無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ

« スプレーガンのかなりマニアックな話し | トップページ | 安い診断機 »

2016年10月14日 (金)

紙ごみをリサイクルに出しました

世の中には「積んどくモデラー」なる言葉ありまして、ググると
積んどくモデラー
模型を買っても作らないで、どんんどんため込んでしまう人のこと。中には200箱以上の在庫を抱える猛者も存在する。


正に僕はこのタイプに入るわけですが
僕も積み上げ歴はかなりなもんで、以前は工場だけでなく家でもいっぱい積み上げちゃいました。で、大量になりすぎて、時々フリマやイベントで売りまくるのですが、一時期は問屋に買いに行ったほどです。

Dscn14131

なぜこのように売ってまで、模型を買ってしまったのでしょう?最近はこの病気が治ってほとんど買わなくなりましたが、つい4-5年前までは、すさまじいものでした
で、僕、思うのですが、「箱」が好きだったのかなぁ?と
箱の絵ではなくて、箱そのもです。

そうは言っていても大きくなると取っておくことは出来なくなってきます。自動車の部品は多くの場合、様々な大きさの箱に入ってきます。これはどうでしょう?

Dsc07443

各社ブランドを大事にするせいか、箱もかなり凝っています

Dsc09353

自動車部品の箱はあくまで、中身を守るためにあるもので、油で汚れたり破いて部品を出したりするので、プラモデルのそれよりはかなりぞんざいな扱いを受けるわけですが

Dsc00202

いっぱい出てくるものなので、そうそう取り置くわけにもいきません。なにせ部品を出したら空箱ですから、こちらは客観的に見れば「ゴミ」だったりするわけです

Img_0046


で、結局どうなるかと言うと。リサイクル工場に行ってしまうのです

Dsc02259

僕の商売では大量のダンボールと雑紙がでますので、定期的に製紙会社のリサイクル施設に持ち込んで、トイレットペーパーに換えてもらうのです

Dsc02262

ダンボールと雑紙を分けて捨てて

Dsc02261

リサイクルしてもらいます。

真ん中の埋め込まれたはかりにクルマごと乗って重さを量り、捨てる前と後との差で排出量を計ります

Dsc02264

ちなみに今回持ち込んだ紙ごみは200kg。トイレットペーパーをオマケしてもらって9個頂きました。

この施設で聞きましたところ、最も優れた紙は牛乳などのパックだそうで、バージンパルプと呼ばれるリサイクルされた材料を全く使っていない紙だそうで、なんにでもリサイクルできるそうです。新聞紙も比較的リサイクルしやすいそうです。

雑誌やお菓子の箱、プラモの箱などは溶かしてパルプを足して、お菓子の箱の中の間仕切りや緩衝材になるそうで、ダンボールはダンボールにしかならないそうです。

例えば今回、ウチの200kgのダンボールは100kgのパルプを混ぜてダンボールにするのですが、可能な再生率は理論値で67.5%くらいだそうです。

皆さんも限りある資源を積み上げないで いや捨てないで再利用してくださいね~

ところで、タミヤが久しぶりにアルファ155のプラモデルを再販するようです

Packagelarge


Packagelarge2


詳しくはタミヤの新製品一覧を見てください。また積んでしまいそうだ・・・

« スプレーガンのかなりマニアックな話し | トップページ | 安い診断機 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593247/64348923

この記事へのトラックバック一覧です: 紙ごみをリサイクルに出しました:

« スプレーガンのかなりマニアックな話し | トップページ | 安い診断機 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31