« アルファロメオ166 ドアロックの故障 | トップページ | アルファロメオ155 2.0TSの整備 »

2017年4月13日 (木)

スバルプレオ エンジン不調

いつも代車で活躍しているプレオですが、数日前からめっぽう調子が悪くてかないません

Img_0066

このプレオ、スバルの十八番、ECVTのスポーツモード付き7速(!)変速で、さらにスーパーチャージャーでかっとびます

しかし・・・ 一方で初期のCVT車にありがちな、なんとも運転しにくいフィーリングにどうしたもんじゃろのーと思っていたところに、ウチの塗装屋が、調子悪くて怖くて乗れないというではありませんか! 

すわ、CVTがツんだか?と思い、課税時期を過ぎたところでツんでしまうとは、身分をわきまえない不届きなヤツ!と早合点していましたが、昨日乗ったらATなんてぜんぜんOKで、エンジンが突然ストールするという内容でした

試乗するとなるほどストールしまくりで、大丈夫な時はとても調子が良い感じ。

診断機を当てると故障コードは無く、Eくんは機械的故障じゃね?と言っていましたが、唐突にエンジンがストールするところを見るとクランク角センサーではないかと思っていました。Eくんが「サンバーとかカム角センサー良く壊れるよー」なるヒントもあり、カム角センサーに当たりをつけて部品を注文。

Img_0068

診断機上はいろいろ見れるようです。

カム角センサーは画像中央のグレーっぽいコネクターの部品です

Img_0067

で、ストールした瞬間の故障コードは?

Img_0069

なんと故障コードなしとは。故障してエンジンが止まっているというのに・・・

Img_0070

おのれ、インジェクション車の名を語る狼藉者!切りすてい!

Photo

そりゃ!

Img_0071_2

Photo_2

ひかえおろう!!

Img_0072

な、なんと印籠がiPodになっている、故障しているはずなんですけど~!


Img_0137

と言うことで交換したら絶好調になりましたとさ。
先日、似たような症状でクルマを買い換えたというこーちゃん。ひょっとしたらこれだったのかもしれませんよ・・・ 約4千円

しかし、なんてクルマだ・・・

« アルファロメオ166 ドアロックの故障 | トップページ | アルファロメオ155 2.0TSの整備 »

国産車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593247/65146306

この記事へのトラックバック一覧です: スバルプレオ エンジン不調:

« アルファロメオ166 ドアロックの故障 | トップページ | アルファロメオ155 2.0TSの整備 »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ