« レンジローバースポーツの修理 | トップページ | かぜひいちゃった »

2017年7月29日 (土)

3ピンの故障診断コネクター

ちょっと以前のクルマの記事ですが。バルケッタのメーター取り付けの図

Img_1127

主なコネクターは3本。+排気温度センサー1本

Img_1128

コネクターやフィルム基盤に異常がないかチェックしてから取り付けます

Img_1129_2


Img_1130

接点復活剤を軽くスプレーします。

Img_1154

この自動車はステアリングホイールを外して作業するので、エアバッグの取り扱いに注意が必要です

Img_1131

一通り入りました

Img_1132

メーターCompを取り付けて

Img_1139

ステアリング

Img_1141

エアバッグと戻します。

Img_1144

そしてバッテリーの端子を入れてキーをMARにすると・・・
あれ?エアバッグランプが点いています
ひょえ~

Img_1156

3ピンカプラーの自己診断コネクターはなかなか難しくて、消すことができません。
仕方なく地元ディーラーにお願いするも消すことができませんでした。

Img_1226

ディーラーは常に最新の機材、ソフトで修理に臨むために、古いものがないがしろになってしまう場合があります。それはディーラーがいけないのではなく、古いものは取り残されるのは運命なのでもあります。古いクルマに乗る者の定めとしか言いようがありません。

しかし、昨今の車検ではこのマークが点灯していると車検を合格することができなくなってしまいました。

でも安心してください。Kラインを見てうまくアクセスすることができました。

Img_1260

そしてエラーコード(警告灯)を消すことができました

Img_1258

もうこれで3ピンに泣かされることはありません。
エアバッグランプでお悩みの方、その他3ピンのプロトコルでお悩みの方、連絡ください。
145 146、155、176プント、ランチア、ご相談ください。

« レンジローバースポーツの修理 | トップページ | かぜひいちゃった »

フィアット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593247/65518331

この記事へのトラックバック一覧です: 3ピンの故障診断コネクター:

« レンジローバースポーツの修理 | トップページ | かぜひいちゃった »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ