« アルファロメオ166の整備 細々編 | トップページ | ミニERAターボ »

2017年1月 7日 (土)

規格や習慣

さて今年のスプレーメーカー・サタのカレンダーです

Img_0158

ちなみに去年は

Img_0160

こんな絵図、でもこのカレンダー部分を見てなんかヘンだと思いませんか?

Img_0162

そうです、日曜日が右端、つまり週末にあるのです
詳しいことは知りませんが、ヨーロッパではこういう扱いなのでしょうか?

そして左端には週数が書いてあります。
よく欧米では、生産年月を例えば49/16なんて書き方します。
それは16年の49週目、つまり2016年の12月5日から11日までの生産を意味していまして、身近な所だとタイヤにこの表記が楕円で囲ってあるので、ご自分のクルマのタイヤを良く見てみると、見つけられるかもしれません

しかもこのカレンダー

Img_0161

3ヶ月ごとの表記でありまして、一番最初にいただいた時は、ははあ、なるほど終わった月から切り取っていけばいいんだ なんて思っていたのですが、上の場合、12月が終わっていきなり12月を切り取ってしまうと1月2月も取れてしまいます。

ちなみに12月が終わって1枚目をビリっと破ると、下からは1月から3ヶ月分が出てきます。
つまり12枚、3ヶ月ごとのカレンダーになっています。

これって欧米では当たり前なのでしょうか?
先日、インタースペアーズから頂いたGaiterのカレンダーも3ヶ月ごとのカレンダーでした。
そちらは1枚づつ切り離して使うタイプではありましたが・・・・




« アルファロメオ166の整備 細々編 | トップページ | ミニERAターボ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今年もよろしくです。生意気なコメントとなってしまうであろうですが、我ら横文字の会社で働いている輩からしてみると3連なんて・・・。なんてです。”4連”が当たり前で、12-1-2-3月が見れて、週の番号が左側、日曜日が右端で長年慣れ親しんでいます。欧州の船会社、ISOタンク会社では長年この形式で3連(3ヵ月)はむしろSATAけちっている感バリバリです。長年小職の使用している 某独国飛行機会社の4連は更に日本仕様になっています。(日本の祝日が土日と同様の色で数字がプリントされたいます)。金融、特に為替及び国際輸送によって重要であり、化学品原料も大量に包装している場合は、製造ロット番号の中に第何週の何日目って長たらしく解りにくプリントしてあったりします。悪しきも横文字の会社を渡歩いて33~34年目、生意をお許しください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593247/64733872

この記事へのトラックバック一覧です: 規格や習慣:

« アルファロメオ166の整備 細々編 | トップページ | ミニERAターボ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ