« REGNO 225/45-17 | トップページ | 百聞は一見にしかず »

2017年5月30日 (火)

前略、母上様、ぜんぜん違うものが送られてきました

先日、オルタネーターの不良が見つかったオーロラカラーの166
ここまでの流れはこちらをご覧ください

Img_0210_2

作業を開始します

基本的にはベルトを外しオルタネーターを交換する、と言う作業なのですが、それがなかなか大変。

Img_0012

立派なホイールハウスライナーを外します


Img_0013

前後とも外せばベルトが見えます

先ずはテンショナーをロックしてベルトをたわませます

Img_0017

オルタネーターのボルトは1本がアイドラーの下にあるのでプーリーを外します。
もう少し考えればいいのに

Img_0021

かったく締まったボルトのアタマは13mm

Img_0022

はい外れました。

Img_0156

この段階で、B端子を外しておいたほうがなにかと便利です

Img_0160

でもね。いろんな部品がジャマで、オルタ本体が出てこないんですよ
そこでジャマーな人たちを外していきます

Img_0163

地上に降り立ちました。

Img_0164

オルタネーターが無くなった部分はこの通りエンジンオイルフィルターが丸見え

Img_0169

0123 510 095 これが純正

Img_0165

うちのリビルド品、ずいぶん違うけど大丈夫?・・・

Img_0166

端子の位置もまるで違う。

Img_0174

Img_0176

製品番号もまるで違う・・・ 世の中ではこれを間違いというのでは??

Img_0175

さらに調べてもらうと、代替品番になっていると、フィアットの何かで・・・
166では互換の確認が取れてないんだろうなあ。
B端子はどうにか付きそうだけど、L端子は全く届かない。

Img_0179

青梅の電装リビルト屋さん、これ互換があるとは言いませんよ。
むちゃくちゃ高価なリビルト品なんだからよく確認しないといけませんよ!

しょうがないので、L端子は長けることにしました。

Img_0181_2

端子をボルトで固定します。どこかシールド線っぽいような・・・

Img_0182

ビニールテープぐるぐる巻き

Img_0183

さらにコルゲートチューブで覆ってサイドビニールテープ

Img_0184

どんどん戻していきますよ

Img_0186

でも奥行きはギリギリです。良く見えない?

Img_0188

う~ん、バックパネルとオイルフィルターのクリアランスが6mmくらいしかない

Img_0192

でもこのままならぜったい接触しないので、元に戻します。余った配線は奥で結束バンド
で何かとまとめます。

Img_0194_2

ベルトを張ってエンジンをかけると絶好調!

Img_0196

どこかオルタネーターも誇らしげ

Img_0197

さっそく発電の状態をチェック

Img_0201

いいですねえ

Img_0204

イイですよ!

Img_0206_2

よっしゃ、終了!

Img_0207

これにて一件落着!

1111

でも手がギタギタになりましたとさ

Img_0211


« REGNO 225/45-17 | トップページ | 百聞は一見にしかず »

アルファロメオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593247/65349768

この記事へのトラックバック一覧です: 前略、母上様、ぜんぜん違うものが送られてきました:

« REGNO 225/45-17 | トップページ | 百聞は一見にしかず »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ