« アルファロメオ156GTAのタイミングベルト交換 後編 | トップページ | レンジローバーの修理 »

2017年7月24日 (月)

ランチアムーザのオイル交換

やっぱりすごいデザインのランチアムーザ
今回はエンジンオイルとT/Mオイルの交換でお預かりです

Img_1618

下から見るとエキゾーストの遮熱板が2つ見えるようです。
片方はデュアルロジック、いやDFN うーんつまりロボタイズドトランスミッション。
平たく言うとセミオートマです。

Img_1585

カバーを外すとタンクがあらわになります。

Img_1588

もうセレスピードって書いてあります。このタンク、変にえぐれたカタチになっているのですが

Img_1589

そこにミッションオイルのオーバーフローさせるドレンが付いています。考えられていますね

Img_1592

抜くのは下側のドレンですが先に入れるところを確保しないと、いきなり抜いて入れられなければ大変な事になります。

Img_1594

抜いた廃油を何リットルあるか確認します。
むちゃくちゃアナログですが、これが最も確実な容量の確認方法になります

Img_1598

1.5Lぴったりですね。

Img_1599

で、次は75W-90のギアオイルを用意して、でかい注射器で入れていきます。
約2Lを入れてドレンからこぼれなくなるまで待ちます。

Img_1601

シールテープを巻いて取り付けます。

Img_1596

続いてエンジンオイル。こちらは出た分を見ると1.2Lしか出てきません。

Img_1602

どうもこのエンジン(ファイアユニット)はエンジンオイルを結構消費するみたいですね。
この1.4のファイアユニットはさまざまな車種に使われていますから、エンジンオイルのチェックはマメに行いたいものですね

Img_1604

長く使われるエンジンです。

Img_1608

最後にメンテナンスリセットとDFNの調整をしてお返しです

Img_1616

OBDソケットはおなじみに場所です

Img_1617

« アルファロメオ156GTAのタイミングベルト交換 後編 | トップページ | レンジローバーの修理 »

ランチア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ランチアムーザのオイル交換:

« アルファロメオ156GTAのタイミングベルト交換 後編 | トップページ | レンジローバーの修理 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ