« う~ん | トップページ | ランチアムーザのオイル交換 »

2017年7月23日 (日)

アルファロメオ156GTAのタイミングベルト交換 後編

先日より大掛かりな車検整備を実施中のGTA SW。ここまでの作業については7/10の記事を参考にしてください。
今回はタイミングベルト交換の後編です

Img_0012

もはや同業者からもお電話を頂くのですが、やはりイタフラ車のタイミングベルト交換は難易度が高いというか、敷居が高いというか、慎重さと忍耐力が試されます

どんどん分解を進めていきます。ウオーターポンプを交換するには黒いバックプレートを脱着しないと交換できません

Img_0090

スプロケットも取り出すだけで難儀します

Img_0092

写真のようにカム側にはキー溝があるのですよ・・・でもテーパーで、スプロケットにはなにもありませんから、なにも知らずに手を出すととんでもないことになります

Img_0095

バックパネルを外して、ウオーターポンプの交換ですが、ここでもひと手間かかります 

Img_0096

結局、バックパネルを外さないと、下の画像のウオポンのフタが外れません。ふたにパイプが入っていますので、ふたを取らないとウオポンが取れません。

Img_0099

しかし、ウオポンに入っているパイプは反対側のサーモスタッドケースに入っているので、そこのOリングの交換も必要になります。ですが見ての通りスキマが殆どありません

Img_0101

どうにか前後のOリング4本を交換しました

Img_0104

新しいOリングを入れて

Img_0106

ポンプを組みます。

Img_0110

美しい機械美です。

Img_0114

たくさんのボルトや部品を外して作業するのです

Img_0115

一気に作業が進んでベルトも張りまして、今度こそ慎重に1番のピストントップを出します

Img_0117

E君がクランクプーリーを回して僕がトップをマイクロメーターで確認します。何度も何度も繰り返して、ぴったりなところで各ボルトを締め込みます。

Img_0119

カムのスプロケットは約8kgちょっとで締めます。意外にトルクは低いですね。エンジンは逆回転しないしアルミ製だからいくらか締まっていくのかな?

Img_0122

場所によっては工夫しないとトルクレンチがうまく届きません

Img_0126

出来上がれば、どんどん組み付けです

プラグ6本。

Img_0128

もちろんプラグホールG/Kも交換

Img_0132

I/Gコイルも6本交換。これが熱で一番やられやすいです。アルファのV6は大変な熱量で、ラジエターの電動ファンも2つ付いています。166なんかはひとつなのですが、後期からは2つのファンになるようです。

Img_0135

贅沢な整備も完了し、車検に行きます。

Img_0138

V6は部品点数も多く、また手間もかかります。専門的な工具も必要ですし、なにより技術と経験が必要です。みなさんもよく考えて作業に出した方が良いと思いますよ

« う~ん | トップページ | ランチアムーザのオイル交換 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルファロメオ156GTAのタイミングベルト交換 後編:

« う~ん | トップページ | ランチアムーザのオイル交換 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ