« 成約御礼フィアットプント | トップページ | ランチアムーザが来てくれました »

2017年7月 1日 (土)

車検だけどエアバッグランプ消しとく?

2台次々に車検でお預かりしました

おなじみな155と

Img_0982

155はこれまで何回も整備させていただいていますので、よく知っている個体です

そして、もう一台156です。今までずーっとディーラー整備の箱入り整備で、今回から僕の工場での整備にしていただけるという、ありがたいクルマです。

Img_0979

この156はワゴンで、GTAで、セレスピードで、右ハンドル。そして抜群のコンディション
そりゃ21000km! クラッチジャダーもほとんどナシ

Img_0973

すばらしいドライビングフィールです。2.5とは700cc、僕の3.0とはわずか200ccなのにぜーんぜん違うフィーリング。詳しくは知りませんが、エンジンの造りが違うの?

少なくともカムプロフィールが違うのは知っていますよ。ロックするSSTが違いますから
後は、インジェクションの味付けやスロットルの味付けは違いそうですけどね

とにかく3.2Lだけはあまりに違う。あ、でも3.0のMTの166とは近い感じ。GTVの3.0も近い感じ。GTVのハンドル切れなさ加減はカッパのに近い感じ。そりゃどうでもいいか

それはさておき、このクルマ、残念ながらエアバッグランプの点灯があるようです。

Img_0974

イモラレザーの助手席のシートを後ろにざーっと下げるとランプが点灯するようです、とはユーザーの弁。

Img_0986

診断機上にはサイドエアバッグの異常を示すメッセージ。おそらくこれは抵抗値が高すぎと言いたいのでしょう。交換部品の値段が高すぎて警告灯を点ける訳ないですからねえ

Img_0990

で、ユーザーさん曰く、シート下のコネクターをよしよしすると、ランプが消灯するとかで、おまじないをかけますが、僕のよしよしでは言うことをなかなか聞いてくれないようです

Img_0987

で、シート外しますて、コネクタを点検。
特に異常は無いんです

Img_0992

ためしに抜いてみると、当然・・・・

Img_0991

にぎやかですね、
すると、エアバッグには導通があるが、なんらかのジャマ(抵抗)があるのでしょうね。
ところが、コネクターを戻したら、警告灯が全く点灯しなくなりました。

Img_0993

Img_0994

今まで何度となくディーラーでエアバッグのコネクターの作業をしているとの事なので、おそらく接点復活剤を吹き付けて、このように一時的に出なくなっているのかもしれません。しかしやがて何らかの緑硝みたいな伝達を遮るような膜が出来て通電状態が悪くなるか・・・

そうじゃなかったら、サイドエアバッグの爆薬内の通電状態が何らかの理由で悪くなったかでしょうね。

先に言っておきますが、だからと言ってエアバッグの抵抗値などは絶対に測ってはいけません。本当に爆発する可能性があります

テスターは微弱電流を出して導通など見ていますから、場合によっては作動してしまうのですよ。

どうしようかな? 一応、コネクターを作り直しておこうかな?

« 成約御礼フィアットプント | トップページ | ランチアムーザが来てくれました »

アルファロメオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593247/65473864

この記事へのトラックバック一覧です: 車検だけどエアバッグランプ消しとく?:

« 成約御礼フィアットプント | トップページ | ランチアムーザが来てくれました »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ