無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ

« ピザでも食べに行きませんか? | トップページ | ぶっとびー »

2017年7月16日 (日)

フォルクスワーゲンビートルのフロア張替え

もうだいぶ前ですが、反対側のフロアは張り替えました。結構大変でした。
大変な作業は夏までに終わらせないと大変な事になると、思い続けながら一番暑い時期までずれ込んでしまいました。

はやくも車検が来てしまい、この時期にフロアを張り替えなければならなくなってしまいました

Img_1306

よ~し、やっぞ。

Img_1307

と、思ったのも束の間。やる気スイッチもろとも蒸発してしまいました

Img_1310

さて一見どうにかなりそうなフロアですが、手をつけていない手前側は

Img_1308

なんだかすごいことになっています

Img_1354

もう自動車の部品ではないのまで挟まっています。

Img_1352


一通り剥がすと完全に下が見えています。

Img_1358

かくなるは交換より道はありません。

Img_1357

おのれ、フロアを語る不届き者。切れぃ、切り捨て~い!

Smile1

あえなくエアソーの餌食になりさっぱり切り落としました

Img_1359

ついでにマスターシリンダとPバルブを繋ぐブレーキパイプもぶったぎってやりました。

Img_1360

再びギャングセブンのクルマになりました
動力、人間。

Fig09c1

なんか空飛んでるみたい

Img_1374

ビートルはフレーム車なので、いかなる無理な体勢で交換作業しても大丈夫なのです

Img_1362

シートレールの下はミルフィーユというかパイのよう

Img_1363

サンダーでスポット溶接部分を捜し出してドリルで削ります

Img_1370

今の自動車のようにコンピューターで安全性を割り出して作られているクルマと違い、鉄板の厚さとスポット溶接をたくさん打つことで強度を確保していたようなので、いっぱいスポットをもみます。

また、反対側はフレームとボルトで止まっているので、ボルトを外して、密着している部分をはがすために、「聖なる油圧ラム」でフレームから引き剥がします

Img_1388_2

聖なる油圧ラムで攻撃すればこの通り、簡単に引き剥がすことができます

Img_1387

こんどは完全に除去できました

Img_1394

切り離されたサビの塊ども。

Img_1392

そして、新しいパネルはなぜかエンジ色。
プラグ溶接するための穴をパンチャーで開けて、溶接に備えます。

Img_1398

で、クルマにくっつけるとこんな感じ。

Img_1399

ちょうど良い感じですねえ。

Img_1400

やったねパパ、明日は溶接だよ!

Maxresdefault1

« ピザでも食べに行きませんか? | トップページ | ぶっとびー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593247/65541784

この記事へのトラックバック一覧です: フォルクスワーゲンビートルのフロア張替え:

« ピザでも食べに行きませんか? | トップページ | ぶっとびー »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30