« 高温に関する話 | トップページ | 3ピンの故障診断コネクター »

2017年7月28日 (金)

レンジローバースポーツの修理

リアバンパーの修理で預かったレンジローバースポーツですが、フェンダーのキズも消すことになっています。

Img_1375

毎度やることは同じですが、アルミボディは少々手間がかかります

Img_1376

エッチングプライマーを入れて

Img_1380

サフェーサーをいれまっす。

Img_1382

で、研いだり、足付けしたり、マスキングしたり塗装準備を進めて
結局、結構な高温下での塗装となってしまいました。

Img_1655

塗料そのもは極少なめ。ただ、このクルマは何度か塗装していますから、その時に塗った色が車両の前後若干違っていて、どこをどのように塗ったかデータがありますので、それに従って調色します。つまりリアバンパーを塗った塗料とは違う調合の塗料で塗ります

Img_1657

盛夏用シンナーでぼかします。

Img_1656

ガンは毎度同じJet5000HVLPと3000RP

Img_1661

こういう塗装色のスポットでのぼかしは以外に難しいものです

Img_1659

暑い中、おっさんが頑張ります

Img_1663

トマリ(隠ぺい力)が悪い(弱い)ので何度も塗り重ねます

Img_1667

さらにおっさんが頑張ります

Img_1664

いい感じにぼけてきました。エッジマッピングと呼ばれるサフェーサーや下地塗料のキワが出ることがありますが、中間でのセッティングタイム(乾くのを待つ時間)をしっかり置けば、クリアーを入れる際に消えます。

Img_1669

Img_1671

止まるまで何度も吹きます

Img_1676

カラーベースを塗り終わったらクリアーです。

Img_1680

キレイですねえ

Img_1681

あれっつ?でもこれって部品をマスキング・・・・

Img_1686

ええーい みなまで言うな!

99b342cb45278b631c44321a915bba25

時には大人の事情があるのじゃ。

Img_1678

こうして所沢の夜も更けていくのでした・・・

« 高温に関する話 | トップページ | 3ピンの故障診断コネクター »

ランドローバー レンジローバー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593247/65588530

この記事へのトラックバック一覧です: レンジローバースポーツの修理:

« 高温に関する話 | トップページ | 3ピンの故障診断コネクター »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ