« マセラティクアトロポルテ(139)の整備 | トップページ | 続 マセラティクアトロポルテ(M139)の整備 »

2016年8月12日 (金)

ランチアカッパに乗って

最近よくランチアで出かけることが多いので、なんとなく書きます。まもなく1年になりますし

ランチアはやはり
ストラトスや

Photo

037やデルタを連想しがち

Photo_2

ですが、僕はセダン造りのイメージも強いです。

特に80年代終わりから90年代前半はセダンも種類があって
プリズマ
8d5eda40ce9355c8b87bc8f7d8689f79

デドラ
59f62ed0df543396da011da78d412266

テーマとあって
7084e81553df90ea5602cc0b007b6ab8

デドラもテーマもワゴンボディもあってNA2.0 2.0ターボがあって、テーマはさあらにバエティ豊かなラインナップで3.0(マイナー前は2.8だったような・・・)のV6と、かの有名なV8の8.32がありました。

ずいぶん後になって8.32は触る機械がありましたが、とんでもないクルマでした。
エンジンルームの中に同じ大きさのエンジンと補機類が入っていて、手なんか全く入りません。それほどパワフルな印象もありません。あれは本当に手が(お金が)かかるクルマだと思います。

僕がテーマを買う時は、プリズマは最初から好きでは無かった上に、デドラはなんだかテ-マの子分みたいで、立ち位置が気に食わず、テーマ一本槍でした。

いわゆるランチアブルーの車体は本当に好きで、よく乗りました。
MPIを作る前から乗っていて、会社を作った後もしばらく乗っていたので、思い出深いです。でも今思えば、スロットルボディかアイドルバイパスバルブが悪かったようで、暖気しないと、よくストールするクルマでした。

A224aed4f0ba843b854aea6c0d221da4

デルタと同じ4気筒ターボエンジンで、デルタと違って、右のフェンダーライナーを外すと、クランクプーリーがばっちり見えて、タイミングベルトの交換がしやすかった覚えがあります。

僕のは92年で、18000kmの2年落ちを買いました。この後のモデルからLSと呼ばれるフォグランプの形状が違う最後期型になるのですが、僕はその直前のモデルです。
ターボが効くと猛然とダッシュするクルマですが、フルブースト時に少し白煙が出ていたように思います。タービンのシールかなあ?

でもまあ、良く壊れるクルマで、いろいろ整備しました。当時やとわれの板金塗装屋でしたが、様々な仕組みを知るきっかけにもなりましたし。でもMPIの開業と共に、コストのかかるものは敬遠され、心半ばで手放してしまいました。後悔しましたけどね

77fa2775f86332407c3cbf0a772a8de8

あの当時、フルオートエアコン、定期的に外気から内規循環に換えるなどおもしろい仕組みもありました。ポルトローナフラウのシートではありませんでしたが、なんかちょっと変わったモケットシートでした。アフリカンローズウッドがふんだんに使われ、なにか高級車に乗っているかのような気分でした。

で、今 テーマの後継、カッパを乗っています。

Dsc00260

このKから大柄になり、まったく小回りが利かないハンドリング
でもランチアらしい乗り心地。

Img_0515

アフリカンローズウッドはプラスチックの木目風パネルになっています。
シャシはテーマ譲りといわれていますが、166に大変よく似ています。
尤も、テーマもあの時代にして、サイドメンバーにサブフレームをくっつけて、エンジンやステアリングギアボックスなどなどをごっそり載せる手法が取られていて、似ているのはうなづけますが

Photo_3


↑テーマのサブフレーム

↓カッパのサブイフレーム

Photo_4


さらに166のサブフレーム

166


よく似てるでしょ

でもテーマは車体がやわらかく、ジャッキアップするとドアが開かなくなる感じは、カッパのころならだいぶ改善されています。

Dsc05841

フラウ社製シートは文句のつけようがありません。
ランチアも他の部分をもう少し高級に作ってくれればいいのに・・・

ボディが大きい分、テーマのような軽さはありませんが、大型セダンらしさは多く残っているように思います。

Dsc00264

もうすぐカッパに乗って1年、今度はホイールでも変えてみようかな

でも本当は

Dsc00004

このブルーのボディカラーのほうがよかったなあ

Dsc00267

ちなみにテーマを手放した後、少しだけY10ターボに乗る機会がありました。10日くらい?いやもっとかな?
あれはおもしろいクルマでした

0b818cd5d4dec504d3d85534420ba1a6


これもどこか小さな高級車みたいなところがあって、リアウインドウも電動で開くんですよ。
E51のエルグランドを知っている人なら、わかると思いますが、ベンチレーターというか、斜めに少しだけ開くのです。

C6a49dbca75b11e58b98dd5cb9ef3522

車内のあちこちがアルカンターラ張りですばらしい上に、999ccファイアユニット+ターボでどっかんという強烈なクルマでしたね。欲しいけどまあ、手に入らない。
個人的はよっぽどA112より好きです

そのうち古いイプシロンでも買おうかなあ??

« マセラティクアトロポルテ(139)の整備 | トップページ | 続 マセラティクアトロポルテ(M139)の整備 »

ランチア」カテゴリの記事

コメント

その案件、一口乗った!! 笑
ランチアの良さを広める事が、自分の使命だと思っております∑(゚Д゚)

と言うわけで、初期イプシロンのピンク色をMTでお願いします♪(←酔った勢い(^_^;)

えー、パンダちゃん壊れちゃったの??
しかも諭吉が17人も!

今日、8.32を入札しようかと・・・
まあ、本当に買えるかはわかりませんが

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ランチアカッパに乗って:

« マセラティクアトロポルテ(139)の整備 | トップページ | 続 マセラティクアトロポルテ(M139)の整備 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ