« アルファロメオ166 ヘッドライトが不良だったら | トップページ | 圏央道に乗って »

2017年3月 8日 (水)

カングーK7Jのタイミングベルト交換




先日、カングーが終わって違うカングーが来たと書きましたが、今回はその続き

Img_0654

今回は初期型のK7J 1.4のOHCです。
やはり特殊工具を付ける風にはなっているのですが

Dsc00368

OHCは合いマークで仕事するようです

Dsc00369

カムとクランクのそれぞれのスプロケットに▽の合いマークがあるのでそれでベルトと合わせる仕組みです

Dsc00371

先のカングーよりこちらの方が痛みが進んでいるように思います

Dsc00375

画像はありませんが、ウオーターポンプの交換の際に、1.4の方にはガスケットが付きません。なんとガスケットは使っていないそうです。
現車から外したウオポンにはガスケットがついているのに、日産によると液体ガスケットでべちょっとやるそうで・・・
で、ガスケットをよく見ると部品番号が書いてあるので、その番号で注文しますと、来たのは1.6L用のウオポンガスケットなのでした。
つまり、同じものなのですねえ

Dsc00376

オイルシールを両方替えて

Dsc00377

サーモもなかなか温度が上がらないので交換します。
なかなか上がらないって事は、完全に閉じたり開いたりしませんので、今は良いですが真夏に完全に開けきらないとオーバーヒートの原因になったり、ホースの破損につながります

Dsc00379

ところがここで問題。エア抜きをするためにヒーターホースのブリーダーが折れてしまいました。

Dsc00381

先日の液漏れしたランチアのヒーターホースも交換の際に簡単に折れてしまい難儀をしたので、ここでの苦労は痛いほどわかります

Dsc00383

Dsc00384

今回もEくんは車検できりきり舞いなので、再び手伝いをお願いしたユーロEのK谷さん。

Img_0758

やはり変わったクルマが多く入庫するところです

Img_0748

Eくんは今月いっぱいは身動きが取れないと思うので、いろいろお待たせしている皆さんにはご迷惑をおかけいたします。できる所から手をかけていきますので、また少しお待ちください。


« アルファロメオ166 ヘッドライトが不良だったら | トップページ | 圏央道に乗って »

ルノー」カテゴリの記事

コメント

すみません、拝見させて頂きました。
ルノーカングーは初めてなんですが、やはり国によって交換が違うので驚きです。ランドローバーもポルターガイスト現象なんて言われてるらしいですが10何年も乗っていますと凄まじいです。
ところで、お店は何処なんでしょうか?
たまに家の車を整備工場に出しますと、どこらしか外れていたり割れていたりするもんでして・・・。できれば。

ponta2000さま
お世話になります、ブログの管理者の小河といいます
工場は埼玉県所沢市林1-208-2にございます
お気軽にお問い合わせください。

ちょっと古いランドローバーはすさまじいです。エボラ出血熱にかかったかのようにありとあらゆる所からオイル漏れを起こすクルマはBMW時代に多いようですし、ジャガー系になってからもエアサスのポンプ故障をよく見ます
輸入車なんて10数年で壊れまくりますなんて言いますが、あながち間違えではないですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カングーK7Jのタイミングベルト交換:

« アルファロメオ166 ヘッドライトが不良だったら | トップページ | 圏央道に乗って »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ