« 華麗なるセダン生活 | トップページ | アルファロメオ166 ヘッドライトが不良だったら »

2017年3月 5日 (日)

166整備の続き アルミ編

作業中の166スーパー。今回はアルミで出来た部品に塗装する準備をします

今のクルマについているものはASSOみたいなのでしょうか? 僕は純正のホイールが好きなので、持っているホイールを生かしたいと思います。
しかし、微妙に色が違うので、ここで仕上げてしまおうと言う計画です

アルミと言えば? ホイール。メッキされたものもありますが、166は塗装されているので補修も可能です。端っこがガリガリになっていたり剥がれていたりしていますのでタイヤが無いうちに補修します

Img_0671

修理は他にピラーカバーも塗装します。ピラーカバーとは?

Img_0655

これらドア4枚分ですね

Img_0597_2

アルミにはそのままでは塗料が乗りません。
経験ありませんか? 剥がれてしまったモールに缶スプレーで黒く塗ったりしたけど、その後剥がれてきてしまった事。

それを防止するためには専用のプライマーを使わないといけません

じゃあ、なんで鉄板で大丈夫で、アルミでダメなのか?
そ、それは今度書きますよ・・・・

Img_0659

準備ができたら早速下地を塗装

密着剤と呼ばれるプライマーを使います、これはエッチングプライマーと呼ばれる材料です。
以前は2Kプライマーがありましたが、それでも完全なアルミ地肌だと本当に強力な密着剤が必要になります。

Img_0681

ホイールは部分的に塗装しますが

Img_0676_2

ピラーカバーたちはそのまま上からサフェーサーを塗装します。

Img_0677


Img_0678

これはリアドアの端っこの部分。156ならこの場所にアウターハンドルが付くんですよ

Img_0680

サフェーサーで終わりです

塗装の道は遠くて、この後ベーシコートを塗装するためにサンドペーパーで研ぐのですが、研いでアルミ地肌が出れば同じ作業を行います。
ですからしばらく行ったり来たりの工程が続くのです

Img_0712


こちらが出来上がりの図、ではなくてスペアのホイールだったからキズが全くないもの。ただ普通に塗装するだけ。タイヤ入れるのに耐えられるかな?

Img_0672

タイヤはヨコハマのちょっとだけ古いアドバンかミシュランのパイロットスポーツ3を予定しています。

ブリジストンならアドレナリンですね。

1a1

先日のオーロラカラーの166に着けましたが、グリップ、静粛性すばらしい性能でした。でも商品車には着けられないなあ・・・

« 華麗なるセダン生活 | トップページ | アルファロメオ166 ヘッドライトが不良だったら »

アルファロメオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593247/64976041

この記事へのトラックバック一覧です: 166整備の続き アルミ編:

« 華麗なるセダン生活 | トップページ | アルファロメオ166 ヘッドライトが不良だったら »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ