« 成約御礼 アルファロメオ159 | トップページ | モダンモデルの風 »

2017年4月26日 (水)

グランデ?プントですよ

(グランデ)プントをお預かりしました。エンジンオイル交換などですが
せっかくですから少し見させてもらいましょう

このプントは現行モデルで、グランデプント→プントエヴォ→プントに戻ったと言う面白い変遷があります。

Img_0270

FIREエンジンと呼ばれるフィアットの代表的エンジンですね。太古の昔から姿形を変えて使われているイメージです。

Img_0272

設計は古くとも今日の用途には十分な性能です。

そしてセレスピード、いやデュアルロジックです、

Img_0294

さっそく診断機を接続してちょっとしたエッセンスを加えます

Img_0287_2

一通り、診断機で作業ができるようですね。

Img_0291

クラッチのセルフキャリブレーションを行います。
セレスピードのクラッチレリーズの調整です

Img_0292

かちゃかちゃいろいろな音がして、Doneです。

このクルマはカラーコードラベルがフードに貼ってありました

Img_0280

リフトで上げてみます

Img_0302

リアサスペンションのビームはすごい形。国産は下を向いているだけか

Img_0304_2

FF車の定石サブフレームですね。下回りもまだぜんぜんキレイです

Img_0306

なんてよそ見している間にオイル交換風景を撮影し忘れちゃった
画像真ん中の青いツマミがレベルゲージです。

Img_0310

下から見るとアッパーホースからLLCが漏れた形跡があります。
今は自然治癒? 止まっているようです

Img_0308

減っていたのでLLCを足しておきます

Img_0312

しかし、かなりセレスピードもかなり進化した感があります。ギクシャク感はほとんどありません。以前なら踏み込みはじめにアクセルを戻したり、アクセルの踏み方を気を付けないとギクシャクしましたが、このクルマではほとんどありません。

でも上り坂で信号待ちをするようなシチュエーションで、ヒルアシスト機能が働かないシチュエーションでは結構困りますなあ。いすゞのトラックみたいに必ずヒルアシストが効けばいいのに、効いたり効かなかったりする時があります

なにしろこのプントは最も新しいモデルゆえ、アイドリングストップがついていて、ブレーキペダルを離せばスターターが回りますが、国産車と違いそれなりにタイムラグがあります。エンジンが停止状態から後ろに下がりながら、エンジンがかかり、前に進みだすのはトランスミッションやクラッチに負担が掛かり過ぎちゃうと思うんだけどなあ。

しかしプント、内装はイタ車らしい雰囲気です。
やっぱり僕はスポーツが欲しいなあ。

« 成約御礼 アルファロメオ159 | トップページ | モダンモデルの風 »

フィアット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593247/65200717

この記事へのトラックバック一覧です: グランデ?プントですよ:

« 成約御礼 アルファロメオ159 | トップページ | モダンモデルの風 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ