« 新・スピードメーター修理 | トップページ | 信号の可視化 »

2017年6月21日 (水)

部品の錆取りと処置




作業中のフィアットバルケッタ(オレンジ)
オーナーたっての希望で、バッテリーキャリアの錆取りをします。

Img_0454

こういったでこぼこの面の錆取りにはサンダーみたいな回転ものでは効果が低く、ブラストが効果的です。

Img_0455

バイクのフレームなどもそうですが、ブラストはブラスト加工研究所に送ります
http://www.mars.dti.ne.jp/~jbr/

かつて、直圧式のブラストなどもやりましたが、結局装備の大きい外注先にお世話になった方が早くて安いです。
そして完全にベアメタルで帰ってきます。

Img_0559

すばらしい出来ですね。

Img_0560

完全な丸裸ですから、防錆の下地から参ります、
左のエッチングプライマー、ウエットオンウエットでエポキシプライマーサフェーサーを塗布します

Img_0563

プライマーですから染めるまで吹くのではなく2周りすればOK

Img_0565_2

さらにエポキシサフェーサーを載せます

Img_0567

そこに黒入れて、クリアーです。
ピカピカです。ツヤ有なんです(笑)

Img_0608

これでずっと心配ないでしょう。

« 新・スピードメーター修理 | トップページ | 信号の可視化 »

塗装関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 部品の錆取りと処置:

« 新・スピードメーター修理 | トップページ | 信号の可視化 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ