« バッテリーキルスイッチ | トップページ | 塗装の下地作りは大事です »

2017年2月17日 (金)

アルファ166 トランクウオーニング消えない原因

分解作業が続く166です。前後のガラスを外しました

Img_0467

Img_0470

これで心置きなくルーフライニングが外せます。何故ルーフライニングを外すかと言うと、ルーフのアンテナベースを外すためです。

Img_0472

また、実に美しいデザインのクルマはおしなべて塗装や修理がしにくいもので、ウエザーストリップ類は全て外します。
リアガラスをぐるっと回るモールがこちら。これがないとおいそれと脱着できませんね

Img_0466

ところで、このクルマ、トランクの開いているウオーニングが消えず、ドアロックがかかりません。何やっても消えないので、トランクロックなのは見当をつけていました

Img_0480

下の2枚の画像(角度が違うので解り辛いですが)の通り、バタンとトランクが閉まるとストライカーをくわえ込み、上側のリテーナーが横にスライドしてマイクロスイッチを押す仕組みになっています

Img_0483

Img_0484

これにより、通電から隔絶してメーター内のトランク開いてるマークが消える仕組みかと思います。
で、テスターをあてて導通を見ると、

Img_0487

スイッチがどの位置でも導通が出ています。スイッチが内部で短絡しているのでしょう

Img_0489
Img_0490

今回はもちろん交換しますが、考え方によっては交換せず、このコネクターを抜いてしまってもランプは消せますね

« バッテリーキルスイッチ | トップページ | 塗装の下地作りは大事です »

アルファロメオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593247/64903977

この記事へのトラックバック一覧です: アルファ166 トランクウオーニング消えない原因:

« バッテリーキルスイッチ | トップページ | 塗装の下地作りは大事です »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ