« Pickup garbage. | トップページ | 全力整備 »

2017年8月27日 (日)

バルケッタのHID化

バルケッタにHIDを入れる注意点ですが
そのままだとH1のバルブがうまく入りません

Img_2233

ですので、その際は加工しろと取り扱い説明書に書いてあります。
ずっと正しく優しく扱ってね と西野カナも唱えております

Img_2292

優しさなど微塵も無いエアソーにヤスリを付けたもので無慈悲に削ります。

Img_2295

切子がライト内に入りますから、ライトを分解して行います。レンズは軽く拭いておきます

Img_2296

ライトバルブのカバーはVALEOの文字などを削り落としておきます。

Img_2291

穴を開けてバルブを通す際に水分が入るのを最小限にします。

Img_2300

ライトバルブとカバーの穴は一直線になるのが望ましいですね。HIDのバルブは後ろ側が長いので、車種によってはぶつかります。

Img_2299

押さえのスプリングは後から入れます。スプリング鋼なので多少無理しても平気です

Img_2302

出来上がり。

Img_2303

平成10年10月までのクルマなら車検は最初からハイビームなので、ロービームは完全に作り変えても平気です。

Img_2265

でもライトウオーニングはいけませんが・・・

Img_2321

すごく長く預かったバルケッタも納車の時が近づきました。

Img_2322

こういった恵まれたオーナーの元にあるクルマは良いですね。
長く愛されることになるでしょう

« Pickup garbage. | トップページ | 全力整備 »

フィアット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バルケッタのHID化:

« Pickup garbage. | トップページ | 全力整備 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ