« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月の27件の投稿

2017年2月27日 (月)

アルファロメオ166をお探しですか?

商品化が進む166。今回は下地編
ところで、6Fマニュアルの166スーパーを探している方いますか?
前回のワインの166もそうでしたが、出来上がりから間もなく売約となりました。

Img_1418

さらにだいぶ前になりますが、155の時も作っている最中に売約となりました

こんな段階でどうこうはできませんが、検討中でしたら是非、連絡ください。6速マニュアルの166は非常に数が少ないので、常時在庫なんてできません。

Img_0386


Img_0475

いっぺんにサフェーサーを入れるのは無理がありますので、部分的に下地を作ります

Img_0560

2Kの2:1サフェーサープライマー「ノンストップ」を使います。その名の通りストップしないで作業可能なのです。ではその意味は?

Img_0536

必要な部分にがっちりサフェーサーを入れます。

Img_0537

これだけでも結構しんどいので2人で作業します

Img_0538

サフェーサー塗装後、しばらく調整時間を置いて、触れるくらいになったら・・・

Img_0544

ボディ色を塗装し始めます。ここがノンストップと言われる所以です

Img_0545

特に塗装しづらいルーフパネルはしっかり染めてしまいます

Img_0547

トランクもそれなりに染めます。特に見えにくかったり隠れたりする部分は完全に染めます

Img_0548

この3枚だけでも何回も塗装するので、半日以上を費やします

Img_0552

終わって焼いたら出来上がり。まるで仕上げたようです

Img_0555

それはクリアーまで入れているからなのです。

Img_0562_2

サフェーサーからクリアーまで入れると塗装膜が安定し、最終的な仕上げが美しくなります。さらに作業性が良く、完全乾燥後の研ぎもしやすい傾向があります。でも費用と手間が掛かります。

Img_0554

別に仕上げを目的にしていないので、全然サフェーサーが見えます。塗装も完全に染まっておらずムラだらけです

Img_0557

遠巻きにみるとキレイなので

Img_0565

見たお客さんが、塗装できたのですか?と聞いて来たりしますが、いえいえこれからですよと・・・

Img_0569

Img_0568

今回もがっちり仕上げたいなと思います
もしご希望の内容で仕上げたいという方、いらっしゃいましたらメールください。

2017年2月26日 (日)

何気に関係しているおフランスのクルマ

MPIの歴史の中で、意外に多いのがフランス車です。

僕にはデザインと言えばこのクルマを外せないのです。
かつて夢中になったクルマです

Kc3o0029_2

ルノーメガーヌです

ものブログを始める前、エステートを含む5台くらい売買しました

青だったり、赤だったりですね。

イタリア車では考えられない物入れやドリンクホルダーがこれでもかと言うほどついています。隣国なのにここまで違うかと言うくらい

特に面白いのは各座席の足元にも物入れがあります。足元ってフロアですよ。フロアマットをめくると出てきます。

このメガーヌも、これまた中途半端に近代化されていて、カードキーとは言い切れない分厚さのカギをぶっさして、スタートボタンを押してエンジンをかけます

それなりにトラブルはありましたが、面白いクルマでした。ETCがつけられないなんてこともありました

ちなみにさらに前はプジョー306なんて時代もありました。
なにげにフランスのクルマも楽しめます。

Aa21

参考の写真ですが、僕はワインレッドのXSiだったのですが、それでも面白いクルマでしたね。未だにS16は欲しいです

そうそう、一度ですがルーテシアも新旧それぞれ売買しました
初代クリオ(ルーテシア)はトランスパランスの店長さんに乗ってもらいました

20084172

2代目は、偶然すごく安く手に入って、喜んで多摩陸運局に登録向かう為、工場から4kmほど走ったところで、ATがすべって動かなくなり

16v

登録に行くはずが抹消しに行ったのをよく覚えています。


このように個性的なクルマが多いのも良いですね。

2017年2月25日 (土)

PCのリフォーム?の巻 前編

果たして何時から使っていたパソコンなのでしょうか?

購入から度々、何かしらのモダナイズドを図り今日まで生き延びてきたPCですが、OSがXPと言う致命的な問題から大幅なリニューアルを行う事になりました。あまり声を大にして言う事はできませんが、はたして一体何台にインストールしたかわからないオフィス2000など、プロペラ機とジェット機の時代差があるように感じます。

Img_0621

↑引っ越し準備で散らかっているのです。決していつも散らかっているのではありません(笑)

まずは旧PCの各ファイルを移さないといけませんが、これが結構な大作業だったのです。
ところが最近は便利なソフトがあって

Img_0624

これだけで全て置き換えることができるようです
引っ越し元

Img_0625

引っ越し先。付属のLANクロスケーブルを使ってらくらく移動

Img_0626

まあそれなりに時間はかかりますが完全に移動できます。
ただ、おまかせ引っ越しですと、そのままデスクトップにあったものはデスクトップに、ドキュメントフォルダーのものはそのままに移動します。それゆえ、トップ画面はアイコンであふれてびっくりですが、いちいち移設した時代を思えば楽なもんです

全部移動が終わったら、PCを解体して近代化します

CPUを変えたり、メモリーを増やしたり、光学ドライブを変えたり、はたまたマザーもリニューアルしたこともありました。今日までよく持ちこたえてくれました。敬意をもってぶん投げます

Img_0632

今回の目的は使える物は残して、古いものは捨てます。
交換部品の内容はこの日のブログを見てください

Img_0634

取付ているビスを外してコネクター類を外してばらします。
古いマザーボードが外れました

Img_0635

ケース、電源、光学ドライブはそのまま。ずーっと使い続けているヴィンテージものです(笑) ゲームや画像関係をやると役不足ですが、ビジネスユースならこんなんで十分です

Img_0636

マザーが変わるので当然バックパネルは交換

Img_0637

マザーを止めます。同じマイクロATXでもビス位置は異なります。でも全部止めなくとも8割以上があえばOKとします(僕個人の基準ですが)

Img_0638

起動にはSSDを使います。これにより段違いの早さで起動できます。
2.5インチベイに固定します

Img_0639

メモリーはデザインされたDD4を2枚挿し。ここのキャッシュである程度回せるので、こちらも速いPCの実現を後押しします

Img_0640
Img_0641

HDDやSSD、光学ドライブらをSATA2ケーブルで繋ぎ、電源を繋げます
またフロントパネルの電源スイッチやHDDランプなども繋ぎます。
USB3.0も使います。2.0も並行して利用します。
ながらく自作PCをやらない間に、着実に進化しています。

そして心臓部のCPUを載せます

Img_0642

こちらも第6世代スカイレイクコア3.3Gですが、ビジネスパソコンには完全にオーバースペックです。超高速演算性能に期待がかかります

Img_0643

切欠きを合わせたらしっかりフタを締めて

Img_0644

付属のCPUクーラーをくっつけます。この時、クーラーが完全に密着しないとCPUが強烈な温度になり自壊しますので、注意が必要です

おおよそ組みあがりました。CPUクーラーにハーネスが接触しないように位置を決めたら出来上がり。

Img_0646

まずは試運転してBIOSを見ますが、今日はここで時間切れ。
次回はBIOS設定からさらに、ウインドウズ7のインストール、オフィス2010のインストールをします。

2017年2月24日 (金)

デザインとカラー

あくまで一例ですが、この166と言うクルマは少し変わったカラーが上手に使われているように思います。
下の紺はある意味一般的ではありますが、実はこれも直射日光の下では角度によって赤味がすごく強く出ます
しかし平べったいなあ。

Dsc00061

黒っぽくくすんで見えるかと思えば、日の下では冴えた青みがあり、また影になる部分は強く赤味が出るのです


Dsc00030

もちろん、このようなヌヴォラカラーは言うまでもなくすごいフリップフロップ(見る角度色が違うように見える)です。

Dsc00051

クルマの上下方向に曲線を使い、前後方向に直線を走らす感じはいかにもデザイナーが書いたクルマのように思います。

Dsc00052

Dsc00053

プロテオレッドも単なる赤ではなく、メタリックパールなのが良いですね

Dsc00053_2

僕のクルマのようなシルバーは個人的には好きですが、このラインナップでは痛く地味な印象を受けます

そして今作業中の166も同じく、日光の下では見た目が変わるマジックカラーの一種です。

Dsc00850

写真は去年のものなので、未だなにもされていませんが、スカラベカラーの片鱗は見せています(写真には写らないんだけど)
人によってはブラウン、また人によってはパープル、色の名前はヴォルケーノブラック
なんと3色も出てくるではありませんか。

クルマのデザインもさることながら、デザイナーは塗装色も考えていたのでしょうか?

しかしユニークなクルマなのに何故後継車種が無いのでしょうかね。

2017年2月23日 (木)

アルファロメオ166の車検整備

先日から作業中のヌヴォラの166

Img_2956

車検で預かる時に、マフラーからの異音の整備も依頼されていました

Img_2958

預かるときからカラコン、カラコンとかなり賑やかで、マフラーが接触していることはその瞬間からわかっていました。上の写真も、どこかマフラー位置が低いような気がします

Img_2959

翌朝覗き込むとキレイにハンガーゴムが切れていたのが見えたので2つハンガーを注文しました

Img_2960

ハンガーが切れてマフラーが下がり、リアサスペンションクロスメンバーに乗っかっています。カラコンカラコン音が出るのはここが原因です

Img_2961

ところがここで想定外。なんと2番目のマフラーハンガーも切れる寸前でした

Img_2963

こちらも取り急ぎ追加注文

Img_2964

ブレーキパッドは前後とも良好です

Img_2965

これも166に大変多いトラブルです。ラックブーツの破れ。

Img_2973

左右共に破れています。これは交換が必要です

Img_2967

この手を放置するとタイロッドがダメになってしまいます

Img_2979

元に戻りました。

Img_2985

Img_2982

吊りゴム左からテールエンド用、センターマフラー用、フロントパイプ用です

Img_2989

左の2種類は5番と8番

Mafura

右の少し大きいのは9番です。


Mafura2



エンジンはMos2ライトドライビングの10W-40を入れます。
おそらくアルファのV6にはベストマッチです

Img_3000

ただ見た目はね・・・・ 廃油みたい・・・

Img_3002

アルファ全般に多いブレーキフルードのセンサー。
これが悪いとメーター内のブレーキのウオーニングが点きます。
特効薬? ハーネスを外して無きものにしてしまいます

Img_3005

おしまいはウインカーバルブの交換です。アンバー電球を使います。塗装がハゲて白色ランプになっていると車検に受かりません

Img_3007

かたーいレンズですが、折れはしないみたいですね

Img_3008


Img_3018

明日、検査を受けて出来上がりです
既に17年時間が経過しています。車体重が1.5t以上ありますので、重量税は13年落ちの重加算税の45600円ですが、次回の車検からは、18年落ち以上はさらに重量税が上がって50400円になります。
決して燃費は良くないので、ガソリンも頻繁にいれますから、揮発油税も多く払いますし、もちろんもうすぐ来る自動車税も、もちろん重加算税 増し増しの58600円

旧車乗りには応えますなあ

※おっと税額に間違いがありました、勝手に訂正しお詫びしときます

2017年2月22日 (水)

A7X VR UFO

先日購入したCDの中にあったAvenged sevenfoldですが、すっかりハマっています。

新しいメタルに興味はねえやと切り捨てていましたが、このバンドはちょっと違うようです。
きっかけはThe stageという曲のPVだったのですが、かわいいpVかと思いきや、かなり意味深なPVでありまして、1回見てはまってしまいました

で、今日のメタルはイングヴェイかポールギルバートなスタイルばかりで完全な食傷気味で、そういったサウンドには興味がありません

ところが、実に壺を押さえたかなり個性的なスタイルのギタープレイには好感が持てます。
特に4;18くらいから曲調ががらっと変わってからのギターソロは素晴らしいです。
なんでもかんでも早く弾くのがエラいとか思われるメタル道で、このサウンド、音使い、メロディーラインは実にすばらしい。後生に残る名曲だと思います。
感情のこもったチョーキングが泣かせます。古いものが好きなのかしらん?

また歌詞も独特な感じで、対訳を読んでも全く中身は見えてきません

改めて実際のプレイを見てみると

ベースはクラッシュのポールシムノンがすきなのでしょうか(笑)?

B94844a6c9a436cce67b8f7ce6fefe6a


アルバム前編にわたりシンセが多用されているのにも拘らず、キーボードプレイヤーがいません。そして最近のメタル系アーティストは髪の毛の長い人はいません。おまけにそれほど上手に見えるような弾き方じゃないし(でもどのパートもかなりレベルの高い演奏力なのですが) ドラムはニールパートっぽい感じのフィルがありますね

おお、やっぱり新しい世代のメタルなんだろうなあ。

ところが、急に古いのも聞きたくなって久しぶりにヴィシャスルーマーズです

なつかしい~、今も現役なんですねえ。みんなおっさんになっています。
そりゃこの歌、僕が19の頃の曲だもんなあ。ヴィニームーアのデビューというか、シャープネルのマイクバーニー軍団でした。

ではそのヴィニームーアはどうかと申しますと?

おっさんですねー。あたりまえか、みんな均等に歳をとっているんだものなあ
僕が中学生の時に既におっさんだった、フィルモグやアンディパーカーは・・・・
おじいさんになっていますよ!
でもみんな上手さは変わっていませんね。

これ、持ってないから自分で買おうかな

2017年2月20日 (月)

良い物 でも気をつけなはれや

スパイダーと言ってもクモじゃありませんよ
アルファスパイダーです。いわゆる939系。最新のスパイダーであります

かっこいいですねえ~。左ハンドル6速マニュアル 素晴らしいクルマです

Img_0525

しかしアゴを痛打したみたいで、修理のご相談

Img_0517

埼玉県の県道、国道にはものすごく高い縁石がありまして、まともに行くとフレームがひん曲がります。僕などテーマに乗っていた頃に、以前にブログに登場した焼肉屋「紅牛」の駐車場に入ろうとして縁石に気づかず、まともに牽引フックに当ててしまい、フレームを曲げたことがあります。皆さんも気をつけなはれや

Img_0520

気をつけなければいけないことがもうひとつ

先日、富山のノリスケさんの修理を電話でお手伝いしたら、恐ろしく貴重なものを贈っていただきました。この場からもお礼申し上げます。

Img_0476

勝駒「かちこま」と読むこのお酒は、生産する量が少なく、地元の特約店に卸すも、すぐに完売する幻のお酒でありまして、関東では絶対飲めない可能性が高いお酒のようであります。
それをわざわざ酒蔵元まで朝から行っていただき手に入れてくれたそうです。

Img_0477

吞んだ感じは口当たりやさしく、甘くなく、純米らしいシンプルな味わい。
これはウマイです。酒がもっと吞めと語りかけてくかのようです。

醸し人 九平次の「彼の地」をさらに丁寧に作った感じとでも言いましょうか、恐ろしく繊細で、何重にも織られた味わいなのです。ああうまい。
こういう酒に当たってしまうと人生が変わってしまいます。吞みすぎ注意です。

2月もあと少し。頑張っていきましょう

2017年2月19日 (日)

レクサスGS350 オルタネーター交換

かつてレクサスがディーラー展開しはじめた時、あまりの慇懃無礼なイメージが先行し、まず庶民には無縁かと思われましたが、現在はご存じの通り、トヨタディーラーのひとつとなった感があります。それでも扱っている車格からトヨペットの上級版といったポジションなのでしょうか?

しかし、そんな高級車だって壊れる時は壊れます

Img_2933

故障して動かなくなってしましました。オルタネーターが詰んで発電しなくなってしまいました。おそらくICレギュレーターが壊れて、充電しなくなったと思います。
実の所、発電そのものは原理原則なのでメカニズムは難しくなく、発生した交流電流を直流電流に変換するレクチファイアや、電圧をアイドリングでも高回転でも一定にするレギュレーターが壊れる事がほとんどのようです。

しかし、近年のクルマは昔のダイナモのように常時発電する事はなく、燃費向上の為に、バッテリー充電量を見ながら主に減速時に大量に発電させて、惰性走行時や加速時には発電を少なくして、燃費を助ける仕組みになっています。
その為にオルタネーターの持つ役割が大変大きくなり、今日のオルタネーターはその枠を飛び出してスターターでもあり、充電を制御するオルタネーターでもあり、発電によるブレーキだったりもします。
尤も、その陰で同じように重要な役割を持たされている物にバッテリーも当てはまります。余談ですが、充電制御のクルマなのにふつうのバッテリーを使っても動きますが、長持ちしません。

で、そのオルタネーターはリビルドでも結構高価で、交換作業は意外に高額な修理費になります。もの凄い高温下で使われ、さまざまな劣悪環境に耐えられる部品が使われるリビルド品でなければなりません。

エンジンの中身のレイアウトやデザインを考えなくて済むようになったと言われるエンジンカバー。最初はメルセデスだったかなあ?20数年前かなあ?初めて見たの。何がどこにあるのか神経衰弱のようにあれこれ外した覚えがありますね。それもさらにうまく配置してスマートになりました

Img_2935

Img_2937

トヨタお得意の1本ベルトで駆動します。真ん中の棒レンチはテンショナーをレンチでぐいっと戻して、固定する穴に戻り止めをしているからです。これでベルトがゆるゆるになりベルトを外すことができます

Img_2940

このオルタネーターは本体後ろにブラケットがあり、後ろ側でも止まっています

Img_2944

前から見たところ

Img_2945

古いオルタネーター、さようなら

Img_2946

リビルドのオルタネーター、こんにちは

Img_2949

再び長く働いてくれるでしょう。

Img_2950

バッテリーマーク(チャージランプ)も消えて出来上がりです。

Img_2955

ネットが氾濫して、情報が溢れる一方、自分で判断して部品を選べるようになりました。しかしその一方で間違えた選択をし後悔する場合も多くあります。
バッテリーやオルタネーターならまだしも、保険などは自分だけでなく他人にも迷惑がかかる場合もあります。

過去の経験からとか、昔の知識からなどではなく、新しくアップデートされた情報を、確実に真贋見極める事は業者でも難しい選択です。部品などは専門知識を有したアドバイスができる場所で買う事を強くお勧めします。一般の方々が選ぶ際は、より一層の慎重さが必要ですね。

2017年2月18日 (土)

塗装の下地作りは大事です

先日、車検で引き取って来ました166、
ヌヴォラブルーと呼ばれるマジックカラーです

Img_0450

同じクルマなのに見る角度でこれほど変わります

Img_0454

このカラーのキレイさは写真に写らないのが本当に残念。

Img_0459

さて分解中の166

Img_0498

ルーフライニングを外しています。

Img_0500

結構大変ですが、ガラスが無いので、車外に出すことは簡単なんです

Img_0501

で、このアンテナベースを外します。

Img_0505

トリムの無いルーフ。殺風景ですねえ

Img_0503

これでルーフには何もなくなりました。心置きなく塗装なり研ぎなりできます。
でもなぜ、この分解のために汗を流すのかというと

Img_0509

この画像にあるのは、左のドアミラーを外したところです。
代っぽく見えているのははがれかけのクリアーです。

Img_0493

やはり物理的に足付けが甘くなりがちですし、どうしても見切れがキレイでなくなります。
またはがれかけた塗装を直すのは、倍以上の手間がかかります。

せっかく仕上げるなら、できる事はしたいものです

2017年2月17日 (金)

アルファ166 トランクウオーニング消えない原因

分解作業が続く166です。前後のガラスを外しました

Img_0467

Img_0470

これで心置きなくルーフライニングが外せます。何故ルーフライニングを外すかと言うと、ルーフのアンテナベースを外すためです。

Img_0472

また、実に美しいデザインのクルマはおしなべて塗装や修理がしにくいもので、ウエザーストリップ類は全て外します。
リアガラスをぐるっと回るモールがこちら。これがないとおいそれと脱着できませんね

Img_0466

ところで、このクルマ、トランクの開いているウオーニングが消えず、ドアロックがかかりません。何やっても消えないので、トランクロックなのは見当をつけていました

Img_0480

下の2枚の画像(角度が違うので解り辛いですが)の通り、バタンとトランクが閉まるとストライカーをくわえ込み、上側のリテーナーが横にスライドしてマイクロスイッチを押す仕組みになっています

Img_0483

Img_0484

これにより、通電から隔絶してメーター内のトランク開いてるマークが消える仕組みかと思います。
で、テスターをあてて導通を見ると、

Img_0487

スイッチがどの位置でも導通が出ています。スイッチが内部で短絡しているのでしょう

Img_0489
Img_0490

今回はもちろん交換しますが、考え方によっては交換せず、このコネクターを抜いてしまってもランプは消せますね

2017年2月16日 (木)

バッテリーキルスイッチ

意外に気が付かないもののひとつにキルスイッチなんかがあります

Img_2920

MPIのお客さんには極端に乗る距離の短いお客さんが結構いらして、そんなお客さんの共通の悩みはバッテリー上がりです
2年で5千キロなんて人はまだ乗るほうで、2年で2千キロなんて人もちらほら
そんな1ヶ月に1度しか乗らないユーザーの方にはキルスイッチをお勧めいたします。
フェラーリなんかは最初からこのバッテリー遮断スイッチが付いていたりしますね

Img_2924

乗らない当分の間は、これで完全に遮断していれば次に乗るとき便利です
ただ、バッテリーが古くていくらも発電できなければ、それは無理ですが・・・

Img_2926

これは先日の188プントでの例ですが、きっとユーザーを助けてくれること間違いナシです。





2017年2月15日 (水)

しばらく166大会

仕上げが悪い悪いと言っても、何が悪いか解らない方も多いと思いますので、作業の中から抜粋します。

Img_0419

これ、何かと言うと上のフードのアップです。
塗装を剥いでしまう境目をなだらかにして、なるべく塗装痕を解りにくくするためのフェザーエッジと呼ばれる状態です。

Img_0414

でも良く見ると縦横無尽に線が見えます。これらは60番から80番くらいのグリッドのサンドペーパーの跡です。塗装技術者に限らず、板金技術者も、塗装面に近い所にこんな深いペーパー目を入れることは絶対に許されず、また、塗装技術者はこの深いペーパー目を完全に消す、つまりここよりペーパー目の無いところまで後退してフェザーエッジを作らねばなりません。
そもそもこんな荒いペーパー目で終わらすこと自体が許されません。

Img_0415

でも、自動車に罪は無く、今日に至るまでいったいどういった経緯でこうなったのかは教えてくれません。結果があるのみです。
ユーザーはあまりに安い金額をボディショップに掲げて、ボディショップ側がスネてこうしたのか
そのボディショップのスキルがこの程度なのか
はたまた見よう見まねで、ユーザー自ら作業したのか

ナゾは深まるばかりです。

でもこれだけ大規模な板金塗装を1個人が行ったとは思えないので、ボディショップが絡んだ可能性が極端に高いと思います。

仕上がりはそのボディショップを写す鏡です。
予算が余りに足らなければ仕事を断るのも、時には必要な事ですし、いかなる金額でも引き受けたからには技術者はベストを尽くして作業に当たらねばなりません。

Img_0448

しかし、分解するのはかまわないのですが、部品がないなあ。

Img_0441

ベルトモール交換したかったけど、ドア4枚分どのモールも全て国内無し。海外にもないや。

Img_0435

おまけになんと、リアドアのウインドウレギュレーターは既にモーター部分が引きちぎられてて、ガラスが落ちないようにタイラップでレギュレーターの一番上でまいてありました

全部、端から直していくようです。

しばらく166が続きそうです

2017年2月14日 (火)

新・それでも尚、166

以前、166スーパーを仕入れした記事を書きましたが、ついにというかやっと商品化着工です

Dsc00849

このクルマの詳細は↓で。
http://messiah208.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/166-8f70.html

もうね、片っ端からやるようでして・・・

Img_0384

おそらくは以前のユーザーは激しく退色が進み、塗装に出したけど費用をケチったか
よほどいい加減な塗装工場に出したかわかりませんが、お金をかけた割りに良い結果にならず、結果手放した。そんなところでしょうか?

Img_0385

今回はその下地に手を加えて行きます。一応、塗料と硬化剤の配合に問題はなさそうで、溶剤テストにも合格済み

Img_0386

フロント周りは飛び石+いい加減な下地。なので修正します

Img_0349

リアはまずはバンパーを外します。

Img_0356

トランク内両サイドにボルトが入っています。それを外すためにはナビなどオーディオユニットと

Img_0354

リレーボックスを外す必要があります

Img_0355

オーディオ関連はボルトがいっぱいあります。基本的に全部取らないとボルトは出てきません。ナビをのっけている机みたいなブラケットも、バッテリーのお皿もみんな外します

Img_0360_2

リレー関連は少ないボルトで外せるのでらくちん

Img_0361

両サイドのメッキのドリップモールは早々に外します。
先々、ルーフアンテナ、前後ガラス、トランクオーナメントなども取り外します。

Img_0388

その為に6番のモールと

Window
Window2


3番のモールを買いました。でも・・・
どちらも国内最後の品でした(涙)


Img_0408

通りを見るために試験的なサフェーサーを打ちます

Img_0410

ひたすら研ぎます。

Img_0412

アンテナベースはルーフライニングを外さないと取り外せないので、後回しです

Img_0416

商品であってもできるだけ丁寧に仕上げたいところですね。

続きはまた。

キャリアカー

今日はオルタネーターのトラブルで動かなくなってしまったレクサスGS350を引き取りに、積載車で向かいます。

Img_0403

いつも利用しているトヨタレンタリースで借りました。
フルフラットにもなります。

Img_0405

サイドブレーキは油圧制御のようです。

回送車、大変便利なのですが、高いです600万円とか平気でします。やっぱり、借りたほうがいいか

2017年2月13日 (月)

嗚呼、日曜日

世の中では土曜日、日曜日は休みなのですが、僕の所では何かしら多少の仕事が絡んだり、家で主夫的な仕事が多く、なかなか完全なお休みって少なかったりします。

でーもー、今日は完全なるOFF! 
なので、ちょっと遊びに出かけました。

Img_0390

1軒目は安い居酒屋さん

でも、なかなか焼き鳥がおいしかったなあ。
中ジョッキとハイボール2つ 焼き鳥5本 お通し1つで1680円。
やっすいなあ。
ちなみにアテはGワークス(笑)

買い物をいくつかこなして、ディスクユニオン立川店に行きました。

20110514012827

大変久しぶりです、いろいろ買ってしまいました。

再び移動して、帰りのバス停に向かうとバス停近くでもう一杯

Img_0392

ここはなかなか本格的な串焼きの店で、ホームのかちかち山によく似た感じです。

Img_0395

ここでは静岡の喜久酔を2杯とお通しは大根おろし、さらにぼんじりの燻製焼き、レバーの炙り、そして鳥出汁の雑炊を頂きまして、2600円ちょっと。

帰り際、女性の店員さんが、HMのCDを買いに来たんですよなんて言ったら、
「私も先日までHMバンドをやってました!」と驚きの一言
若い女の子でもHM好きな人いるんだなあ と楽しくなる帰り際でした。

さて今回買ったのはこの8枚

Img_0397

ゲイリームーアのバックオンザストリート
ウインガー、マノウオー
そして、アヴェンジドセブンフォールドです
特にこのアヴェンジドセブンフォールド目当て行ったので、これは良かった
先日このバンドの最新シングルのザ・ステージを聴いて、アルバムを聴きたくなってしまいました

あとはもう一つの目的、アクセプトの新譜。これは初回特典盤DVD付きを買った方が良かったかなあ?

他にスティクスとREOスピードワゴンがダブルヘッドライナーでまわったライブですが、スティクスはメンバーももう一つ、選曲ももう一つで買わなきゃよかった。恐るべし酔っ払いパワー
あと同じアヴェンジドセブンフォールドのヘイルトゥキングとMSGのブートのようなベスト盤。まあ。これはこれでちょろっと聞きたい時に便利なんです。

Img_0399

さーて、明日からまた仕事だあ。

2017年2月12日 (日)

オワコンって言うの?

前回に続き、今回も車検でお預かりする予定のオーロラカラーの166ですが、どうもマフラーがよろしくない様子です
まだ預かっていないので、何ともいえませんが、あくまで一般的に テールエンドがあやしい事が多いので、先にちょっと探してみました

すると恐ろしい事実が・・・・

大手マフラーメーカーが全てカタログ落ち!crying
ヤフオク? そんなの跡形もないです。

Ansamufflerslarge20110519151008_lar


Bosal20logo


Remus_exhaust_powersound_execstudio


Supersprint_countryman_axle_back_ki

特にボーザルが無いのが痛いですね。
純正の在庫はどうかわかりませんが、ボーザルは事実上の純正品です

マイナー車種の宿命なのかな~?
さて困った。どうしよう?
休み明けにアルファに電話してデッドストックを聞いてみよう。

166の修理は大変なのです その4

この一つ前の記事、続・166ぼ修理・・・その3は、実はアップしたつもりでいまして、前の記事を参考にしようと探していたら、下書きフォルダーに入っていました。
あの記事の頃はまだ、フューエルポンプが来てなくて、作業できませんでしたが、2/7に工場に運ばれてきて作業したのが2/8、それを先に昨日のブログにアップしてしまいました

Img_0314

ちなみにラトヴィアからです。ラトヴィアは英語もドイツ語も通じるようで、おまけにイタ車の愛好家も多いようです。旧ソ連領でしたっけ?

今回はフューエルポンプを作業した後のハナシです。
説明したらかえってわかりづらくなっちゃったかな?

Img_2878

エアコンのコンプレッサーを換えたのでシステムの真空引きを行います。

Img_2880

20分くらい引いて、5分ほど置いてゲージの針の戻りがないか点検します

Img_2879

その後高圧側からガス1本入れて、エンジンをかけてガスを低圧から吸わせるのですが、エアコンのコンプレッサーがクラッチを繋ぎません。

Img_2881

見ればヒューズが切れています。でも交換しても直りません。ヒューズ交換後はヒューズが切れる事はないので、ショートはしていないです。無理な負荷がかかってリレーが壊れたか、ECUがやられたか?そんな見立てです

Img_2883

またそんな時に限って、診断機のアップデートでトラブルが出て、診断機が使えません。
クラッチがたまに入ったり入らなかったりするので、まーリレーだろうと。
でもリレーすら簡単に交換できるような場所になんかありません
とことん意地悪な設計です。矢印の下にあるのですが、この鉄板本当に必要なのかな? ちなみに僕の166は切り取ってやったぜぇ~

Img_0363

ではどうやって交換するのかと言うと、ヘッドライトのHIDのバラストを外します

Img_0364

それでヒューズボックスごとずらして、しろを作ります。

Img_0369

出して来たら、できるだけハーネスを引っ張ってリレーのケースを外します。
おしりが斜めに切れて逃げがあるので、うまーく外れます

Img_0370

A/Cクラッチのリレー交換しますが、うまく直りません。

Img_0381

すると、もう関係する装置は2つしかありません。

圧力スイッチか、ヒーターECUです。

Img_0383

ECUはICSの奥にありますが、今回はここまで。
あー早く使えるようにならないかな?診断機

2017年2月11日 (土)

続・166の修理は大変なのです その3

異音修理の166はなかなか不健康でありまして、さらにもっと他の整備をします

Img_0033

懸案だったエアコンコンプレッサー。
ドライブシャフトのオーバーホールの為にナックルが外れているだけでかなりスッキリ

166は1本のベルトで回しています。それゆえベルトは長くベルトレイアウトが何パターンかできますので気を付けてください。何度も作業している僕らでも迷います

Img_0019

丸い物体がひしめいています。
このコンプレッサーの取り外しも簡単にはいきませんよ

Img_27931

ラジエターサイドサポートブレースがあるので、ホイールハウス側には出てきません
すると、恐ろしく小さいスペースからの一方通行です。

この166は中期の936A11ですので、ユーロ3対応車です。それゆえ作業するのも大変です。A1の前期は小さいながらにうまくおろせば部品の脱着はほとんどなしでコンプレッサーを取り出せます。
しかしA11はそう簡単に作業を進めさせてはくれませんよ。
手ぶらでは作業させてくれません

Img_0050

まずはO2センサーがさようなら。

Img_2815_2

続いて遮熱板がさようなら。

Img_2816

O2センサーは交換したことのある方ならご存知かと思いますが、溶接されたナットをまわそうとするくらい硬いものが多いです。
さまざまな通販サイトでO2センサーソケットはやっすいやつから高いものまでありますが、安いブランドのもので良い物は皆無です。

せめてこのKTC以上のブランドのものでないと、ほとんど仕事しません。
仕事をしないというのは壊れたり、スリットが開いて全く回らずに終わります

遮熱板すらもすんなり降りずテトリスのようにくるくる回しながら取り外すようです

Img_2817_2

どうにか・・・ どうにか外れたコンプレッサー。シャフトかベアリングか?
外す際にエアコンガスはシューとも言わなかったので、リップシールかベアリングか?ってなところです

こちらも苦労の末見つけた中古のコンプレッサーに交換です

Img_2822

ドライブシャフトはアウターは従来のブーツを取り付けて、インナー側は破れていなかったので、それを使いました

Img_2809_2

2017年2月10日 (金)

続・166の修理は大変なのです その2

車内がガソリン臭い? そりゃあ大変だ

でもこの頃のアルファロメオには比較的よくあるトラブルで作業しないと、危険ですし体にもよくありません。

さてこの作業はずいぶん前に書いたこの記事の続きなのです
このポンプ交換、166の場合は2人で作業するほうが安全です
ラゲッジスペース側からとリアシート側からのダブル攻撃です

Img_2857

すでにフタにガソリンが溜まっています

Img_2855

外すのはこのような工具を使います。
でも硬いのなんの。遊んでいるように見えますが、一生懸命仕事をしている図です

Img_2856

フタが緩めばあとは好感するだけ(あたりまえか!)

Img_2858

すぼっと外すと井戸の中が見えます。ペトロール井戸です。
中東みたい。Fuck the middle east.

Img_2862

壺の中を覗いて見ましょう。黒いガソリンじゃありませんよ。タンクが黒い樹脂だからです(あたりまえか!)

Img_2863

新品の部品たち。ボッシュのフューエルポンプ、フタのリング、ガスケット

Img_2861

このスプリングで下に強い力で押し下げて固定します。手前の黒いボールはフロート(浮き)でガソリンの量を調べます。つまりセンダーも兼ねたポンプなのですね

Img_2867

ガスケットも新しくして。

Img_2865

ここからが大変。結構強い力で抑えながら、リングを入れていきます。

Img_2868

簡単に終わっているように写っていますが、結構大変

Img_2875

試運転せて、漏れがないか確認してOKなら次の工程

よーし後はどんどん元に戻すだけ。

Img_2876

ずいぶん時間がかかってしまいましたが、やっとお返しできそうです

2017年2月 9日 (木)

車検のプント、オッティ

車検で預かっている188プント。

Img_2833

ウオッシャー液が出ません。出ませんから車検に通りません

Img_2834

点検するとモーターがうんともすんとも言いません
おまけに赤スプリングがシャコタンすぎて最低地上高も足りません・・・

Img_2836

フェンダーライナーを外して、ウオッシャージャーを交換します

Img_2837

このモーターひとつで前後のウインドウウオッシャーを出します。
吐出口がワンウエイになっていて、極性が変わると回転方向が変わって出るという仕組みです。最近のクルマでよく見ますね。

Img_2839

で、新品のウオッシャータンクASSY。残念ながら日本のFCJの最後の1個
最後の1個だからもう日本に在庫はありません。もうこれでこのまま廃止でしょう

Img_2850

しかし、すーぐ無くなっちゃうんだから。

Img_2854

でもこの時に同じく発注して、既に国内で入手不可となっていたあの部品でびっくりするとはこの時には思ってもいませんでした

一方、同じ時期で、熊谷からの帰り道にこちらも車検の為にピックアップしたekスポーツのOEM、日産オッティです。

Img_2843_2

時期も同じならシャコタンも同じで、こちらもそのままでは検査に合格できないので、夏用のタイヤに履き替えます。

Img_2844

また、軽自動車に幅や高さの変更はあり得ない(普通車になっちゃう)ので、余分な部分も外します

Img_2845_2

こちらはそれ以外はすんなり行きました。
ターボの文字がまぶしいです。
もう本家のポルシェターボに乗っちゃえばいいのに

Img_2846

マセラティがあるからいらないか(笑)
うらやましいクルマの趣味ですな

2017年2月 8日 (水)

塗装室の修理

突然ですが、塗装室のエアダンパーが壊れて、急遽修理が必要になりました。
自動車のこととは全く無縁なのですが、まあ、同じ機械いじりと言うことで・・・

塗装室は通常の外気を取り入れたり、内気を循環させたりいろいろ制御しています。
それはエアダンパーなるもで、デカいフラップをコントロールしているのですが、ダンパーのシールが壊れてエアが漏れまくるようになってしまいました。

Img_0169

いきなり取り外してしまいました。
この段階では既に新しいシリンダーを取り寄せてはあるのですが、古いほうのシリンダーのデータを見ながら発注しないとうまく合いません

20年使ったシリンダー さようなら。そりゃシールも壊れるわな。
これはイタリア製だと思います。

Img_0171

シャフト側にはネジが切ってあってアタッチメントを取り付けられるようになっています。
ウチの塗装ブースは昔日本ペイントの子会社ニッペトレーディングがイタリアのBlowtherm社にOEMで作らせた製品で、中身は完全にBlowthermです。
しかし既に日本の輸入元は解散しており、部品はどこかでなんとかなりそうですが、一丁代替品で直したいと思います。

Img_0170

一方、取り付ける部品は日本のSMC社製です。安心のメイドインジャパン


Img_0166

古いほうを見ると

Img_0290

CAMOZZI社はそれなりに大きい会社みたいで、普通にサイトが出てきます。

Img_0292

さかさまで申し訳ありません。このラベルにはいろいろな情報が載っていて
シリンダーは内径で決める商慣習がありまして、この場合は40パイのシリンダーストローク300mmと言うサイズです
また下の製造番号の
26N2A040A300501と言うのは26=スタイル 多分スタンダード 2A=ダブルアクション
040=直径 300=ストロークと読むみたいです。

Img_0293

で、制御系と呼ばれるのはこの電磁弁で、エアを送るのをコントロールしているみたいで、これがシリンダーに付いてエアを通したり、止めたりで制御しているようです
上の写真の右端に写っているM12の穴が前後になるので、そこに入れます。

Img_0175

またリアエンドには自由継手になっていて、サイズが違うので、分解して採寸します

Img_0176

この部分クレビスと呼ぶらしいです。

Img_0177

まるで大きさが違うので、工場にある貧弱な工作機械で修正します

Img_0179

それほど正確さは必要としないみたいなので、マジックでマーキングしてボール盤で穴をあけます。

Img_0180

さらに余分な部分は高速カッターでぶった切ります。
切るべし、切るベーし

Img_0182

だいたい似たような感じになりました

Img_0184

残念ながら工業規格が違うのか、シャフト側のネジが違います、というよりシャフトの太さが違います。古いものはM12の1.25のねじ山ですが、日本の規格ではM14の1.5ピッチです。しゃーないので、12.5mmのドリルでもんで、M14のタップを立てます

Img_0186
Img_0190

続いて、制御系を取り付けようと思ったら、ネジが途中までしか硬くて入りません。
途中まではスカスカ入るので、ピッチに違いは無いようです

ここでも工業規格の壁にはじき返されるのですが、日本の工業規格はミリのテーパーねじ。一方、元についていたのは平行ねじです。

Img_0191

この赤いプラスチックのワッシャーはシールワッシャーで、これがぴったりくっついて(つぶれて)エア漏れがなくなる仕組みです。

しょうがないので、デカいワッシャーを探してきて間にかませます。するとぴったりエア漏れがなくなりました。電磁弁の取り付け部分のネジのテーパーの先端までネジ部が行かなくなって、うまく止まりました。

Img_0192

作動テスト、伸び側。

Img_0193

縮むのも問題なし。どうやら丸く納まったようです。

Img_0195

めでたし めでたし・・・
このブースもずいぶん修理して使っています。歳をとったなあ。

2017年2月 7日 (火)

カッパの水周り修理

土曜の夜に痛い目に遭ったランチアを早速修理します

Img_0278

今回の原因はレッカーで運ばれた土曜日中にめぼしをつけていました。
ロケーションは後ろ側バンクの奥、ヒーターホースの破れです

Img_0277

クーラント漏れの原因ですね

Img_0276

直す前に、日曜午前にマセラティのエンジンオイル交換。

Img_0287

初めて下回りを見るクルマです。すごくキレイです。
大事にされてきたんだろうなあ感がありありです。

Img_0283

オイルドレーンは外す前にマーキングをして、無用なトラブルを避けます。
エンジンオイルのみの交換で9L入りました~

Img_0284

さて明けて今日、一気に作業しましょう

Img_0295

インテークチューブを外してスロットルへ行くチューブも外します。
邪魔者はどんどん外します。

Img_0298

カウルトップも外します。このホースはヒーターコアに行っているホースですからね。
ちなみに今はランチアカッパを作業していますが、アルファロメオ166も手順は全く同じです。

Img_0299

アイドルのエアバイパスホースの下、原因が見えています。

Img_0301

後ろ側はヒーターコアへ行っていますからここで縁切り。上側のホースでよかった。

Img_0302

くるくる回すように引き出して外します。

Img_0303

このようになってまーす。

Img_0304

レッカーのお世話になった原因です。やっぱり経年変化と振動だろうなあ

Img_0305

取り付けからの作業はお昼ごはんを食べてから行います。
今日は狭山ヶ丘駅歩いて4分の福よしさんでから揚げ定食¥700円
売り切れたハズひとくちロースカツが愛情盛りされています。

Img_0307

部品取りのカッパからホースを外してきて取り付けました。
やっぱり部品取りって必要ですねえ。
あれが無かったら、結構こまるようになりましたよ

Img_0309

LLCを入れて様子を見ます
エンジンをかけて漏れがないかよーくチェックします。

Img_0310

こうして再び路上に戻るのでした。

2017年2月 6日 (月)

日産部品販売主催の工具展示会 in 熊谷

毎年行っている日産部販の工具展示会。
即売会でもあるので便利ですが、何しろ遠いです

熊谷で行われるわけですから、あと少しで群馬県境です

Img_0202

キレイな青空ですね
2月26日に圏央道がさらに一部が開通していよいよ入間にいながら常磐道にも外環を通らずにアクセス可能になります! もっとも一緒に外環道なども値上がりするようですが・・・

Img_0204

会場が熊谷とは遠いったらありゃしないです。片道50kmを超えますからね

Img_0206

東松山ICから降りてからも結構あります。
天然記念物のオオムラサキの里など行ってみたいところもたくさんある森林公園を通り越して

Img_0213

荒川を渡ればまもなく熊谷市街です

Img_0220

やっと到着です

Img_0224

今年も来ました。いや、来ないと言う選択肢はないのです。

Img_0225

とはいえ、今年は何か欲しい工具があるわけでもなく模様眺めです
ケルヒャーの掃除機など。ウチのケルヒャーも大活躍ですよ。これは実に買ってよかった。最初はこんなの自動車修理工場で売れるかって追い返したのですが・・・

Img_0226

イワタのガンとデビルビスのLUNA。サフェ用のガンのイメージしかありませんが、サフェ等のガンで貸してもらったデビのガンは使えなかったな。ドアやボンネットをえんぴつで塗るようなレベルの代物だった感じです。
たぶん永久に使うことはないかなあ。

Img_0230

日本の整備工場のスタンダード、京都機械工具すなわちKTCです。

Img_0233

これは面白い、簡易リフト。最低地上高130mm
エア駆動で最近のジャッキポイントの無いクルマに使えます
でも30万円くらいするそうです
もっと高かったかな

Img_0241
Img_0238

さまざまな溶接を提案するエクシード

Img_0242
Img_0243

ミグワイヤーもたくさんありますね

こちらはご存じの方も多いのでは?タスコですね。空調や機械工具系にははるか昔からカタログ販売で有名なところです
案外、家にカタログある人は多いのでは??

Img_0248

なかなか壊れないと買い替えが行われないエアツール群
シナノのものですね

Img_0249

ガスが2本詰める溶接機、こりゃ便利

Img_0254

もう出番がかなり減ることが予想される器具のスポット溶接機

Img_0257

物議を醸したすれ違い灯(ロービーム)検査向けのライトテスター。

Img_0259

まあやっぱり診断機ですよ

Img_0260

こいつは接続やセンサーの動きをオシロスコープで簡易に見れる構造を持っています。

今回は工具を買わなかったなあ。
でもこういった展示会を年一で開催させる努力はすばらしいものです。
でも今回はあまり真新しいものがなくて残念でした。

2017年2月 5日 (日)

ついにお世話になってしまった

いやー、今日は撮れ高がすごかったです
午前中は塗装室の修理、お昼からは日産の工具展示会で熊谷へ
帰りしなに東松山で車検のクルマを引き上げて、帰りは僕んちのランチアを引き取り。

でも、思わぬ落とし穴がぱっくり口を開けていました。

熊谷で工具展示会を見ていたら、修理中の166のお客さんから、ランチアカッパからのクーラント漏れがある旨のメールが来ました。

どうも代車としてお乗り頂いていたランチアのヒーターホースからのLLC漏れみたいです。
急遽、代車の代車に乗って川崎市を目指します
お互いに向かい合って走り始めるので、実際にはもっと手前の場所で落ち合えそうです。

LLC漏れを訴えられているのに、自走?と思われがりですが、そう大した液漏れじゃないかな?とか勝手に思い込んでいました。
まあ、それが後々困ってしまうのですが。午後8時すぎの話です。

Img_0264

待ち合わせ場所近くなると、ランチアがケムを出して走行は無理そうですとのこと。
見てみると、それなりに漏れて、リザーバータンクは空のようです。
取りあえず、クルマを受け取り走りだすと、エンジンから不穏な音が聞こえてきます。なんとも言えないボコボコ言う音。

明らかに沸騰して、オーバーヒートしている音です。水温計は真ん中よりちょと上。間もなくフードから結構な水蒸気が立ち昇ります。

家までは30km以上、工場までは40km以上あります。
到底戻れそうにありません。
諦めて、保険会社のレッカーサービスに連絡し、ロードサービスを受ける事にしました。21時23分でした。
痛恨の極みです。見ず知らずの方にレッカー移動してもらう事になりました
普段は受け入れる側なのに、持っていくのを依頼する側になってしまいました。

最近は便利なもので、ガラケーでも、ショートメールのガイダンスに沿って、操作するとGPSで、現在いるおおよその場所が特定されます。

電話口で状況や場所を一通り説明し、入庫先は確保してあるのかの問いに、「はい 自分の工場に・・・ 僕のところ、損保ジャパンの協力工場なんですよ。」工場名を聞かれて、「いつもお世話になっています」と逆に言われてしまった(笑)
レッカー車が来るまで40分ほどかかるとのことで、到着まで、夜ご飯を食べる事にしました。21時38分です

Img_0265

牛スジラーメン、900円。何か気難しそうな店主の作るラーメン。なかなかおいしかった。時間があれば他にも食べたいメニューがあったけど、レッカー車が到着してしまうと面倒な事になるので、これだけサッと食べてクルマに戻ります。

Img_0266

川崎街道沿いのこのラーメン屋さんに別れを告げて(告げちゃいないか)クルマに戻ります。
クルマに向かって歩いている時に、レッカー屋さんから電話が来ました。

さっそくレッカー車に積み込みます。僕も手伝うので載せるのは早いです。

Img_0268

Img_0272

なんと悲しい絵図でしょう

22時14分です。一路所沢の工場に向かいます。
今や、損保ジャパン、旧日本興亜、セゾンの3つのロードサービスの特約で、プライムアシスタンスなる会社が手厚く行うロードサービスの恩恵を受ける事ができます。

15万円までのレッカー移動、2万円までの移動費用(タクシーなど)を利用可能で、大変助かります。

途中、運転手さんの交代などがありましたが

Img_0273

23時33分には工場に無事到着。40km以上の道のりですが、レスキュー要請から約2時間後には工場に戻れたのには大変満足ですね。

でも部品探さなきゃ。
今日の他のトピックスはまた後日。いやあ、疲れた~。

2017年2月 3日 (金)

思いもよらない当て逃げ

去年メーターの取付けを行ったシビックタイプR。
今回はどうも野生のシカに当て逃げされて、へこんだとのとの事での入庫です。

野良シカは保険に入っていないでしょうし、人語を解せないので責任を追及できません。若いユーザーさんですが、こだわりは強く実費修理です・・・

Dsc00005

写真には写りづらいですが、生き物と接触すると、複数のへこみが残ります。
まして、今回の相手は相当大きくて、接触後も何事もなかったように森に消えて行ったとのことで・・・ 真正面からぶつからなくてよかったなあとも。
デカい動物と真正面から衝突するとフレーム修正クラスの大きい事故になり、費用も相当かかります。なにより後味が悪いです

Dsc00009

パネル後ろ側に大きなひずみ、前側上と下のプレスライン、真ん中にはサイドインパクトビームとスキンパネルを止める接着剤のでっぱりが数個
結局ドア一枚パテを入れる事になるので、思い切って交換に踏み切ります

Dsc00238

もちろん初めて交換するドアですが、分解方法はだいたい似たような感じです
ドアグリップ下側のカバーを外します

Dsc00240

続いてシルバーに塗られたガーニッシュを外します。これはむちゃくちゃ硬い上にグリップ部分なのでキレイにめり込んでいやフラッシュサーフェス状態で、どうやってもキズを入れるので、グリップ部分とガーニッシュは交換が望ましいです。
今回、グリップ部分は1560円くらいだったかな? こちらは交換しましたが、ガーニッシュカバーは国内在庫がありませんで、1か月以上の時間が必要だったので諦めました。

Dsc00241

あとは数本の+ビスを外します。

Dsc00242

もう難しい所などありません。ばりっとトリムを外します。

Dsc00244

ホンダ特有の白ブチル地獄が待っていますが、先客がかなり除去してくれていたようです。

Dsc00270

昔から取り外しが面倒なホンダのアウターハンドルのリンクロッド外しですが、僕はこのように外しています

Dsc00282

マックツールから出している3/8の+のビットを使って

Dsc00284

ホンダのこのボルトはむちゃくちゃ硬く締まっていてドライバーで回すと、結構ボルトを痛めます。でもこの工具を使うともの凄い確率でキズなく回せます
これでドアロックを先にフリーして

Dsc00285

アウターハンドルをこのように外します

Dsc00286

後はニッパーで挟みます
ここは知る人ぞ知る、経験した人は皆泣かされるクリップですが

このように露出してしまえば、いかなる硬さも怖くありません。

Dsc00289

このような中型のニッパーで根本を挟むと
一発で上のように外れます

Dsc00294

残念ながらメディアを無くして、フェンダーの修理は写っていませんが、フェンダーも大きな修理をしました。

Dsc00310

今回は実費の修理と考えて、あまり分解せず塗装作業をします。

Img_0017

B92Pナイトホークブラックです。同じ色でもカラーバリエーションが多く
何気に調色が難しいカラーです

Img_0014

さて塗装後はいかがでしょう?


Img_0055

若いお客さんですが、大変なクルマ好きです。エンスーは何も歳いったひとだけとは限りませんな。

余談ですが、動物に限らず、歩行者や自転車とぶつかったクルマも、へこみが広い範囲に及び、ああ、ここに肘、ここにかかと とか恐ろしい推測をしてしまうのです。
だから、1度作業した経験がありますが、人をひいてしまったクルマなんて・・・

2017年2月 2日 (木)

いにしえの通信機器

今日は国内で最も大きいプロ向けオークションの開催日で、バックオーダーを解消すべく万全の体制で臨みましたが、むなしくも散りました。
2台のバックオーダーを殆ど手中に収めたかと思っていましたが、2台ともするりと逃げていきました。落札できなかったのです・・・・

今日はそんな不運な日で、がっくし肩を落としていましたが、なぜか失せ物は良く出てくる日でして、工場を片付けると面白いものが出てきました

Img_0126

かつて使っていた携帯電話の数々です。

現ソフトバンクの前身の前身の前身、東京デジタルホンが一般向け通話営業を開始したその日から使っていました94年の頃の話です。当時は20万以上したうえに都内では上石神井から西では電話ができませんでしたが、進歩は目覚しく、しばらくすると徐々に接続範囲が広くなり、やがて使える電話になって行きました

これはTA04です。東京デジタルホンからJ-PHONEになった頃です。
まだネットも着メロも無い時代かと思われます。

Img_0127

製造は2000年7月とあります。

昔はこんな携帯持って、小脇にクラッチバッグを抱え、出る前にアンテナをひっぱり出して「しもしも」ってやっていたのですから、今では考えられませんね

Img_0142

続いてはSA04です。2つ折になって現代のガラケーに近くなりました。

Img_0128

なんだかかわいい形です。子供のおもちゃみたい
2001年11月製造とあります。ついにというかおそらく初めてのカメラ付きケータイかと思われます。記憶が正しければ、カメラの画像は独自の規格でちっさくて使えないんですわ。

Img_0130

続いてはパールホワイトの塗装も美しいV601T。ついにボーダーフォンの時代が来ます
もちろんこの間にも買い換えてはいるとは思いますが、探せば出てくるかな?
2004年7月製造とあります

Img_0131

調べたところによると着うた対応、130万画素カメラと現実的なスペックに近づいてきています。ひっぱり出すアンテナもなくなりました

Img_0132

もう最近の機種になってきますこちら、W61S。

Img_0133

サイバーショット携帯。この頃からBluetoothなんて機能が出現するみたいです。

Img_0134

番外編。初めてのデジカメでした。
オリンパスC-100。後ろにはスマートメディアが見えます

Img_0149

製造年は書いてありませんが、2001年頃のもののようです。これは衝撃的でした。画像ばかりか動画も僅かながら撮れます

Img_0150

バッテリーが単3電池4本と言うのも驚きですが・・・

それまでは、現像を依頼すればフィルムはタダという写真屋さん24なるところに現像をお願いしていましたが、デジカメの登場により現像の必要が無くなり、全くカメラ屋さんに足を運ばなくなりました。
この頃はカメラがモデルチェンジするたびに解像度が上書きされ、いったいどこまで行くのやらという状態でした。スマートメディアやCFカードなどは早々姿を消して、今日のようにSDカードが殆ど、あとはソニーのメモリースティックが僅か。あーいや殆どがフラッシュメモリーで済んでいますいますね、i-phoneのように

なんだかすごく昔のような気がしますが、僕のアルファロメオ166

Img_0117

2000年のクルマですから、一番上のケータイが世にあふれていた頃イタリアで作られたのですね。それを思うと古いクルマなんだか、新しく感じるんだかわからなくなります。

17年前ですから、ウチの高校生のせがれが生まれた年でもあります。
MPIは1996年11月に今の工場を契約して、今年で21年目となります。
若いユーザーの子なら、まだ赤ちゃんだったことになってしまうのが恐ろしいです・・・

2017年2月 1日 (水)

フィアット188プントの車検

さて2月になりました。

世の中ではトランプ米大統領の発言で物議を醸していますが、こちらでは早速例の問題が降りかかっています

Img_0094

188プントです。2年前、ショック交換を行ったプントですね

早くも車検が来ました。が、早速問題が

Img_0095

ブレーキのウオーニングが点灯しっぱなしです。
サイドブレーキスイッチの故障かと思いましたが、ブレーキフルードのタンクのフロートを指で動かすと警告灯が消えます。アルファロメオ全般に多い故障です
夏場になれば、温度が上がり動きがスムーズになり、警告灯は消えると思いますが、車検には通らないので修理します。

しかし・・・


Punto1

図中、3番のタンクが他にフロートを示す絵がないので、フロートごとかと思いますが
インタースペアーズに問い合わせたところ、3番は入手不可とのことです。

何かで、フロートを高い位置で固定するか、いっそコネクターを外せば警告灯の問題は解決しますが、根本的な解決にはなっておらず、故障を修理した結果になりません。

でも車検の期日は迫ります。困ったものですねえ。
イタリアのクルマの部品在庫、というか製造された部品のストックの問題は本当に問題です。
自動車の生産をやめてしまったサーブの方がよっぽど簡単に手に入るような気がします。

Dsc00068

今現在、この美しいバルケッタの整備を仕掛かり中ですが、こちらも部品がなかなか手に入らずなかなか難航しています。

ずいぶん前、ドイツ国内の部品を面倒見てもらっているエージェントが
レースをやっていた当時、旧共産圏の人々(チェコやユーゴなど)の苦労を目の当たりにして、無いものは造るというスピリットを日本人も見直してほしいといっていたのを思い出します。
もっとも全世界が部品を使い捨てる時代になってしまいましたが、

さて、車検はどうなることやら・・・

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ