« しばらく166大会 | トップページ | アルファ166 トランクウオーニング消えない原因 »

2017年2月16日 (木)

バッテリーキルスイッチ

意外に気が付かないもののひとつにキルスイッチなんかがあります

Img_2920

MPIのお客さんには極端に乗る距離の短いお客さんが結構いらして、そんなお客さんの共通の悩みはバッテリー上がりです
2年で5千キロなんて人はまだ乗るほうで、2年で2千キロなんて人もちらほら
そんな1ヶ月に1度しか乗らないユーザーの方にはキルスイッチをお勧めいたします。
フェラーリなんかは最初からこのバッテリー遮断スイッチが付いていたりしますね

Img_2924

乗らない当分の間は、これで完全に遮断していれば次に乗るとき便利です
ただ、バッテリーが古くていくらも発電できなければ、それは無理ですが・・・

Img_2926

これは先日の188プントでの例ですが、きっとユーザーを助けてくれること間違いナシです。





« しばらく166大会 | トップページ | アルファ166 トランクウオーニング消えない原因 »

一般修理・車検」カテゴリの記事

コメント

旧車乗りには一般的ですね。ご存じの通り、電動のfuelポンプもありませんので、キャブのジェットのカバーを外してジェット部分にスポイトで生ガスを注入、またはファンネルにWakosのブレーキパーツクリーナー(白灯油)をシューとしてからキルスイッチで接電後にセルを回すのですが、近年の電気だらけの車にも使える後付けのキルスイッチなんてございますか。また、画像でお見せいただいたキルスイッチにはヒューズがついていますね。私が長年使っているものもほぼ同様の形ですが、ヒューズケースはついていません。トーシロのコメントで恐縮です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バッテリーキルスイッチ:

« しばらく166大会 | トップページ | アルファ166 トランクウオーニング消えない原因 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ