« アルファ166 トランクウオーニング消えない原因 | トップページ | レクサスGS350 オルタネーター交換 »

2017年2月18日 (土)

塗装の下地作りは大事です

先日、車検で引き取って来ました166、
ヌヴォラブルーと呼ばれるマジックカラーです

Img_0450

同じクルマなのに見る角度でこれほど変わります

Img_0454

このカラーのキレイさは写真に写らないのが本当に残念。

Img_0459

さて分解中の166

Img_0498

ルーフライニングを外しています。

Img_0500

結構大変ですが、ガラスが無いので、車外に出すことは簡単なんです

Img_0501

で、このアンテナベースを外します。

Img_0505

トリムの無いルーフ。殺風景ですねえ

Img_0503

これでルーフには何もなくなりました。心置きなく塗装なり研ぎなりできます。
でもなぜ、この分解のために汗を流すのかというと

Img_0509

この画像にあるのは、左のドアミラーを外したところです。
代っぽく見えているのははがれかけのクリアーです。

Img_0493

やはり物理的に足付けが甘くなりがちですし、どうしても見切れがキレイでなくなります。
またはがれかけた塗装を直すのは、倍以上の手間がかかります。

せっかく仕上げるなら、できる事はしたいものです

« アルファ166 トランクウオーニング消えない原因 | トップページ | レクサスGS350 オルタネーター交換 »

アルファロメオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593247/64906691

この記事へのトラックバック一覧です: 塗装の下地作りは大事です:

« アルファ166 トランクウオーニング消えない原因 | トップページ | レクサスGS350 オルタネーター交換 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ