日午前2時2分頃に地震がありました。
慌ててテレビをつけますが、こんな時はNHK。お金を払っていますからすぐ情報が飛び込みます。
間もなくアナウンサーが何事も無かったかのようないでたちで、まるで準備をしていたかのごとく正装で「ただいま地震による揺れを感じました」
と報道し始めます。
彼らは最初から準備しているのでしょうか?
でも思えば、不思議な事は結構あるもので・・・・・

昔、僕が勤めていた頃、イスズスポーツの近くには’ベントマン’なるお弁当屋さんがありました。
電話で注文を受け付けていて、毎回メカニックのチームみんなで5-6人分を注文していました。会社からクルマで、早ければ3-4分のところにあるのですが、どのような注文をしても、取りに行けば必ず出来ていると言う不思議なお弁当屋さんで、いつしか「宇宙人がいる店」と呼ばれていました。

最初のうちは「今混んでいますので15分後に来てください」と言われたのに誤って10分後に行ってしまって、「あのう、すいません少し早く到着してしまったのですが・・・」
すると「大丈夫ですよ、出来てますよ」と店員さん。

その後、1ヵ月の間に何度も同じような間違いがありましたが。その都度
「大丈夫ですよ、出来てますよ」と言われたのです。

他の同僚も、徐々に注文しても早く取りに行くようになってしまいました。
そこである日、「何分後に来てくださいね」と言われても、電話を切った後すぐに会社を出て行ってみました。もう明らかに確信犯なのに、白々しく「あのう、すいません少し早く到着してしまったのですが・・・」

すると・・・・

大丈夫ですよ、出来ていますよ

もはや怪談のような話し。

会社内では、ベントマンの人は宇宙人で会話を傍受しているとか、超能力者だとかうそぶいていましたとさ

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ