« 関越道の旅 | トップページ | 365歩のマーチ »

2017年8月21日 (月)

トヨタプリウス ZVW50系

期せずして今年の外出のアシになった最新型のプリウス。強面がいかにも最近のトヨタらしいデザイン

Img_2084

普段、新しいクルマには無縁なMPIで、最新のクルマに乗って出かける事とはこれいかに。
平成28年登録で19000km。申し分の無い内容です。
面白いのが、このクルマ、Sグレードでニッケル水素電池車なんです。レンタに使う目的なので、リチウムイオン車より安いのが理由みたいです。

圏央道から関越の渋滞に入る時でも

Img_2074

レーダークルーズ付きで停止状態でもクルーズコントロールが機能します。
しかし、このクルマのメインブレーキは回生ブレーキなので、基本的に止まる時にキャリパーを動かすのですが、やはりかっくんブレーキになります。
実際に運転していてもブレーキペダルを踏んで回生ブレーキで減速し始めますが、少し慣れないとキャリパーに変わった瞬間少し強めに効きすぎてしまいます。

Img_2075

それでもエンジンのかかる音やタイミング、かなり30系より進化を感じます
街中でのドライブの際のバカ静かな走りは、正直なところクルマってコレで良いのか?って思っちゃいますね


大人3人乗車でも申し分ない走りですが、サスペンションのつくり安っぽさには、ほとほとため息が出ます。どうしてこんな乗り味になってしまうのか?
明らかなサスペンションドライブの要領不足で、搭乗者には全く思いやりのない乗り味で、なんともひょこひょこした細かい揺れは、クルマに酔う子供さんには良くないんではなかろうかと思います。その割りに段差の入力には弱く、脊髄に突き抜ける硬いサスペンションの組み合わせは、サスペンションと言うより、ゴムブッシュの乗り味と言うほかありません。
Img_2086

しかし特筆すべきは自然渋滞でのレーダークルーズの走りです。高速道路の自然渋滞は完全に止まるより、とまりそうになってまた少し走り出したり、ダラダラ不安定な速度で走ります。

Img_2167

その際は前が走れば、自然な加速で走り出し、前のクルマに追随します。止まりさえしなければ、前に書いたようなかっくんブレーキもありませんし、車間距離も3段階から選べます。

あくまで完全に止まらなければです。だるまさんがころんだ状態になるとさすがに同乗者から文句がでそうです

ただ、車線逸脱防止システム(LDW)は完全にオマケです。到底役に立ちません。車線から外れる時にピーと警告するだけで、ハンドル支援など雰囲気だけです。

Img_2076

さて、2ZRエンジン。面白みも何も無いエンジンです。ただついているだけ。
でも、必要にして十分。人間や荷物を目的地まで運ぶには十分です

起動用バッテリーがエンジンルーム内に来たのは良いですね

Img_2170


Img_2171

そして、このクルマの中で最も失望するのがシートをはじめとする内装です。
グレードにより違うのかな? ヴィッツの内装を感じさせる超プラスチッキーなドアトリム。商用のバンにも劣る質感の悪さです。

また、どんな体をした人が喜ぶのであろうかと言う感じのシート。ちゃちでお尻も腰も痛くなります。

Img_2175

また軽バンのリアシートなみに居心地が悪いリアシート。ペラペラで硬質なシートで、全くリクライニングが無い上に、ヘンに突き出たヘッドレストが、搭乗者から生気を奪います。

これは犬も嫌がるレベルのシートかもしれません。
総じて日本車のシートは出来が悪く、乗るたびにがっかりするわけですが、もう少し良いイスにできないものなんですかねえ?

Img_2177

まあ、それもこれも、車体重を減らして燃費をよくするためなのですが、驚異的な燃費です

Img_2180

316.4km走って12.91L! すげー!24.50km/Lです。20Lで京都に行けてしまいます。
すごい燃費。ニッケル水素なのに。でもニッケル電池は実績がありますからねえ

Img_2178

でも僕こんなクルマ、いらな~い

« 関越道の旅 | トップページ | 365歩のマーチ »

国産車」カテゴリの記事

コメント

私も電気自動車は欲しくないなぁ。テスラモデルSにはちょっと乗ってみたいけど、やっぱり回した時のエンジン音がしびれる車がいいですねぇ。
都合がつく時でいいのでオイル交換とATF交換よろしくお願いします。あとエンジン始動すると、次回の点検期日まであと◯◯日ですみたいなメッセージが出るんですけど、これって消せますか?

長く輸入車に乗ると国産車のシートのできには辟易しますね。特にイタリアやスウェーデンのクルマはシートの出来がよいように思います。
EオイルとATFの交換、メンテナンスリセットの件、了解しました。来週かなあ?

連絡お待ちしております。
確かにシートの出来は全然違いますね。
今回、青森まで8時間を超える長距離ドライブに連れ出しましたが、長時間連続運転でさすがに帰りに首は痛くなったものの、腰は全く痛くならない。ポルトローナフラウ製シートは見た目の豪華さや革の質感だけでなく、疲れないという車のシートの基本をしっかり押さえていますね。

アウトビアンキA112は、現代のクルマの基準で見ればアレでしたけど(笑)、
下道4時間を運転しても疲れませんでしたねえ

国産メーカーでも、輸出モデルはシートの作りは良いのでしょうか?
陸をかっ飛ばす人々が市場相手ですから…⊂((・x・))⊃

いたきちさん、こんちは
輸出されるクルマって、ほとんど国内で作ってないんじゃないっすか?
現地生産が多くて。アジアなんかはかわらなそうだけど、北米のクルマは違いますよね。なんかソファアみたいなの。
だから、レカロ付きの様なやつが無いみたい。

今年はブリジストンはVRXの新型がでますぜ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トヨタプリウス ZVW50系:

« 関越道の旅 | トップページ | 365歩のマーチ »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ