« PCのリフォーム?の巻 前編 | トップページ | アルファロメオ166をお探しですか? »

2017年2月26日 (日)

何気に関係しているおフランスのクルマ

MPIの歴史の中で、意外に多いのがフランス車です。

僕にはデザインと言えばこのクルマを外せないのです。
かつて夢中になったクルマです

Kc3o0029_2

ルノーメガーヌです

ものブログを始める前、エステートを含む5台くらい売買しました

青だったり、赤だったりですね。

イタリア車では考えられない物入れやドリンクホルダーがこれでもかと言うほどついています。隣国なのにここまで違うかと言うくらい

特に面白いのは各座席の足元にも物入れがあります。足元ってフロアですよ。フロアマットをめくると出てきます。

このメガーヌも、これまた中途半端に近代化されていて、カードキーとは言い切れない分厚さのカギをぶっさして、スタートボタンを押してエンジンをかけます

それなりにトラブルはありましたが、面白いクルマでした。ETCがつけられないなんてこともありました

ちなみにさらに前はプジョー306なんて時代もありました。
なにげにフランスのクルマも楽しめます。

Aa21

参考の写真ですが、僕はワインレッドのXSiだったのですが、それでも面白いクルマでしたね。未だにS16は欲しいです

そうそう、一度ですがルーテシアも新旧それぞれ売買しました
初代クリオ(ルーテシア)はトランスパランスの店長さんに乗ってもらいました

20084172

2代目は、偶然すごく安く手に入って、喜んで多摩陸運局に登録向かう為、工場から4kmほど走ったところで、ATがすべって動かなくなり

16v

登録に行くはずが抹消しに行ったのをよく覚えています。


このように個性的なクルマが多いのも良いですね。

« PCのリフォーム?の巻 前編 | トップページ | アルファロメオ166をお探しですか? »

フランス車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593247/64945777

この記事へのトラックバック一覧です: 何気に関係しているおフランスのクルマ:

« PCのリフォーム?の巻 前編 | トップページ | アルファロメオ166をお探しですか? »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ