« アルファロメオ156GTAの修理 実践編 | トップページ | 奥多摩 旧車会に行ってきました 前編 »

2017年5月20日 (土)

もう少し考えればいいのに

ちょっと考えれば分かりそうな事ですが、意外に気が付かないなんてことは結構あります。

僕の家も、となり同士の部屋の扉が互いの方向に開くので、両方開けるとドア同士がぶつかってしまいます。設計段階では気が付かず、建てている人も気がつきそうですが、そのまま完成してしまったようです。

記憶が正しければ、かつてクライスラーボイジャーの初期の型は、ドアミラーがフロントドアより前のピラーについているために、ドアミラーを畳んだ状態でドアを開けると、ドアミラーがドアにあたりもとの位置に戻ってしまうとか。

Maxresdefault


はたまたメルセデスのW638、古いVクラスも....
給油中にスライドドアを開けてしまうと、給油中のノズルやフューエルリッドにぶつかってしまうために、給油中は開けないでくださいと書いてあります。

W638


アルファロメオのV6のオイルフィルターも、そういったものの一種ではないかと思ってしまうのは僕だけでしょうか

Img_3395

アルファのV6のオイルフィルターは156に限らず、166でも難易度が高いです。
なにか近くにある部品を外さないと交換できないのです

Img_3397

美しいエンジンですが、オイルフィルターの交換にはそれなりに何か部品を外します

Img_3401

そしてフィルター交換。

Img_3409

エンジオイルはリキモリのMos2ライトドライブを使いますが

Img_3422

今まではキレイなあめ色のオイルでしょうが、今回は廃油のような色の新しいオイルを入れます。

Img_3423

これはモリブデンが入っているためですよ。
詳しくはhttp://lm-trading.co.jp/products/list.html#ml_10w_40

Img_3421

すばらしいエンジンを堪能できました。

« アルファロメオ156GTAの修理 実践編 | トップページ | 奥多摩 旧車会に行ってきました 前編 »

アルファロメオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593247/65302759

この記事へのトラックバック一覧です: もう少し考えればいいのに:

« アルファロメオ156GTAの修理 実践編 | トップページ | 奥多摩 旧車会に行ってきました 前編 »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ