« アルファロメオ75完成間近 | トップページ | 伊、独、英 »

2016年12月24日 (土)

メルセデスベンツCLSのウインドウレギュレーター交換手順

メリークリスマース

世の中じゃあ3連休ですが、こっちは連休どころじゃありません。
昨日も今日も普通に仕事です。家の掃除を手伝えとお嫁さんがブーブー文句を言っております。サービス業の宿命です。

今回は割りと最近右側のウインドウレギュレーターの交換を行った、メルセデスのW219
CLS、今回は運転席側、即ち左側のレギュレーター交換です。

交換は当然トリムを外して行うのですが、トリムは下側のカバーから外します

Img_0001
Img_0002

この下側の物入れ部分のバックプレートを外して、ドアの開閉の際に握るグリップ部分の後ろのパネルを外します

Img_0005

下側に2つのツメで止まっていて、その勘合を外して下に引き下げます

ボルト穴が2つ見えてきます

Img_0007

その後前側のカバーを外して

Img_0006

ここにも1本ビスがあります

Img_0008_2

後は後ろ側の2つのカバーを外したら、残る葉クリップだけなのでバリバリっと剥がしてください

Img_0013

フロントドアコントロールユニットが出てきますので、コネクターをサクサク外します。
その後ECU本体も外します。左右のぶすっと刺さっている部分をつまみながら引き抜きます。
さらにその後はウオータープルーフシール(サービスホールカバーなど呼称はさまざま)を丁寧に引き剥がしたら

Img_0017

ここで一息。ここまでは手順がわかれば10分もかかりません

レギュレーターを引き出すのにこのブレースがジャマなので取り外します。

Img_0019

レギュレーターを外します。上下4箇所で止まっています

Img_0027

新しいレギュレーターにモーターを付け替えて戻せば出来上がり。

Img_0028

ただ・・・・ ここまでは簡単です。ですがサッシュのない分調整には時間がかかります。
まずはおおよその位置を内装をつけないで位置決めします。
上下左右をバランスよく調整します。国産車と違いただ組み付ければいいというものではありません。また、部品の精度や出来が大きくモノを言いますから、可能な限り純正日をお勧めします。
時々、部品を持ち込んでなどという方をお見受けいたしますが、度々書いていますがMPIでは、僕が許可しない限りは、部品の持込をしての修理は引き受けておりません。

くどいようですが、このように部品を取り付け、即完成とはならないのが輸入車です。

おおよその位置調整ができたら、トリムをくっつけて作業します。でないとハーネス類が取り付けできず、微調整ができないのです。

Img_0038

出来上がったらエラーコードを消して納車です。

« アルファロメオ75完成間近 | トップページ | 伊、独、英 »

メルセデス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メルセデスベンツCLSのウインドウレギュレーター交換手順:

« アルファロメオ75完成間近 | トップページ | 伊、独、英 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ