« サーブ9-3の車検 その1 | トップページ | オイル漏れ考 »

2017年3月17日 (金)

サーブ9-3の車検 その2

今回は昨日の続き、サーブ9-3エステートの車検、受験編です
検査の前に腹ごしらえ。行きしなにあるラーメン伝家です。
いわゆる家系ラーメンです。

Img_0025

こちらで特製ラーメン980円を頂きました

Img_0024

すっかりこってりしたところで検査を受けますが、大混雑

Img_0026

ず~っと並んで、やっと検査棟に近づきました。

Img_0028

検査棟に入る前に、ライト類や車体番号のチェックなど基本的な検査と
車内に乗り込んで、走行距離、ウインドウ類の違法なフィルムやステッカーそして、くだんのウォーニングランプを検査します。OKであろうとなかろうと先に進みます
Img_0029

先に言っておきますが、検査棟の中は撮影禁止です。撮影禁止の根拠がイマイチわかりませんが、隠匿だいすきなお役所仕事ですから、隠れて撮影

Img_0030_3

基本的にしっかり整備されていれば、指示に従って自動車を検査するだけなので楽チンですよ

Img_0032_2

一連の件さで最も緊張するのは、このヘッドライトの検査です。
一昔前と違って、下向きすなわちすれ違い灯で検査しますが、前のクルマもその前のクルマも1回でパスできませんで、ロービームからハイビームに切り替えて検査していました。
ちなみにサーブは右側のテストに落ちた時点で、ハイビームでの検査に指定されました。

Img_0034

その後、新しい検査証とステッカーをもらって終了。午後1時に入って、出てきたのは午後2時半、ほとんどが並んでいた時間です。

Img_0036

戻ってきたら最後の仕上げです。フードエンブレムを付け替えます

Img_0040

純正品で、チェコ製です。チェコやオーストリアは人件費が安く、ドイツの下請け工場が多いようです。

Img_0041

かっこいいオーナメントですね。SCANIAのマークは入らないのですね。

Img_0043

1a1

これってトラックのスカニアのマークなの?
めでたく車検に合格して、2年間合法的に運転が可能です(おおげさか!

Img_0048

ちなみに検査場で希望すればこんなのくれます

Img_0044

該当したらアウトですよ。

Img_0045

思えば、MPIを作る前に働いていた、いすゞスポーツで、法律が変わって車歴が10年以上経過したクルマでも2年ごとの車検になったのですが、いかなるウォーニングランプが点灯していても、検査に合格できていたのに、今は大変ですねえ。



« サーブ9-3の車検 その1 | トップページ | オイル漏れ考 »

サーブ・ボルボ スウェーデン車」カテゴリの記事

コメント

マークのお話なのですが、
一時、SAABとは全く別企業のSCANIA社と合併していた時代がありまして、UPされた画像はその時代のマークになります。
後年、自動車のSAAB社は米GMの資本が入った時に、合併したSCANIAと別れ単独の乗用車メーカーとなったんですがその後もしばらくはSAAB-SCANIAのエンブレムを使用していましたね。
現在は自動車のSAAB社は経営難により倒産し別会社に買収されたことはご存知かと思いますが、「SAAB」のブランド名・ロゴが現企業で使えないのは権利者の許諾が得られなかった事によるものだそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サーブ9-3の車検 その2:

« サーブ9-3の車検 その1 | トップページ | オイル漏れ考 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ