« 地獄の家族サービスデー | トップページ | 続・BMW E87の変速不良 »

2017年3月23日 (木)

BMWE87の変速不良

えらい調子の悪い118、E87ですが、えらい調子が悪いと言ってもどこが悪いか整理して考えなければいけません。

Img_0229

IGaラシくんの訴えでは、
1.エンジンとATの通信がうまく行っていないような感じである
2.ギアが抜ける
3.リンプ(エマージェンシー)モードに入る。
4.前回、エンジンオイルの交換前に同じような症状であったがエンジンオイルを交換したことが原因で症状が全くなくなったので、油圧系の問題ではないかと。

診断機を接続して試乗してみます。修理に出した途端、全く症状が出なくなるケースもよくある話です。

しかし、今回はしょっぱなから故障全開です
危険を感じるほどです。運転した感じでは、ギアコントロールがうまく行っていない感じです。特に0kmからの走りだしでは、ガクンガクンと走ろうとしたり、加速をやめたり、だからクラッチがすべっているような感覚もありますし、むりやりキックダウンさせたような感じでもあります

診断機上はトラブルはこの通り

Img_0214

なんとEGSにはエラーが入っていません。
そうこうしていると、突然エマージェンシーモードになりまして・・・

Img_0230

同時に何故か診断機が遮断されて通信ができなくなりました。

Img_0231

同じ頃エンジンにはATのECUからの信号がない旨のメッセージがエンジンエレクトロニクスのエラーに載ります

Img_0232

ABSにも同じ内容のエラーが残ります。
しかし、一度OFFにしてから、ONにしてEGSと通信が可能になって、エラーコードを覗いてみると、そこにはなんと・・・

Img_0233

エラーなし! 自らATの制御系に問題があるからエマージェンシーモードにしたにも関わらず、問題なしとはこれいかに

再び、走り出して、今度はデータストリームで見ていると、凄いです。
ギターのTAB譜ではありません、縦は下から1速、横の軸は時間です
ここにはありませんが、各ソレノイドの動きは問題ない様子です。

Img_0237

停止位置から1速で走り出して、ギアチェンジする際に、1度5速に入れようとしています。ここでガクンとなります。

Img_0238

その後は走行状態が自然な感じで、速度がアップダウンしているのが見えます。

Img_0241

似たような状態は何度も起こりますが、↓のように速度を落としてから、再びアクセルを強く踏むと、ガクガクが続きます。瞬間的に3速5速4速をめちゃくちゃに変速しているのが見えますね。

Img_0246
基本的にこれを繰り返すうちにエマージェンシーモードに入ってしまうのですが、一度でもエマージェンシーモードに入ってしまうと診断機も遮断されて、EGSに入れなくなる。冷間、温間関係なく事象が発生するところから、ECUかAT内の基盤の異常かと思われます。
シフトポジションセンサーの可能性も無視できませんが、その瞬間に診断機がECUに入れなくなるところを加味すると、ECUがクサいのではないかと思います。
ECUの場合、部品のコーディングが必要になるので、僕らでは何もできず、ディーラー任せになってしまいます。コーディング作業は手元にマニュアルなど正確な資料がないと大変危険です。しかも新品部品しか使えないので、恐ろしい費用になるでしょう。

« 地獄の家族サービスデー | トップページ | 続・BMW E87の変速不良 »

BMW」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BMWE87の変速不良:

« 地獄の家族サービスデー | トップページ | 続・BMW E87の変速不良 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ