« ひさしぶりのサタ・スプレーガングッズ | トップページ | 悲しいやり直し »

2017年4月22日 (土)

ポルシェの場合

エンジンがかからなくなり、保険会社のレッカーサービスでバッテリーの不良と判断されたポルシェ996

Img_0174

原因はバッテリーが多少古いのもありますが、なんと言っても乗らなすぎが原因です。
キルスイッチをつける注文も頂きましたが、せっかくの世界の名車ですから、もっと乗れば良いのにとも思います・・・・

でも、ライフスタイルはみなそれぞれですからね。

では古いバッテリーを外して


Img_0176

新しいバッテリーを取り付けます。ACデルコのものですが、僅かに容量が大きくなっています。

Img_0184

試しにCCA(コールドクランキングアンペア)を計ります。

Img_0194

これは無負荷でバッテリーの健康診断ができますので便利です。
CCAとはアメリカのバッテリーの健全性を示す指標です。詳しくは
こちらを参照してください

Img_0195

無負荷でのテストとなります

Img_0196

規格はENを選びます

Img_0197

バッテリーのラベルを見ると、CCAはENで750となっていますので、ターゲットは750以上となるのです

Img_0199

テストはすぐに終わって結果が表示されます。827と数値は大合格ですね

Img_0198

続いて、片側ストップランプも交換

Img_0175

ポルシェというクルマは合理性の塊で、上手にいろいろな部品を取り付けてあります。今回のバルブ交換も早いったらありゃしない

Img_0177

横のボルト1本で外れます。ぱかっと

Img_0179

バルブは切れていますねえ。

Img_0180_2

12V21W/5Wのダブル球です

Img_0182

ピンがフラットになるタイプ欧州車用ですね。

Img_0183

あとはオイル交換と、ベーシックな点検に終始しましとさ

« ひさしぶりのサタ・スプレーガングッズ | トップページ | 悲しいやり直し »

ポルシェ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポルシェの場合:

« ひさしぶりのサタ・スプレーガングッズ | トップページ | 悲しいやり直し »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ