« 裏の裏はただの表だったりして | トップページ | 新しい工具と工賃の話し »

2017年6月13日 (火)

エアバッグ取り外し、いろいろあります

先日、アメリカを横断してやってきたマセラティのハンドルですが

Img_0277

真ん中はワインっぽい色なので、本人の希望で黒く塗りまして

ぐっとそれっぽくなりました。ちなみに僕らが使う塗料は顔料ベースなので、革に塗装はできません。(塗装してもパリパリはがれてしまいます。)そこで、これもトータルリペア輝々さんにお願いいたしました。彼らは染料ベースの塗料を使うのです。

Img_0477

どうです、かなりそれっぽいですね
で、元のハンドルを外すわけですが

Img_0480

エアバッグはたいがい、ハンドル裏側にサービスホールがあって、そこからトルクスやヘキサゴンのボルトで止まっているのですが・・・

Img_0481

このクルマはやけに奥にサービスホールがあります。コラムカバーを外さないとアクセスできません。

Img_0483

真正面なのでなにやらボッシュのラベルが目に入ります。

Img_0486

見難いので反転すると

Img_0485

メイドイン・オーストラリアと書いてあります。オーストリーではなく南半球にあるあのオーストラリアです。なぜかマセラティはオーストラリアが好きな印象で、前のモデルのクアトロポルテはBTRなる今は存在しないオーストラリアのATメーカーのものを使っていました。

Img_0485_2

しかしですよ、ここからが大変だった。
このエアバッグ、ビスやボルトでなんか着いちゃいません、スプリングピンで引っかかっているだけなのですが、外すのが難しいったらありゃしない。たしか、BMWかなんかも同じような違うような。

明るいうちにはじめたのに、あたりは暗くなるくらいで、どうにか外せました。

Img_0527

この小さな穴からドライバーを突っ込んで外すのですよ

Img_0528

ハーネスを外します。

Img_0529

すごい立派な鋲です。

Img_0530

往年のジューダスプリーストみたいです

1a3bd7453b83464080fc4d8be6203447

まー、交換しないと帰れなかったので、一安心でしたが、もう2度はやりたくないですね
それほど大変でした。

Img_0532

ステアリングスイッチの点検の為に通電しますと
まあ、エアバッグランプも点いちゃいますがやむなしです。

Img_0535

苦労の末に取り替えたハンドル。かっこいいですねえ。
苦労の甲斐がありました。

Img_0536

明日試乗してハンドルセンターに狂いがなければ、エアバッグをはめて、コーティングです

« 裏の裏はただの表だったりして | トップページ | 新しい工具と工賃の話し »

マセラティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593247/65408323

この記事へのトラックバック一覧です: エアバッグ取り外し、いろいろあります:

« 裏の裏はただの表だったりして | トップページ | 新しい工具と工賃の話し »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ