« どこのどいつだ! | トップページ | アルファロメオ155の部品 »

2016年10月31日 (月)

ポルシェカイエン車検の前に

先日販売したカイエンですが、このままではぜんぜん車検に通りません

Dsc00156

かっこいいのですが、まずはスモークがかった塗装をされたヘッドライトです。
かっこいいですが、ライトが点いているか消えているのかわかりません。バンパー内のLEDのポジションランプの方が明るく感じるくらいです

まず枠を取り外しますが、これもテックアートなのですね

Dsc00172

基本的にサンドペーパーで研ぎ落とすのですが、エアを強く吹き付けるとある程度はペリペリ剥がれ落ちるので、まずはそこから。やはり密着しないのですね

Dsc00175

でも基本的には全部サンドペーパーで仕上げます

Dsc00174

1000番から徐々に番手を上げていきます

Dsc00176

反対も同じようにします

磨くのは通常のコンパウンドでOKです。

Dsc00178

ポリカーボネートは高価ですが、強度や透明感に優れていてますが、紫外線にめっぽう弱く、サンドペーパーでコーティングを落としたら、もう一度何かしらのコーティングが必要になります。

Dsc00190

すっきりキレイになりました

さらにリフトで上げてみますと

Dsc00228

今現在、フォグランプ(ドライブランプ?)が4つ同時に点いてしまうのも、そのままでは車検に通りません

4.8Lのツインターボです。

Dsc00233

下から見るとタービンが顔を覗かせています。なーんと三菱のマークが見えますTDシリーズでしょうか?? 

Dsc00209

スタビライザーもタダの棒ではありません。何か油圧で動かしているのでしょうか?

Dsc00216

Dsc00223

基本的に4WDですからトランスファーがあります。

Dsc00218

そこに電子制御でトルク分配をしている、センターデフとなっているようです。

Dsc00219

フロントブレーキ。とんでもない大きさです。キャリパーは6ポッドのようです。
ローターは鉄ではなくカーボンか何かのようです。不思議なことに全く段差がありません。削れないのでしょうか?

Dsc00252

22インチのホイールをはめてもこの程度しかすきまができないのですからねえ

Dsc00213

フロントのストラットは極太のエアサスシリンダーが上下のアームを支えます。

Dsc00244

リアのブレーキがやっと普通の自動車の大きめのフロントブレーキと同じ位の大きさのようです。

Dsc00250

リアにもご覧の通りの極太エアサスです。アームもスタビも桁違いのごっつさですね。

Dsc00221

どちらも交換するようなことになれば相当高額なことになるでしょう

Dsc00258

マフラーも到底97デシベルでは納まりそうにありませんねえ。
こりゃあ大変な整備になりそうな予感です。

続きはまた次回

« どこのどいつだ! | トップページ | アルファロメオ155の部品 »

ポルシェ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポルシェカイエン車検の前に:

« どこのどいつだ! | トップページ | アルファロメオ155の部品 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ