« 塗装室の修理 | トップページ | 続・166の修理は大変なのです その2 »

2017年2月 9日 (木)

車検のプント、オッティ

車検で預かっている188プント。

Img_2833

ウオッシャー液が出ません。出ませんから車検に通りません

Img_2834

点検するとモーターがうんともすんとも言いません
おまけに赤スプリングがシャコタンすぎて最低地上高も足りません・・・

Img_2836

フェンダーライナーを外して、ウオッシャージャーを交換します

Img_2837

このモーターひとつで前後のウインドウウオッシャーを出します。
吐出口がワンウエイになっていて、極性が変わると回転方向が変わって出るという仕組みです。最近のクルマでよく見ますね。

Img_2839

で、新品のウオッシャータンクASSY。残念ながら日本のFCJの最後の1個
最後の1個だからもう日本に在庫はありません。もうこれでこのまま廃止でしょう

Img_2850

しかし、すーぐ無くなっちゃうんだから。

Img_2854

でもこの時に同じく発注して、既に国内で入手不可となっていたあの部品でびっくりするとはこの時には思ってもいませんでした

一方、同じ時期で、熊谷からの帰り道にこちらも車検の為にピックアップしたekスポーツのOEM、日産オッティです。

Img_2843_2

時期も同じならシャコタンも同じで、こちらもそのままでは検査に合格できないので、夏用のタイヤに履き替えます。

Img_2844

また、軽自動車に幅や高さの変更はあり得ない(普通車になっちゃう)ので、余分な部分も外します

Img_2845_2

こちらはそれ以外はすんなり行きました。
ターボの文字がまぶしいです。
もう本家のポルシェターボに乗っちゃえばいいのに

Img_2846

マセラティがあるからいらないか(笑)
うらやましいクルマの趣味ですな

« 塗装室の修理 | トップページ | 続・166の修理は大変なのです その2 »

いろいろなクルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593247/64872830

この記事へのトラックバック一覧です: 車検のプント、オッティ:

« 塗装室の修理 | トップページ | 続・166の修理は大変なのです その2 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ