« 日産部品販売主催の工具展示会 in 熊谷 | トップページ | 塗装室の修理 »

2017年2月 7日 (火)

カッパの水周り修理

土曜の夜に痛い目に遭ったランチアを早速修理します

Img_0278

今回の原因はレッカーで運ばれた土曜日中にめぼしをつけていました。
ロケーションは後ろ側バンクの奥、ヒーターホースの破れです

Img_0277

クーラント漏れの原因ですね

Img_0276

直す前に、日曜午前にマセラティのエンジンオイル交換。

Img_0287

初めて下回りを見るクルマです。すごくキレイです。
大事にされてきたんだろうなあ感がありありです。

Img_0283

オイルドレーンは外す前にマーキングをして、無用なトラブルを避けます。
エンジンオイルのみの交換で9L入りました~

Img_0284

さて明けて今日、一気に作業しましょう

Img_0295

インテークチューブを外してスロットルへ行くチューブも外します。
邪魔者はどんどん外します。

Img_0298

カウルトップも外します。このホースはヒーターコアに行っているホースですからね。
ちなみに今はランチアカッパを作業していますが、アルファロメオ166も手順は全く同じです。

Img_0299

アイドルのエアバイパスホースの下、原因が見えています。

Img_0301

後ろ側はヒーターコアへ行っていますからここで縁切り。上側のホースでよかった。

Img_0302

くるくる回すように引き出して外します。

Img_0303

このようになってまーす。

Img_0304

レッカーのお世話になった原因です。やっぱり経年変化と振動だろうなあ

Img_0305

取り付けからの作業はお昼ごはんを食べてから行います。
今日は狭山ヶ丘駅歩いて4分の福よしさんでから揚げ定食¥700円
売り切れたハズひとくちロースカツが愛情盛りされています。

Img_0307

部品取りのカッパからホースを外してきて取り付けました。
やっぱり部品取りって必要ですねえ。
あれが無かったら、結構こまるようになりましたよ

Img_0309

LLCを入れて様子を見ます
エンジンをかけて漏れがないかよーくチェックします。

Img_0310

こうして再び路上に戻るのでした。

« 日産部品販売主催の工具展示会 in 熊谷 | トップページ | 塗装室の修理 »

ランチア」カテゴリの記事

コメント

日々のお勤めご苦労様ですm(_ _)m
部品取り車常備は、希少車の宿命ですよね 苦笑
ですが、ボクみたいに変態さんは優等生の国産車には乗りたいとは思わない訳で…( ^ω^ )
仕事がひと段落ついたら、所沢にお邪魔しますね(*^_^*)

日曜日はお忙しい中、また本来はお休みのところワガママを聞いてくださりありがとうございました。交換をしてくれたEさんにも感謝です。オイルを変えたらエンジンが軽く回るようになった気がします。車の下回りも見れて良かったです。次回はフィルターやATF交換もしたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

いたきちさん こんちは
ランチアね、部品でなさ杉。
イタリアにはそれなりに部品あるみたいだけど・・・

おパンダの具合いかがっすか?

池田さま
こんにちは。
対応可能であればいつでも大丈夫ですよ!
また、頃合いをみて作業しましょう。
大事にされてるQPがうらやましいです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カッパの水周り修理:

« 日産部品販売主催の工具展示会 in 熊谷 | トップページ | 塗装室の修理 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ