« I've got to forward come hell or high water. | トップページ | 昨日は会合 »

2017年4月18日 (火)

アルファロメオ155 ガソリン臭の修理

先日より入庫の155、ガソリン臭くてかなわん、と言うことで預かりまして、早速作業します。

矢印のフューエルホースが今回のターゲットですが、ホースの反対側はストラットタワーの下の方に行ってホースバンドで金属パイプに止まっています。

その周りがガソリンの漏れた形跡があるので、おそらくはホースの交換だけで直るのではないかと思います。

Img_01281

いきなりホースを抜いてしまうと燃圧がかかっていて危ないので、リレーを外してフューエルポンプの止めます。

でもフューエルポンプを止めただけではじわじわホースからガソリンが出てきてしまうので、燃料タンクのフタも取るか緩めるかします。この時期ですと結構出てきます

Img_0127

これがフューエルポンプのリレーです。25Aの青いヒューズが目印です。ちなみその隣はおそらく、フューエルシステムのリレーではなかったかと?

Img_0126

おじゃまむしはどんどん外します。おなじみのドッグボーンマウント

Img_0129

そのブラケットも外しますが、またいぢわるな所にボルトがあるんだ。

Img_0130_2

スナップオンの13mmセミディープソケットがぴったりで、緩めるのに大きいラチェットを使い、緩んだら小さいラチェットで回すと仕事が早いです

Img_0131

だいぶスペースが出て来ましたがまだまだ。

Img_0132

パワステフルードを抜きまして。オイルリザーバーのブラケットも外します。

Img_0134

先ほどのリレー3ケが付いていたブラケットごと外れます。

Img_0135

あとは配線だのなんだのを引っ張っておきまして、作業します。大変せまく、力が入りにくいです。
そして腰が痛いのです。

Img_0139

フューエルホースを引き直します。

Img_0138

今回はウルトの耐油インジェクション用ホースを使います。

Img_0143

インジェクション車の燃圧に耐えられないといけません。

取り外した部品を元に戻したら出来上がりです。

Img_0141

ニオイしなくなりました。めでたし、めでたし。
明日、デリバリーパイプのところのホースも交換しとこうかな?

« I've got to forward come hell or high water. | トップページ | 昨日は会合 »

アルファロメオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593247/65164037

この記事へのトラックバック一覧です: アルファロメオ155 ガソリン臭の修理:

« I've got to forward come hell or high water. | トップページ | 昨日は会合 »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ