無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ

« バルケッタのシフトノブの取替え | トップページ | 155のV6エンジンの修理 組み立て編 »

2017年7月 4日 (火)

バルケッタのスピードメーター修理 再修理編

今日、仕事の帰りにいなげや所沢西武園店に買い物に一人で寄ったら、4-5歳くらいの男の子を連れたおかあさんが、なにやら僕の向かう方向で、僕の乗ってきたクルマの方を見ながら、「あれなんてクルマか聞いてみなよ」と、なにやらかわいらしい男の子にけしかけています。

ぼくがどんどん進んでいくと、そのおかあさんが、「あのう、あの自動車はなんて言うクルマなんですか?」と話しかけてきました

ぼくが、フィアットバルケッタと言うイタリアのクルマなんですよ と。
あー、なるほどフィアットだあ、とおかあさん

Img_0395

かわいらしいおかあさん子供さんはオープンカーが大好きだそうで、将来有望ですね。
ちなみにおかあさんも詳しい感じでしたが・・・ エンスーなご家族??

そう今日、僕、バルケッタを試運転しておりました。
ついにメーターが戻って来たのです。

Img_1119

なんだかエアバッグランプも点いてしまいましたが。

Img_1120

原因はやはりトランジスタでした。どういった背景で直ったかはここでは絶対に書けません。なんかの折に直接問い合わせてください

Img_0520

で、トランジスタを点検します

Img_1030

最近鈴木パパに教えていただいた、超便利グッズ。ESRメーターです
下の絵をクリックすればアマゾンに直リンできますが、その値段の安い事ったらあんた・・・

こんな便利なものが1000円するかしないかとは

Img_1034

でコレにトランジスタを挿してスイッチを押すと

Img_1036

こんなに丁寧に教えてくれます

Img_1035

NPNトランジスタです。
エミッタ1番、コレクタ2番、ベース3番あとは4番掛布、5番岡田・・・

Scan

点検方法は以下の様

Image3

B(3)に赤棒、Cに黒棒 導通がありません!

Img_1042

コレクタに赤棒、ベースに黒棒で導通が出ます。ひっでえなあ

Img_1041

逆はなし

画像はありませんが、エミッタからベース間も導通が完全にありませんでした
ダイオードが原因で完全に瓦解しています

ついでにE-Cには導通なし

Img_1043

逆もなし
撮影者が目的を理解していないからピントがメーターに合っていますが、プローブはE-C間を当てています

Img_1044

ついでに工場にあったD級アンプ用のFETをくっつけると

Img_1046

すっげー! 超便利。

Img_1045

Kさま、すいません。直ってしまいました。

« バルケッタのシフトノブの取替え | トップページ | 155のV6エンジンの修理 組み立て編 »

フィアット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593247/65490731

この記事へのトラックバック一覧です: バルケッタのスピードメーター修理 再修理編:

« バルケッタのシフトノブの取替え | トップページ | 155のV6エンジンの修理 組み立て編 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30